Getty Center (4)

ゲッティセンターの見どころ ロサンゼルスの絶景美術館 J. Paul Getty Museum

Getty Center (1)

ロサンゼルスにとてもスケールの大きい、J・ポール・ゲッティ・ミュージアム (J. Paul Getty Museum) という絶景美術館があります。ロサンゼルスのサンタモニカ山脈 (Santa Monica Mountains) の丘の一つがまるまるミュージアムになった、広大な敷地にいくつものテーマのミュージアムの建物がある、とても見応えがある美術館となっています。古典ヨーロッパアートを中心に様々な時代やタイプのアートが展示されている美術館ですが、それだけではなく美しい庭園と、屋外に点在する様々な彫刻作品、ロサンゼルスの景観など色々な楽しみ方ができるゲッティセンターはロサンゼルスのおすすめ美術館です。

Getty Center (5)

ザ・ゲッティ (The Getty) は、J. Paul Getty さんによりロサンゼルスに設立されたアート教育機関で、以前紹介したイタリアのヴィラ風建物のゲッティヴィラ (The Getty Villa) とモダン建築のミュージアム、ゲッティセンター (The Getty Center) の二つの異なった雰囲気の美術館で構成されています。ゲッティセンターは、ゲッティヴィラより利便性の高いロケーションに、より多くの人がコレクションを鑑賞できるようにと、1997年にオープンした美術館です。ゲッティヴィラは、古代ギリシアやローマの彫刻作品が中心となっているのに対し、ゲッティミュージアムは、宗教アートの中世ヨーロッパからポスト印象派までの作品、ラテンアメリカをテーマとした展示などが中心となっています。共通しているのは、どちらの美術館も素晴らしい建物と庭園で構成され、美術を鑑賞するという楽しみ以外に、美しい庭園と景色が楽しめる素敵な環境でのんびりとくつろぎの時間を過ごすことができることです。どちらの美術館も無料で、ゲッティヴィラ (The Getty Villa) は、事前予約が必須ですが、ゲッティセンター (The Getty Center) の方は、予約は必要ありません。

ゲッティミュージアムは、ロサンゼルスのダウンタウンから車で30分程、ゲッティヴィラから20分程の場所の、ロサンゼルスの北側バーバンクへと続くI-405沿いにあります。

The-Getty-Museum

通常、美術館と言うと一つの大きな建物に入っていることが多いですが、ゲッティミュージアム (The Getty Museum) は、全体では、10近い建物から構成されています。主なギャラリーは、東西南北の名前がついた5つのパビリオンと特別展用の Exhibition Pavilion で、その他、リサーチセンターなど他の建物でも特別展が行われていたりします。一通り見て回るには半日程度、ゆっくり見ていると丸一日過ごせるミュージアムです。

Getty-Museum-Map
(Getty Museum & Guide – PDF)

ミュージアムのある丘の麓の駐車場に車を止め、トラムで丘の上へと向かいます。まるでディズニーランドにでも来たようなワクワク感すら感じられる始まりです。
ゲッティ美術館の入場料やトラムの利用は完全に無料ですが、駐車場代だけ $15 かかります。(3PM 以降は $10)月曜日と火曜日は、それぞれのミュージアムの休館日になるため、同日に両方を訪れることができないのですが、それ以外の日はゲッティミュージアムとゲッティヴィラを両方訪れる場合は、どちか一カ所で支払いをし、係員からクーポンをもらうともう一方は無料となります。詳細は こちら です。

Getty Center (2)

トラムから降りるとそこは丘の上で、周囲に素晴らしい景色が広がっています。

Getty Center (4)

そして、正面に現れる建物は、ゲッティセンターのエントランスホールです。

Getty Center (3)

ジャコメッティの作品が出迎えてくれます。

Getty Center (28)

エントランスホールからさらに奥に進むとギャラリーのパビリオンが立ち並び、彫刻作品も点在するギャラリーエリアとなります。ヨーロッパが中心となっていますが、世界の様々な地域の絵画、彫刻、写真など膨大なコレクションを誇り、その中から代表的な作品が展示されています。

West Pavilion

最も馴染みのある作品が集まっているのが西館で、セザンヌ、ゴッホ、モネ、マネ、ドガら印象派と、ポスト印象派の様々な作品が展示されています。
こちらは静物画で有名なセザンヌ。

Getty Center (11)

ゴッホの Irises。

Getty Center (12)

モネの『積みわら』シリーズ。

Getty Center (13)

モネの海辺の日の出を描いた作品、Sunrise。

Getty Center (14)

モネの The Portal of Rouen Cathedral in Morning Light

Getty Center (15)

クールベの写実的な見事な花の作品、Bouquet of Flowers in a Vase。

Getty Center (42)

1881年のマネの Jeanne (Spring)。

Getty Center (41)

こちらはちょっと珍しい作品です。バレリーナや馬のモチーフで有名なアーティスト、ドガの自画像。

Getty Center (43)

19世紀前半のイギリスのアーティスト、ターナーの作品もあります。ターナーらしい荒海の船をモチーフとした作品。

Getty Center (46)

こちらもターナー。ローマを訪れ、描かれた作品です。例えば、こちらは、2010年にオークションで取得した作品だそうで、ゲッティセンターは、現在でも活発にコレクションを増やしています。

Getty Center (48)

ゲッティミュージアムは、江戸時代の日本を含め、19世紀以降の世界中の様々なエリアの膨大な写真のコレクションも所有しています。アルゼンチンがテーマの写真展です。

Getty Center (9)

美しいペロン大統領夫人、エビータの写真も飾られていました。

Getty Center (10)

South & East Pavilion

南館、東館では、17、18世紀のヨーロッパの様々な国のアートが展示されています。特に、フランス、オランダ、フレミッシュなどの作品が多く見られました。

Getty Center (6)

18世紀のフランスで活躍したフラゴナールの作品などがあります。

Getty Center (47)

プリンセスを描いた19世紀のドイツの作品。

Getty Center (17)

ベネチアのグランドカナル。

Getty Center (18)

微笑みの天使。

Getty Center (30)

天井を見上げると素敵なアートが見られます。17世紀のオランダの音楽隊の登場する楽しい天井画、Musical Group on a Balcony です。

Getty Center (34)

豪華な衣装を身に纏い、まるで生きているかのような存在感のあるスペインの彫刻、Saint Ginés de la Jara。

Getty Center (35)

近代ヨーロッパの美しい様々なスタイルのインテリアも見られます。

Getty Center (37)

1階には、美しい彫刻も数多く並んでいて、どれもこれも美しい作品ばかり。

Getty Center (38)

南館と東館の間には、美しい景色が眺められる開放感のある素敵なテラスがあり、印象的な彫刻が飾られています。ミュージアム自体は、全般的には、古典アートが多いですが、彫刻はわりとコンテンポラリーな作品もあります。美しいシルエットのこちらの作品は、CARDINALE SEDUTO。お隣には、マリノ・マリーニらしい馬をモチーフとした作品もありました。

Getty Center (19)

南館の外の南側に突き出した部分には、サボテンの庭園もあります。丘の上から綺麗な景色をみたりアート以外の楽しみ方もできるのがとてもいいところです。

Getty Center (20)

North Pavilion

北館では、イタリアルネサンスのアートを中心に17世紀以前の中世ヨーロッパアートが展示されています。

Getty Center (21)

ミケランジェロの作品もありました。

Getty Center (45)

ちなみに、ニューヨークのメトロポリタン美術館では、2018年2月12日までミケランジェロの特別展が開催されています。

メトロポリタン美術館でミケランジェロ特別展開催中!行列ができるルネサンス巨匠の貴重なコレクションが大集合

イタリアルネサンス時代のアーティスト、Dosso Dossi の作品、Allegory of Fortune。

Getty Center (24)

ルネサンス期、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロとほぼ同時代にベネチアで活躍したベリーニの特別展も開催されていました。

Getty Center (27)

ベリーニらしい作品。ベリーニは、ベネチア絵画で同じく有名なティツィアーノ(Titian)の先生だった人です。

Getty Center (25)

こちらでは、ライオンに説教しています。

Getty Center (26)

当時のアートの中心となっていた宗教画や肖像画と一緒に工芸品も展示されています。

Getty Center (31)

生き生きとしたドラマチックな彫刻作品。

Getty Center (32)

イタリア、ルネサンス時代にフランスで製作されたブロンズ像。二つの顔が印象的で、Double Head と呼ばれる作品です。

Getty Center (40)

イタリアルネサンス時代のCorreggio のキリストの肖像画。

Getty Center (44)

マニュスクリプトのコレクションも展示されています。

Getty Center (33)

Exhibition Pavilion

特別展専用の建物では、Golden Kingdoms と題されたアメリカ大陸に起こったインカ、マヤなど様々な文化における金をテーマとした特別展が行われていました。

Getty Center (39)

キラキラピカピカの黄金作品がいっぱいで、なかなか見応えのある展示でした。こちらの展示は、ゲッティミュージアムでは、2018年1月で終了となりましたが、2018年2月28日からニューヨークのメトロポリタン美術館にやって来ます。詳細は、こちらです。

Getty Center (7)

ミュージアムの正面には、印象に残る不思議なカエルを持った少年像があります。

Getty Center (29)

ミュージアムがある場所はロサンゼルスですが、作品を鑑賞しているとすっかりヨーロッパにやって来ているような気分になるくらいヨーロッパの歴史的なアートが充実しています。J. Paul Getty さんがいかにヨーロッパ、世界各地、そして歴史が好きだったかが伝わって来る美術館です。また、スペインの影響が強く感じられるカリフォルニア州らしく、ラテンアメリカ系アートの特別展が開催されていることが多いです。
こちらの映像で紹介されていますが、J. Paul Getty さんは、勢いのある人気のミュージアムを創設し、現在もそれらミュージアムのコレクションをどんどん増やし続けていますが、かつては石油ビジネスで大成功を収め、世界一の大金持ちと言われたこともある人です。

ゲッティセンター The Getty Center
1200 Getty Center Dr, Los Angeles, CA 90049 地図

ロサンゼルスから海岸沿いをマリブ方面に向かった場所にある姉妹美術館のゲッティヴィラもとても素敵なミュージアムです。

ゲッティヴィラ LAの素敵なお屋敷ミュージアム 映画 “All the Money in the world” もうすぐ公開!

ロサンゼルスは楽しいおすすめの見どころがいっぱいです。

ロサンゼルス観光おすすめ人気スポット グルメ、ビーチ、テーマパーク、ミュージアム盛りだくさんのLAの楽しみ方

ゲッティセンターの見どころ ロサンゼルスの絶景美術館 J. Paul Getty Museum was last modified: 2月 18th, 2019 by mikissh