Whole Foods Market Downtown NY

ホールフーズマーケットなどスーパーマーケットの新型コロナウイルス対策中の特別対応

Whole Foods Market Downtown NY

アメリカで人気のスーパーマーケット、ホールフーズマーケットをはじめ、あらゆるスーパーマーケットが、今新型コロナウイルス対策の一環で色々がんばっています。高齢者をコロナから守ろうということで、60歳以上のシニアだけが来店することができる、ショッピングタイムを設定するスーパーマーケットも増えています。3/18 から、ホールフーズのアメリカとカナダの全店で、また、3/19 からイギリスでも行われています。

新型コロナウイルスは、高齢者が感染すると特に症状が重くなる傾向にあるということで、感染していても症状が出ない多数の人たちがお店にいるときにお買い物に行くのは躊躇してしまうと思います。さらに、多くの人が、普段以上の買い物をするので、全般的に、品薄のケースも多くなり、必要なものを購入できないケースも多くなっているかもしれません。そんな高齢者たちが、なるべくリスク少なく、必要なお買い物ができるようにと、”Safe Hour” “Senior only Hours/time” と呼ばれる、一般の人たちが入店する前の時間に特別な枠を設け、高齢者の人たちが安心してお買い物ができるスーパーが増えています。

今週、急に耳にするようになった単語が、シニアアワーです。オーストリアのスーパー、Woolworths が、今週月曜から、通常のオープン時間よりも一時間早く、朝7時から8時まで、高齢者と障害者専用の時間を設定したのが始まりです。

グッドアイデア!と言うことで、国境を越えて、アメリカの多くのスーパーでも、早速、取り入れられるようになりました。

例えば、ホールフーズの場合ですが、お店の開店時間は支店ごとに違うので、各支店の営業時間 を確認し、その一般の開店時間の一時間前から、シニアオンリーのショッピングタイムが始まります。例えば、開店時間が 9:00AM だった場合は、8:00AM からが、高齢者のショッピングタイムとなります。

毎日ではなく週に一度だけというお店もありますが、ニューヨーク周辺のシニアのショッピングタイムは以下のようになっています。

・ モートンウィリアムズ Morton Williams → 毎日 7-8AM
・ ターゲット Target → 毎週水曜日 開店時間から1時間
・ ストップ & ショップ Stop & Shop → 毎日 6-7:30AM
・ ウォルマート Walmart → 60歳以上 毎週火曜日 (-4/28) 一般開店時間1時間前から
・ ダラージェネラル Dollar General → 毎日 開店時間から1時間
・ ホールフーズ Whole Foods → 毎日 開店時間の1時間前から
・ フェアウェイ Fair way → 65歳以上と妊婦さん 毎日 8-9AM
・ コストコ Costco → 60歳以上 毎週火曜日と木曜日 8-9AM

Wegmans、Citarella、Zabar’s、 などは、今のところ特別なショッピングタイムの設定はないようです。

アメリカのホールフーズでは、シニアに当たる年齢が60歳からなのですが、イギリスのホールフーズでは、70歳以上の人が対象になっています。
アメリカのスーパーのシニアショッピングタイムでは通常60歳以上を対象にしていますが、中には65歳以上にしているお店もあります。

新型コロナウイルス対策中は、あらゆるお店や観光地などが閉まる中、スーパーマーケットなど日常の必需品を販売するお店だけは、オープンしていて、通常時以上の忙しさになっています。ホールフーズでは、クリーニングや品出しなど翌日の準備をするために、閉店時間は、通常よりも二時間早めるそうです。ホールフーズだけでなく、他のスーパーも営業時間が短くなっているところが多くなっています。
周りのほとんどの人が自宅待機で家にいる中、スーパーマーケットで働く人たちは、いつも以上に忙しい状況になっていますが、ホールフーズでは、時給を$2 または £2 アップの対応になっているそうです。

Whole Foods (27)

ホールフーズというと、テイクアウトのお惣菜コーナーが便利で利用していた人も多いかもしれませんが、このコロナウイルス対策中は、ホットバー、サラダバー、スープバーなど、セルフサービスのものは全て中止となっていて、パックされた状態のものだけの販売となっています。
また店内でイートインできるテーブル席も、この期間中は閉鎖され、テイクアウトだけとなります。

そろそろパニック買いは減って来ているとは思いますが、早々に売れ切れてしまう必需品も、高齢者の人たちも早朝一番で入店できるので、これで安心して買うことができそうです。

現在ニューヨークのスーパーマーケットでは、店内での人と人のスペースを大きく確保するために、一度に人をたくさん入れないようにしています。なので、お店の外に列ができていることもあり、お店に到着した瞬間、列を見てびっくりするかもしれませんが、実際にはそこまでお客さんがたくさんいるわけではありません。お店に入店できる人の数を通常時よりかなり減らしているだけです。

こういう時は、お店に出向かず、オンラインでオーダーして宅配をしてもらえばいいのでは?と思う人も多いかもしれませんが、現在、注文が激増しているようで、在庫とロジスティックスの関係もありますが、なかなか注文が入れられません。エリアによるのかもしれませんが、需要の多いところでは、注文を入れたくても宅配可能の日時に全然空きがないのです。忙しい時は私もよくオンラインのデリバリーサービスを利用していて便利で助かっていますが、今の時期は、時間の余裕もあり、元気なので、買いに出向こうと思います。

早くコロナが終息してくれるのを祈るのみです。

アメリカの新型コロナウイルスの現状と対策 最新情報!

ニューヨークのホールフーズの紹介はこちらです。

ホールフーズ ニューヨーク おしゃれな最新ブライアントパーク店

ニューヨークのおすすめスーパーマーケットはこちら!

NY人気スーパー おすすめ9選!お土産探しが楽しいニューヨーカーおすすめスーパーマーケット

ホールフーズマーケットなどスーパーマーケットの新型コロナウイルス対策中の特別対応 was last modified: 3月 23rd, 2020 by mikissh