nigel-stanford

びっくりNEWジャンル?芸術的なサイエンスミュージック

nigel-stanford
(https://www.facebook.com/johnstanfordmusic)

なにこれ?映像を見て思わずびっくり、紹介したくなったのがこちら。ちょっとマニアックですが、科学と音楽の融合したアーティスティックな映像作品、”Cymantics”。ニュージーランド出身で現在はニューヨークをベースに活躍しているミュージシャン、Nigel Stanfordさんの作品です。映像を完成させてからそれに合わせて音楽を作ったというミュージックビデオで、使用された器具も自分達で集め手作りし、2年もの歳月をかけて完成させた大作のようです。

単純にどうなってるんだろう?、という好奇心が湧いてきます。制作過程の裏話もこちらで紹介されています。使用した器材についても詳しく解説していますので、興味のある人はどうぞ。テスラコイルから発生するスパークが金属スーツ(Faraday Suit)の表面を通り抜け地面へと通り抜けていく部分は特に感動ものです。

こちらも同様のコンセプト、宇宙、自然、そして人間をテーマにした芸術的なタイムラプスです。Astronomy Photographer of the Yearに選出されたこともある天文写真家のTom Loweさんの作品で、Nigelさんが音楽を担当したそうです。

小さいグループでもアイデアと実行力でこんな作品まで作れる時代になりました、すごいですね。科学が好きでない人が多いのは、身近に面白いと思わせる経験、コンテンツが少ないからとも言われていますが、こんな形の作品をきっかけに興味を持って、科学を身近に感じ、そして好きになる人も増えるかもしれませんね。

びっくりNEWジャンル?芸術的なサイエンスミュージック was last modified: 8月 22nd, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です