St

セントパトリック大聖堂 ニューヨーク 5番街の美しく荘厳な教会

St. Patrick's Cathedral (1)

ミッドタウン、ロックフェラーセンターの斜め前にある大きくて立派な大聖堂、セントパトリック大聖堂 (St. Patrick’s Cathedral) は、ニューヨークの地元の人はもちろん、世界中からも信者や観光客が訪れるとても有名なスポットになっています。歴代有名人の結婚式やお葬式などの儀式もこちらの大聖堂で行われることも多く、歴代の3人ものローマ教皇が訪れたことでも有名です。セントパトリック大聖堂は、1879年に完成し、National Historic Landmarkにも指定されています。現在、大聖堂は大規模工事中なのですが中に入ることは可能で、完成している部分は見違えるような姿になっています。工事中で柱だらけで見ることができない部分もありますが、どんな時でもお祈りの場所だけは変わらず誰もが訪れることができるようになっています。

St. Patrick's Cathedral (17)

St. Patrick's Cathedral (2)

セントパトリック大聖堂は、アイルランドの守護聖人セントパトリックにちなんで名づけられたカトリックの教会です。大きなパレードが行われるセントパトリックデーもたくさんの人々がこちらの教会を訪れます。

St. Patrick's Cathedral (3)

セントパトリック大聖堂は、2012年から$175 millionをかけた大規模改修工事が行われていて年末には完成する予定のようです。工事の様子をこちらのタイムラプスでみることができるのですが、見ちがえるようなかっこいい大聖堂になっていく雰囲気が伝わると思います。

中央にあるパイプオルガンは、3年もかけて作られたオルガンで、パイプの数は7855本もあるそうです。さすがカトリックだけあって荘厳で、ヨーロッパにある大聖堂のような貫録があります。

St. Patrick's Cathedral (4)

フィフスアベニューに向かった正面の銅のドアもとても美しくなっていました。

St. Patrick's Cathedral (5)

この大きな聖堂には、毎年五百万人もの人々が訪れ、また150組のウェディングがとり行われるそうです。

St. Patrick's Cathedral (6)

この石造りの美しい教会ですが、くすんでしまった石の色を今工事で真っ白に修正していっています。おかげで外観といい内装といい石の部分はすっかり綺麗になり見違えりましたが、昔のような伝統ある教会の趣がちょっとなくなってしまった感があります。全ての工事が終わったら、真っ白なピカピカのできたての新築の大聖堂のような姿になるかもしれません。

St. Patrick's Cathedral (7)

St. Patrick's Cathedral (8)

St. Patrick's Cathedral (10)

今年の9月にはローマ教皇のPope Francisがアメリカを訪問予定で、ニューヨーク、ワシントンDC、フィラデルフィアと3都市を訪れ、国連、国会でのスピーチ、ホワイトハウスで大統領との会談などを予定しているようですが、おそらくこのニューヨークのカトリック教会の中心、St Patrick Cathedral、ワシントンDCのThe Basilica of the National Shrine of the Immaculate Conceptionも訪れるのではないかと思われます。

St. Patrick's Cathedral (12)

セントパトリック教会にまつわるトリビアです。

St. Patrick's Cathedral (13)

現在は工事中で多少落ち着きませんが、街の喧騒から離れることができ、信者でなくても心を休めることができる場所です。

St. Patrick's Cathedral (16)

St. Patrick’s Cathedral
5th Ave, New York, NY 10022 (50th-51st Street) MAP
オープン時間: 6:30am – 8:45pm
無料

St. Patrick's Cathedral (14)

セントパトリック大聖堂 ニューヨーク 5番街の美しく荘厳な教会 was last modified: 7月 4th, 2017 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です