FrickCollection (10)

フリックコレクション ニューヨークの素敵な豪邸ミュージアム

FrickCollection (10)

アッパーイーストサイドの70th Streetと 5th AvenueにあるFrickさんの豪邸を生かした美術館、フリック・コレクション (The Frick Collection) は小さいながらも名作揃いの素敵な邸宅美術館です。2/1まで、エルグレコ展と、スコットランド国立美術館の特別展が行われており、最終週になってしまったので慌てて見に行ってきました。久しぶりに訪れましたが、やはり雰囲気のあるお屋敷とそこに自然に飾られているヨーロッパ絵画、噴水のあるガーデンコートなど本当に素敵で、ニューヨークアート巡りの欠かせないスポットのひとつだと思います。

FrickCollection (1)

FrickCollection (2)

美術作品を見に来ると同時に、ここはお屋敷を見るのも楽しみのひとつ、ゴージャスな階段に、廊下、天井、彫刻の飾られている明るいサンルームなど。そんなお屋敷には、実は私たちが知らない秘密の部屋があるのです。THE BOWLING ALLEYというボーリングのお部屋。アッシュビルの鉄道王Vanderbilt家のお屋敷にもありましたが、ここフリックコレクションのお屋敷にも地下にそういうお部屋があります。公開はされていないので見に行くことはできないのが残念ですが、そういうお屋敷だと知って見に行くと、美術以外にも楽しみがあります。
FrickCollection (4)

フリックコレクションの常設展ではルノアール (Renoirs) やレンブラント (Rembrandts)、フェルメール (Vermeer)、ターナー (Turner) などの名作がいっぱいです。
フェルメールが生涯に残した作品は、30点ほどしかないといわれていますが、そのうちの3点もの作品がこのフリックコレクションに常設されています。

Officer and Laughing Girl(士官と笑う娘)
Vermeer

Girl Interrupted at Her Music(中断されたレッスン)
Vermeer2

Mistress and Maid(婦人と召使)
Vermeer3

FrickCollection (13)

この美術館には何度も訪れていますが、映像を見るのは初めて、部屋に入ると丁度タイミングよく始まるところだったので、見てみると、フリックさんとこの美術館を紹介するものでした。ペンシルバニアで、石炭やコークスで成功し、当時の一大産業であった鉄鋼で、鉄鋼王カーネギーさんとパートナーを組みピッツバーグを中心に活躍した人だそうです。労働者との争いでHomestead Strikeが起こり死傷者を出したり、暗殺されかけたりと、当時、世間をかなり騒がせた人なのだとか。その後、カーネギーさんと仲違いし会社を去り、ニューヨークへ移り住み、豪邸を建て、JP Morganがなくなった際には、彼のコレクションを手に入れるなど、以前から興味があったアートコレクションにさらにのめり込んでいったようです。最近でも、フリックコレクション拡大計画があるようで、こんな記事もあります。
美術館で流れていた映像と同じ内容のものがありましたので、興味がある方はこちらをどうぞ。

今回行われていた特別展、Masterpieces from the Scottish National Galleryでは、アメリカ初公開となる、ボッティチェリの”The Virgin Adoring the Sleeping Christ Child”があります。
Botticelli

El Grecoの”Purification of the Temple”や
Greco

“Men in Armor”などの有名作品がきています。
Greco2

残念ながら、フリックコレクションは写真撮影が禁止になっています。ですので、アート作品の写真は全て美術館のページからお借りしています。
実はこちらの美術館、とても優秀なスマートフォンアプリを提供していて、美術館を訪れるなら是非ご利用をおすすめします。館内マップ、作品の写真、説明、音声ガイドなどが無料で利用できます。気に入った作品の写真をソーシャルサイトへアップすることも可能です。>> The Frick Collection App
アプリを利用できなくても、ウェブサイトも写真や説明、バーチャル案内、ビデオなど盛りだくさんの内容で楽しむことができるようになっています。美術館を訪れなくても、アート好きにはおすすめです。
FrickCollection (11)

フリックコレクションのおみやげやさんはセンスのいいおすすめのお店です。
FrickCollection (7)

アートコレクションのポストカードやグリーティングカード、本などはもちろん、ステーショナリーなども品揃え豊富です。
FrickCollection (8)

アーティスティックなニューヨークの本もめずらしいセンスのいいものが揃っています。
FrickCollection (5)

かわいい雑貨好きの女性にも人気の品揃えかもしれません。
FrickCollection (6)

入場料Admission
大人: $20
シニア (65+): $15
学生: $10
また、毎週日曜日、11 a.m.から 1 p.mまでは好きな金額 (pay what you wish) で入館できます。

FrickCollection (9)

The Frick Collection
1 East 70th Street, New York, NY 10021 (5th Avenue-Madison) MAP

FrickCollection (12)

フリックコレクション ニューヨークの素敵な豪邸ミュージアム was last modified: 9月 18th, 2016 by mikissh

フリックコレクション ニューヨークの素敵な豪邸ミュージアム」への4件のフィードバック

  1. いちご

    こんにちは
    大雪にならず安心しました。私の大切な人達が住んでいるマンハッタンなので、ついつい過剰に反応しています。こちらは↑いつもいつも行きたいなと思いつつ。。。
    なぜか行けなくて残念です><
    まるでお城のようですね!管理は個人がされているんですか?
    今年こそ行きたいな~!

    返信
    1. mikissh 投稿作成者

      この美術館はさすがに管理は個人ではなく財団が管理されているようです。ニューヨークにご家族が住んでいらっしゃるんですね。大雪にならなくて本当によかったです。

      返信
  2. hii

    フリック・コレクション本当に良いですよね。
    絵の鑑賞も楽しめますし、中庭でベンチに座りながらぼ~っと
    することもできますし。
    で、スマートフォンアプリを提供しているんですね!
    今度はタブレットを持参しよう。
    >毎週日曜日、11 a.m.から 1 p.mまでは好きな金額で入館できます。
    有益な情報をありがとうございます。
    お恥ずかしいのですが、フェルメールの有名な3作品を見た記憶が無い
    ので^_^;、次回ニューヨークに行ったら必ず再訪したいと思います。

    返信
    1. mikissh 投稿作成者

      フェルメールの作品は廊下にあるので見逃し易いかもしれません。次回行かれた時は是非!暖かい季節に中庭のベンチで休憩、いいですよね^^

      返信

mikissh にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です