LOUIS VUITTON NY (1)

五番街にお洒落なレインボー登場! ニューヨーク虹色の6月

LOUIS VUITTON NY (1)

とてもいいお天気が続いているニューヨーク。五番街を歩いていたら、なんとも鮮やかな可愛いレインボーのお店を発見。まるで街にお絵かきしたみたいな筆のタッチで、コロナ禍じゃなかったら、間違いなく人気ナンバーワンのインスタ写真映えスポットになっていたと思うオシャレ感です。道行く人たちがみんな思わず立ち止まって、写真を撮ったりしていて賑わっていましたが、久しぶりの五番街の活気を感じました。

約3ヵ月間に渡り、自宅生活が続いたニューヨークですが、ようやく先週の月曜日から経済再開の第一歩をスタートし、少しづつ活気を取り戻してきています。まだ第一フェーズということで、閉鎖中のお店も多いですが、オンライン注文のピックアップ用にオープンしているお店も増えて来ています。また、通行する人や車の数、サイクリングしている人の数など、街を行き来する人もだいぶ増えてきています。
まだ全体的には、ひっそりとしているニューヨークの有名ショッピング通り、五番街をお散歩中、6月らしいカラフルな可愛いレインボーが一際目立っていました。

LOUIS VUITTON NY (3)

この素敵なレインボーのディスプレイは、ニューヨークの高級店が並ぶ五番街沿いにある、ルイヴィトンのものです。数日前に登場したばかりの新しいショーウィンドウに描かれたのは、希望の象徴である美しい虹で、レインボープロジェクト (The Rainbow Project) と題され、ニューヨークの他、世界各地のルイヴィトンのお店にも登場しているそうです。

LOUIS VUITTON NY (2)

ルイヴィトンだけではなく、ニューヨークでは、毎年6月、レインボーでいっぱいになります。例えば、こちらは、シュガーフィーナのショーウィンドウ。こちらも可愛いレインボーで彩られています。

Sugarfina NY

最近、自宅で過ごす時間が長くなり、少し季節感を失いつつありますが、6月は、プライド月間 (Pride Month) で、その象徴となっているのが、レインボーです。毎年6月には、ニューヨークでは、大規模なプライドパレードが開催され、昨年は、LGBT運動のきっかけとなった、ニューヨークのバーで起こった1969年のストーンウォール事件から50周年目を記念した史上最大のパレードとなりました。現在、Black Lives Matter の運動がすっかり世界を席捲中で、さらに社会を変えていこうとしていますが、歴史的には、公民権運動やLGBT運動が、社会における平等や差別の廃止に大きく貢献して来ました。

NYC PRIDE (9)

世界中から多くの人がやって来る大盛り上がりのイベントですが、今年は、コロナのため中止となっています。その代わり、バーチャルのブロードキャストイベント、NYC PRIDE SPECIAL BROADCAST EVENT が、6月28日(日)12-14時に開催されます。
昨年のパレードの様子は、こちらです。

ニューヨークプライドパレード 2019 ストーンウォールイン反乱50周年ワールドプライドでパワー倍増のマーチに!

毎年、エンパイアステートビル、ワンワールドトレードセンター、マディソンスクエアガーデンなど様々な場所が、レインボーのライトアップを行っていますが、今年は、リンカーンセンターもレインボーのライトアップに参加します。

1969年のストーンウォール事件をきっかけに前進したLGBT運動ですが、シンボルとなっているのが、レインボーフラッグです。レインボーフラッグが誕生したのは、1970年以来パレードが行われているニューヨークではなく、1978年の サンフランシスコ でした。詳しくは、こちらで紹介しています。

レインボーが溢れるサンフランシスコ カストロ地区

五番街にお洒落なレインボー登場! ニューヨーク虹色の6月 was last modified: 6月 18th, 2020 by mikissh