メトロポリタン美術館 ファッション展 2024!「眠りの森の美女」童話の世界のようなイマーシブ展 Sleeping Beauties

メトロポリタン美術館の人気のファッション展が今年もはじまりました!2024年のメトロポリタン美術館のファッション展、Sleeping Beauties: Reawakening Fashion では、METの膨大な数のファッションコレクションの中から、自然をテーマに厳選された 220点もの傑作が美しく展示されています。花や鳥、庭園など自然をテーマにした幻想的な美しいドレスや小物の展示がいっぱいあり、ビジュアルはもちろん、匂いや音などにも工夫が凝らされ、五感に訴えかけるイマーシブで幻想的な必見のファッション展となっています。

ニューヨークの誇る巨大ミュージアム、メトロポリタン美術館では、毎年、春から夏にかけてファッション展が開催されます。ファッション展は、5月の第一月曜日に開催され、数多くの著名人が美しいドレスで大集合する、ファッション界の盛大なパーティー、メットガラ (Met Gala) を皮切りに、夏にかけて一般公開されます。

今年2024年のメトロポリタン美術館のファッション展は、5月10日からスタートし、9月2日まで開催されます。
今年のファッション展は、Sleeping Beauties: Reawakening Fashion と題された企画展で、映像、BGM、匂いなどを用いた五感を刺激する、童話の世界のような幻想的な会場に、自然をテーマとした美しいドレスの数々が飾られる、イマーシブな展示になっています。

ファッション展の会場となっているのは、2階左手奥にある特別展ギャラリー、Gallery 899 です。入場は、昨年同様、事前にウェイティングリストに登録し、順番が回って来たら会場前の列に並びます。登録方法の詳細は、こちら です。今回は40分くらいの待ち時間でした。会場に入ったら、一方通行で順路に沿って順番に見ていくようになります。

Sleeping Beauties: Reawakening Fashion と題された今回のファッション展では、メトロポリタン美術館のファッション部門、The Costume Institute の膨大なコレクションの中から、普段はあまりお目にかかることのない貴重な作品を含め、220点もの作品の数々が展示されています。長い間眠っていたドレスたちを目覚めさせる今回の展示では、『眠れる森の美女』を彷彿とさせるように、ドレスが横たわった形でガラスケースの中に展示されているものがあります。まさに『眠りの森の美女』のお姫様のような展示です。実はこの眠っている姿のドレスの数々は、長い間保管されていたため、脆すぎて通常の形では展示することが難しい作品なのです。『眠りの森の美女』の世界を演出しているように見え、素敵な展示になっています。

こちらは、18世紀中頃の美しいイギリスのドレスです。

自然がテーマとなっている今回のファッション展は、大まかには、土 (earth)、空 (air)、水 (water) の3つのエリアに分かれ、さらに、花、鳥やチョウ、魚や貝など、それぞれのエリアにちなんだモチーフの作品が展示されています。
最初のギャラリー、アース (Earth) では、自然をテーマとしたファッションで最もモチーフとなることが多い花々の作品が展示されています。
こちらは、巨大な花々が印象的な Mary Katrantzou の作品です。

今年のファッション展では、ドレスをはじめとした作品の他、ミニチュア模型や、ホログラム、匂いなど様々な展示がされています。
こちらの可愛いミニチュアドレスは、ミス・ディオール (Miss Dior) ドレスのミニチュア模型です。クリスチャン・ディオールと言えば、2021年にブルックリン美術館で クリスチャン・ディオールの豪華ファッション展 が開催されました。

美しく生の象徴でもある花は、昔からアートのモチーフとされて来ましたが、ファッションの世界でも同様で、時代を超えて様々な花柄ドレスが登場して来ました。
左は、Ana de Pombo のデザインによる、メゾン・パキャン (House of Paquin) の1937年のイブニングドレス、右は Ronald van der Kemp の2021‐2022年秋冬コレクションのドレスです。どちらもゴージャスな赤い花柄のドレスです。

Sarah Burton Britishデザインによる Alexander McQueen の2021‐2022秋冬コレクションの情熱的なドレス。

花をモチーフとした有名な絵画と言えば、ゴッホの『ひまわり』がありますが、こちらは、そんなゴッホのひまわりをテーマにした、アメリカのファッションブランド Rodarte の黄色のドレスです。

数ある花の中でも最も多くの女性に好まれて来たのが、薔薇です。薔薇をモチーフとしたドレスも色々展示されています。
横たわって展示されているこちらの可愛いドレスは、1923年の Lanvin の花をテーマとしたシルクのドレス “Roseraie” です。

ゴージャスな薔薇に囲まれているこちらの作品は、イヴ・サン・ローラン (Yves Saint Laurent) デザインによるディオールの 1958年のドレス “Rose Rouge” です。

童話の世界から飛び出してきたようなデザインのスーツやドレスも展示されています。

今回のファッション展では、ドレスの他、ゴージャスなお花をモチーフにしたど様々な帽子も展示されています。

面白い楽しいデザインのドレスも色々あります。
こちらは、Francesco Risso デザインによる Marni のドレスで、お花をテーマにしたとても個性的な可愛いドレスです。

こちらは、Jonathan Anderson デザインの Loewe のジャケットです。ジャケットに種をまくと、芽が成長していくという面白い作品です。ジャケットの後ろの映像では、そんな過程が紹介されています。

Jun Takahashiデザイン、Undercover の2024年春夏コレクションのドレスです。ドレスの中がお花畑のようになっていて、まるで日が昇ってそして沈んでいくように、うっすらと輝いたり、暗くなっていったりします。

可愛い小人さんが本から飛び出してきたような楽しい展示。ホログラムを使用し、まるで本物の小人さんのように動き回ります。

空 (Air) のセクションでは、甲虫やチョウ、鳥などをモチーフとした作品が展示されています。
こちらは、Olivia Cheng デザインの Dauphinetteの作品。白いドレスには、なんと玉虫色に輝く無数の甲虫が飾られています。
このドレスは大胆に虫の姿を見せるデザインになっていますが、昔は、玉虫色に輝くパーツをドレスの飾り部分に使っていたことがあるようです。

豪華で美しい蝶々のドレスは、Alexander Mcqueen のドレスです。

ギャラリーの様々な場所で映像が流れていて、イマーシブな体験もできます。
空のセクションでは、鳥をモチーフとした作品に合わせ、無数の鳥が羽ばたく、圧巻の映像もあります。

最後のセクションでは、水 (water) で、魚や貝、マーメイドなどをモチーフとしたファッションが展示されています。
魚が描かれているドレスの飾りボタンに目を描いてみたり、細部までこだわりが感じられます。

こちらは、オランダ人デザイナー、Iris van Herpenさんのオウム貝 (Nautiloid) をテーマとした作品です。ふわふわとした素材のドレスがとてもお洒落です。

そして、ヘビをテーマとした不気味で幻想的なドレスもあります。

最後には、幻想的な世界が広がる Callot Soeurs の 1930年の豪華なウエディングドレスが飾られています。

メトロポリタン美術館のファッション展は、童話のような不思議なファンタジーの物語の中を旅して来たような感じで楽しめる、イマーシブな素敵なファッション展となっています。ショート動画で豪華なファッション展のハイライトをご覧いただけます。

昨年2023年は、シャネルやフェンディでお馴染みのカール・ラガーフェルドさんのファッション展でした。

メトロポリタン美術館 ファッション展 2023!シャネル フェンディで知られるカールラガーフェルド特別展 A Line of Beauty

そして前回、2024年冬には、女性デザイナーをテーマとしたファッション展 が開催されました。

メトロポリタン美術館の行き方や定番の見どころはこちらです。

メトロポリタン美術館 見どころ有名作品 完全攻略法

メトロポリタン美術館 ファッション展 2024!「眠りの森の美女」童話の世界のようなイマーシブ展 Sleeping Beauties was last modified: 6月 9th, 2024 by mikissh