避暑地のようなニューヨーク 新緑が映える野生動物の楽園に 渡り鳥のアメリカムシクイ キングバード 面白いゴイサギなど!

the-pool-central-park-1

ニューヨークは、今、夏休みの始まりとされている メモリアルデー の三連休中です。避暑地へお出かけのニューヨーカーも多いと思いますが、ニューヨーク近郊でも避暑地気分を楽しめる、自然豊かな憩いの場所が色々あります。青々とした新緑の緑に包まれ、自然の美しい光景が広がる、大都会ニューヨークの周辺の憩いスポットでは、ピクニックをしたり、写真撮影を楽しんでいる人もいっぱいです。そんな自然が美しい季節を心待ちにしていた、自然界の生き物たちも多く、普段あまり目にすることのない珍しい渡り鳥をはじめ野生動物も活発に動き回っていて思いがけず遭遇することもあります。木々が生い茂る森はもちろん、池もすっかり緑色に変身し、たくさんの生命の息吹が感じられます。セントラルパークのプール (The Pool) などの水辺には、オウサマタイランチョウ (Eastern Kingbird)、ツバメ、様々なアメリカムシクイ (Warblers) など冬を中央アメリカや南アメリカで過ごし、繁殖のために戻って来た渡り鳥たちが集まっています。

eastern-kingbird-1

ニューヨークは、すっかり春真っ盛りで、池は、まるで絵の具で色付けしたかのような美しい緑色に変身を遂げています。こちらは、近くには、深い森のノースウッドがあり、周囲を大木に囲まれている、セントラルパーク北部 にある池、ザ・プール (The Pool) です。池の上をツバメたちが飛び回ったり、とすっかり渡り鳥をはじめとした鳥たちの楽園になっています。

the-pool-central-park-2

アメリカのバードウォッチャーたちの春の楽しみと言えば、渡り鳥で、季節限定で移動の途中の春と秋にのみ姿を見せる、アメリカムシクイ(Warblers) です。アメリカムシクイは、50とも100とも言われる種があり、様々な色合いをしている小さな鳥で、冬は、中央アメリカや南アメリカで過ごし、夏は、カナダやアメリカ北部で繁殖します。名前の通り、虫を好んで食べ、大木や鬱蒼とした木の枝をピョンピョンとせわしなく動き回り、なかなか写真に収めるのが難しい鳥です。アメリカムシクイは、意識して探さないと目につかない鳥で、今までまったく存在を知りませんでした。
例えば、こちらは、全身黄色の美しい鳥、キイロアメリカムシクイ(Yellow Warbler) です。羽の部分は、こげ茶色が混じっています。

yellow-warbler

こちらは、マグノリアアメリカムシクイ (Magnolia Warbler)。木の茂みの中を動き回りながら、虫を探しています。

magnolia-warbler

カラフルな種だけでなく、シックな白黒の渡り鳥、シロクロアメリカムシクイ (Black-and-white Warbler) などもいます。

black-and-white-warbler

アメリカムシクイなどの渡り鳥たちは、森の中にある色々な種類の木の中でも好きな種類の木というのがあります、渡り鳥たちを追いかけていると、普段は、なかなか目につかない木の姿も見えて来るのですが、チューリップのような花が咲く木、チューリップツリー (Tulip Tree) と呼ばれる可愛い木があります。日本では、ユリノキと呼ばれています。

tulip-tree

池には、ニューヨークに初春頃から姿を見せはじめた、ダイサギ (Great Egret) などもやって来ます。人間の姿が映った水面のすごそばにダイサギが佇んでいる姿は、いかにも人と野生動物が近い関係にあるセントラルパークらしいシーンです。

great-egret-central-park-nyc

緑いっぱいになった池の水面付近には、虫も多く、ツバメが飛び回っていますが、そんなツバメに混じって、こんなカワイイ顔をした、オウサマタイランチョウ (Eastern Kingbird) もいました。池の側の見晴らしのいい木を拠点に、虫を捕まえに行っては、同じ場所に帰ってくるという面白い動きが印象的でした。

easter-kingbird-2

セントラルパークのバードウォッチャーたちが夢中で撮っていた、キングバード。
キング(王様)の鳥などという名前なので、どんなに貫禄ある鳥なのかと、見てみたら、なんとも可愛らしい顔の鳥でした。無心にクルクルと飛んでいってはまた枝に戻ってくる鳥で、何をしているのかと思ったら、空中で虫を捕まえていたんです。

池が緑で溢れ、すっかり野生動物の宝庫となっているのは、セントラルパークだけではありません。ニューヨーク周辺の水辺では、春から秋にかけては、様々なサギもよく見かけるようになります。
こちらは、じっとして獲物を狙っている、ゴイサギ (Black-Crowed Night Heron)。ゴイサギは、夕方以降に活発に動き出す、グレイと白の羽のサギで、目が赤いのが印象的です。日本にも生息し、平家物語で天皇に正五位という階級の位を与えられた話にも登場する鷺として知られています。

black-crowned-night-heron-2

ゴイサギ (Black-Crowed Night Heron) は、ずんぐりとした面白い体型をしていて、普段は、じっとしているか、ゆっくりと動くのが特徴なのですが、獲物を捕まえる瞬間だけ、とても素早くてびっくりします。頭から、可愛い白いリボンのような長い毛が伸びています。

black-crowned-night-heron-1

こちらがその様子です。とてものんびりしている様子なのですが、瞬殺で魚を捕まえたあとの嬉しそうな様子が忘れられないです。

こちらは、よく出会うお馴染みの鷺、ダイサギ (Great Egret) です。体が大きく、首も長く、とても優雅なシラサギです。

great-egret

この時は、親子で魚取り?と言った雰囲気で、大小のシラサギが並んでいましたが、実は、こちらは別の種類の鷺で、ダイサギ (Great Egret) と ユキコサギ (Snowy Egret) という二種類が並んでいたのです。お互い、お互いの存在を気にしていない素振りをしていましたが、途中からちょっかいをかけたりしはじめ、実は、かなり意識しあっていた様子です。

great-and-snowy-egret

ユキコサギは、体が小さく、くちばしが黒色、足先が黄色なのが特徴です。

snowy-egret

後ろに抜き足差し足、アライグマまで登場するのですが、ニューヨーク周辺でもこんな自然界の野生動物たちが共存して暮らしている様子が見られることに本当に驚いています。

フワフワの真っ白のコートをまとったような感じのとても気持ちよさそうな羽をしています。乱獲のため、20世紀初頭前後には、絶滅の危機に瀕していましたが、保護の結果、復活を遂げています。隣にいる子は、キアシシギ(Lesser Yellowlegs)、まはた コシグロクサシ (Solitary Sandpiper) でしょうか、シギチドリ類(Shorebirds)も色々いました。

snow-egret-2

ニューヨークでは、冬の間は、あまりサギたちを見かけないのですが、早春頃から増えて来ます。

セントラルパークに真っ白なシラサギ!早春のニューヨーク 渡り鳥のダイサギとユキコサギ

池には、アライグマもやって来ていました。

racoon

草むらでは、オジロジカ (White-tailed Deer) まで出てきてびっくり!野生動物というと、旅行先でしか見られないという印象がありますが、この一年、ニューヨーク周辺にも本当にたくさんの野生動物がいることを発見してびっくりです。

white-tailed-deer

春は、ヒナの季節で、セントラルパークのコンサバトリーウォーターをはじめ赤ちゃん鳥がたくさん見られます。

警察に保護された話題の可愛い赤ちゃん鳥 セントラルパークでマガモ一家が走り回る!ニューヨークはヒナの季節

避暑地のようなニューヨーク 新緑が映える野生動物の楽園に 渡り鳥のアメリカムシクイ キングバード 面白いゴイサギなど! was last modified: 5月 29th, 2021 by mikissh