Flatiron (1)

エディションホテル The Edition Hotel ニューヨークのあの有名時計塔がホテルに変身!

Flatiron (1)

近年、ニューヨーク、フラットアイアン地区は、マジソンスクエアパークを中心にどんどん発展中です。現在改装中ですが、マジソンスクエアパーク発祥で、つい最近株式公開まで果たした、シェイク・シャック をはじめ、イータリー、レゴなどのスポットも登場し、とても活気あるエリアになってきています。地区の名称でもあり、シンボルともなっているフラットアイアンビルをはじめ20世紀初頭にできた美しい Beaux-Arts 建築のビルも残っていて楽しませてくれています。そんなこの地区でフラットアイアンビルと並び、一際目立つのが時計塔 (Metlife Clocktower) です。
この時計塔に来週、5月11日に、新しいラグジュアリーなライフスタイルホテルがオープンします。

METlifeClock

この時計塔は、かつて Met Life の本社のあった建物の時計塔で、ベニスのサンマルコ広場にある鐘楼をモデルにし1909年に完成したものだそうです。National Historic Landmark にも登録されています。ロウアーマンハッタンのウールワースビルの完成した1913年までは世界一高いビルだったそうです。

Flatiron (2)

そして、そこにオープンするのはホテル大手のマリオットとラグジュアリーなホテル、コンド開発の Ian Schrager がコラボして登場した新しいライフスタイル系ホテルブランドの「エディション・ホテル (Edition Hotel)」!ロンドン、イスタンブール、マイアミビーチに続き4軒目のオープンで、今後バンコクや上海などアジアの都市にも順次オープンしていくようです。2017年にはニューヨークのタイムズスクエアにもオープンします。

edition-hotel-nyc
(The Edition Hotel New York)

最近人気のブティックホテルですが、現在大手ホテル会社なども競って参入しホットとなっているのがライフスタイルホテルという新しいセグメントです。近年増えつつある、テクノロジー、デザイナー、アントレプレナー、アーティストなどクリエイティブな仕事をしている層をターゲットにし、ユニークなストーリーとデザインを持ちながら、自宅で過ごすように快適に過ごすことができ、オープンでコネクトしやすい雰囲気、さりげなくこだわりのある質の高いフード、ドリンクを個性的な空間で提供するなどの特徴があります。もう少し詳しく知りたい人はこんな分析的な記事もどうぞ。
まさにスタンダードホテルやエースホテルのような感じですね。Airbnbなど新しい競合の登場にも影響を受けているのでしょう、昔の硬直化したホテル運営から随分と変わり、オープンで周囲の人とも打ち解けやすい環境をつくりつつ、その上でホテルならではのスペシャル感を上手くあわせ持つようにしている気がします。
また、エディションホテル (The Edition Hotel New York) 内に、The Clocktower というレストランもオープンします。

おしゃれなニューヨークの新ライフスタイルホテルとして、新しいもの好きな人は試してみるとおもしろいかもしれません。

エディションホテル ニューヨーク The Edition Hotel New York
5 Madison Avenue New York NY

ホテル周辺エリアの人気スポット記事もあわせてどうぞ。

フラットアイアンビル・マディソンスクエアパーク周辺おすすめスポット

エディションホテル The Edition Hotel ニューヨークのあの有名時計塔がホテルに変身! was last modified: 5月 1st, 2019 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です