San Francisco (7)

サンフランシスコ旅行 北カリフォルニアの旅へ行ってきました!

San Francisco (7)

サンフランシスコを中心にカリフォルニア北部をぐるりと巡る旅へ行ってきました。メモリアルデーの週末の少し前にサンフランシスコへ飛び、カリフォルニアらしい素晴らしい天気の中、サンフランシスコと、今を時めくテック企業が集まるシリコンバレーや、アメリカで最も有名なワインの生産地であるナパバレー、そしてサンフランシスコから少し南の海沿いにあるモントレー、カーメル、Big Sur など海の景色の美しいエリア、アメリカの大自然が堪能できるヨセミテ国立公園などカリフォルニアらしい魅力の溢れる様々なエリアを旅してきました。昔から自然豊かで風光明媚な港街のサンフランシスコですが、今回久しぶりの訪問ということで、テックブームで大変身しているのでは?と想像していったのですが、意外と昔と変わらないままの雰囲気が残されていました。昔から変わらない魅力ある街並みや自然と合わせて最新のミュージアムやクラフトグルメなど色々と大満喫して来ました。

サンフランシスコ

San Francisco (1)

周囲を海に囲まれ、起伏の激しい丘に築かれたのがサンフランシスコという街です。気候的には、霧と風で有名で、冬は比較的暖かい反面、夏はほとんど雨が降らず晴れの日が多いですが、気温はとても涼しく、夏でも日が沈むとかなり寒くなるので、日中の温度差が結構あります。丘を越えて走るケーブルカー、ゴールデンゲートブリッジ、そしてビーチや島、公園など、海や緑の自然豊かな美しい場所が多く人気の写真スポットとなっています。街中には、お洒落なセンスのいいショップやレストランがとても多かったです。中国系を中心にサンフランシスコのアジア人率はかなり高く、日本人としてはかなり居心地のいい街だと思います。反面、NYと違いサンフランシスコはアフリカ系の人々がとても少ない感じを受けました。近くにはシリコンバレーがあることもあり、サンフランシスコは物価の高い街というイメージがありますが、飛びぬけて高いのはやはり不動産と家賃です。その他の物価もすごく高いのかな?と思っていたのですが、レストランなど、食に関してはニューヨークより安いくらいな印象を受けました。サンフランシスコのグルメ巡りも楽しんできましたが、アメリカの東海岸と比べて、全般的にマイルドなテイストが好まれているようでした。
自然豊かな州だからこそかもしれませんが、エコや環境保全に対する意識がとても高く、色々と感心させられることも多かったです。そんなサンフランシスコでは、サンフランシスコならではのミュージアムを巡ったり、サンフランシスコのアルチザンスイーツグルメの絶品アイスクリームやチョコレートなど美味しいグルメもいっぱい楽しんできました。

一つだけすごくびっくりしたことといえば、サンフランシスコの街周辺にホームレスがとても多かったことです。テックブームによる不動産価格や家賃の高騰、テックとそれ以外という2極化の影響もあると思いますが、相当多い印象を受けました。周囲とかかわることなく路上で静かに生活しているようで、危険な雰囲気はなく、ニューヨークとは異なり街中では警察を全然見かけませんでしたが、全般的に治安はそれ程悪いとは感じませんでした。日本からやって来るとかなりびっくりする光景です。

ナパバレー

San Francisco (2)

ワイン好きの人は、サンフランシスコを訪れたら、是非訪れたいのがアメリカで最も有名なワインの産地「ワインカントリー」とも呼ばれている ナパバレー (NAPA Valley) です。新緑のブドウ畑に囲まれた中、個性的な建築など色々とこだわりのあるワイナリーが数多く点在しています。ワイナリーでは、お気に入りのワインを購入してピクニックをしたり、テイスティングをしたりと楽しめます。ワイナリーでのテイスティングは、30ドル前後くらいからで、全体的にテイスティングの料金が値上がっているところが多かったです。

シリコンバレー

Apple

ここ10年で最も成長した、例えば、Facebook や、Apple、Google、Netflix、Youtube をはじめ、数多くのハイテク企業がこのシリコンバレーに集まっています。シリコンバレーの誕生のきっかけとされるヒューレットパッカードのガレージがあったり、全米トップレベルの大学であるスタンフォード大学があったりします。インテルにはちょっとしたミュージアムがあったり、アップルやグーグルの本社には、隣接してお土産屋さんがあったりと、サンフランシスコ周辺での人気の観光スポットにもなっています。そんな今の時代の有名テックカンパニーがたくさん集まるエリアということで、シリコンバレーはどんな雰囲気になっているのかと少し期待したりもしたのですが、意外や意外、郊外の閑静な住宅街だったり、または広大な何もない荒野に囲まれていたりするのどかな雰囲気で、結構それぞれの会社が点々と離れた場所にあったりするので、あまり一つのテックの街という感じは受けません。
とはいえ、このシリコンバレーのエリアには数多くのテックカンパニーやベンチャーキャピタルなどがあり、たくさんの人々が通勤しているので、通勤時間帯はかなりの渋滞となっていて、毎日のこととなるととても大変そうです。そんな通勤渋滞問題もあり、最近では、サンフランシスコの街中に本社を置く企業も増えているようです。

海岸沿いの絶景 Big Sur と 素敵な街モントレー&カーメル

San Francisco (6)

太平洋に面した海岸沿いの断崖絶景のダイナミックな絶景が楽しめるのが、少し秘境な雰囲気のビッグサー (Big Sur) です。昨年、土砂崩れによりかなり広い範囲に渡って道が閉鎖されていたのですがかなり復旧してきています。現在でも南北に抜けることはまだできませんが、Big Sur の花と緑が広がる景色や、ビーチの景色など美しい景色を楽しめます。モントレーとカーメルを結ぶドライブコース周辺からも海の絶景が楽しめます。

ヨセミテ国立公園とシエラネバダ山脈の見どころ

San Francisco (3)

ヨセミテ国立公園と合わせて、キングスキャニオン国立公園とセコイア国立公園へも足をのばしました。環太平洋山系の一部のカリフォルニア州には、アメリカ本土で最も高い山、Mount Whitney のあるシエラネバダ山脈があります。シエラネバダ山脈周辺には、ヨセミテ国立公園や世界で最も巨大なセコイアの木のあるセコイア国立公園、キングスキャニオン国立公園などがあります。春のヨセミテ国立公園は、一年で最も水量が多く、美しくダイナミックな滝の景色が楽しめるベストシーズンでした。輝くような滝のしぶきと花と緑に覆われた美しい自然の景色を楽しんだ後は、ヨセミテ国立公園の東側にある温泉地帯で、アドベンチャーツアーなどでも訪れる人気の野趣溢れる露天温泉スポットへも遊びに行って来ました。
セコイア&キングスキャニオン国立公園では、清流の流れる渓谷美や巨大なセコイアなど色々な景色が楽しめました。
北部カリフォルニアをドライブで色々と巡っていると美味しい野菜やフルーツなど自然の恵みがとても豊富なことに驚かされます。太平洋とシエラネバダの間に位置するフレズノなどでは、ちょうど旬だったこともあり新鮮な苺やアプリコット、ラズベリーなどのフルーツが豊富にあり、思う存分旬を味わってきました。

これからサンフランシスコ旅行も色々紹介していきたいと思いますが、ニューヨークもこれから色々と夏のイベントが開催される楽しいシーズンとなりますので、ニューヨークもどんどんアップしていきます。

サンフランシスコ旅行 北カリフォルニアの旅へ行ってきました! was last modified: 6月 19th, 2018 by mikissh