The Met Breuer (1)

The Met Breuer 「メット・ブロイヤー」 メトロポリタン美術館 新館

The Met Breuer (1)

現在ニューヨークで最も新しいミュージアム、メトロポリタン美術館の新しい分館となる、The Met Breuer(メット・ブロイヤー)が、先月、3月18日に元ホイットニー美術館の建物にオープンしました!
The Met Breuer(メット・ブロイヤー)は、メトロポリタン美術館の本館とは違う趣向のコレクションになるということだったのですが、蓋を開けてみれば、これはすごい!レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロ、ティツィアーノ、エルグレコ、レンブラント、ピカソなど巨匠達の作品がずらりと並んでいます。さすがメット!ブラボーです!メトロポリタン美術館のキュレーターによる作品のセレクションの質の高さはやはり世界級レベル。期待以上のものを見せてくれる美術館です。

The Met Breuer (10)

メット・ブロイヤー とは

メトロポリタン美術館の新しい分館、The Met Breuer(メット・ブロイヤー)、この名前の由来は、この新しい美術館が入っている建物の建築家、マルセル・ブロイヤー (Marcel Breuer) さんの名前からきています。
このメット・ブロイヤーの分館は、2014年までホイットニー美術館があった場所にあります。2015年にホイットニー美術館はミートパッキングエリアに新しくオープンしました。そして、この旧ホイットニー美術館だった場所に、メトロポリタン美術館がやってくることになりました。
メトロポリタン美術館は本館「The Met Fifth Avenue」、「The Met Cloisters(クロイスター美術館)」、そして、この新館「The Met Breuer」全部で3つもの拠点を構えることとなりました。一度チケットを買えば、1日でこの3つの美術館全てをはしごして入場することができるのですが、果たして1日で周りきれるかどうか。。。というくらいすごい規模になってきました。

The Met Breuer (3)

巨匠たちの未完成作品 “Unfinished” がすごい!

The Met Breuer (9)

“Unfinished(未完成)” というテーマで、ルネッサンス時代から現代までの美術界の巨匠の未完成作品を集めた展示が行われています。とてもおもしろいテーマであり、そうそうたるメンバーの作品群に驚き、感動します。
この “Unfinished” の展示は、9月4日まで行われている現在の目玉の特別展です。
展示されている作品群のうちの4割は MET 所有のものだそうで、残りは世界各国のミュージアムやプライベートコレクションから集められてきました。

The Met Breuer (8)

クリムトの未完成作品もありました。

The Met Breuer (4)

ここにある3枚全て、ピカソの未完成作品ですが、他にも色々あります。モネ、ターナー、ルノアール、レンブラント、ジャコメッティ、ムンク、サージェント、マティス、セザンヌ、などなど、巨匠たちの描きかけの作品が色々ありとても興味深いです。

The Met Breuer (1)

The Met Breuer (6)

The Met Breuer (7)

ミュージアムブックストア PHAIDON

The Met Breuer(メット・ブロイヤー)のミュージアムブックストアもとてもいい雰囲気です。
PHAIDON という本屋さんなのですが、メトロポリタン美術館直営のお店ではなく、2012年に、ニューヨークのビリオネア、Leon Blackさんが買収した、ロンドンベースの歴史あるアートや写真に特化した出版社の本屋さんのようです。そのため、メトロポリタン美術館の本館にあるギフトショップとはまた雰囲気が違います。

The Met Breuer (13)

他ではなかなか見ない選りすぐりのセンスのいい、アートの専門書関連の本が揃っています。

The Met Breuer (12)

ニッチな本が多く、日本の建築などに関する本もあり人気がありました。

The Met Breuer (11)

ミュージアムカフェはおしゃれなブルーボトルコーヒー

The Met Breuer (14)

5階にできた新しいミュージアムカフェはかっこいいブルーボトルコーヒーが入りました。
ニューヨークには名だたるコーヒー店がたくさんありますが、選ばれたのはブルーボトルコーヒーのようですね。

The Met Breuer (15)

ブルックリン、ウィリアムズバーグのブルーボトルコーヒーのお店もとても雰囲気がいいのですが、この美術館に入ったお店もやはりとてもセンスのいい空間です。

ブルーボトルコーヒーの魅力! ニューヨーカーが集う居心地のいいブルックリン店

このメット・ブロイヤー (The Met Breuer) のカフェは、入った瞬間思わず居座りたくなってしまうとても広いオープンスペースの素敵なくつろぎ空間になっています。お部屋の壁にはアートが飾られていて、ミュージアムのカフェとして本当におしゃれな素敵なカフェになっています。

The Met Breuer (2)

ホイットニー美術館時代を思い起こさせる建物はそのままの雰囲気を保っています。

The Met Breuer (16)

オープニング ジャズコンサート Vijay Iyer

The Met Breuer (17)

3月18日にオープンした メトロポリタン美術館の新館、メット・ブロイヤー (The Met Breuer) のオープニングイベントとして、3月いっぱい、Vijay Iyerさんのジャズコンサートが行われていました。ローカルニューヨーカーにとってもうれしいイベントということで開演30分前から列ができるほど人気でした。メット・ブロイヤーの建物の1階、チケット売り場などのある階にあるとても小さなお部屋で行われた演奏会なので至近距離で音の振動がそのまま伝わってくるような迫力でした。ニューヨークでは、このような一流の音楽を楽しむことができるイベントも多くうれしいですね。

The Met Breuer (18)

Vijay Iyerさんはジャズ界では珍しくインド系の方で、経歴がなかなかユニークです。幼い頃からバイオリンをやっていたようですが、大学では数学、物理を専攻、UCバークレーの博士課程では物理学の博士号を目指していたようですが、途中で、テクノロジーとアートの学際エリア、音楽の心理学という分野でPHDを取得することにしました。最近では、ジャズの作曲家として、そしてピアニストとして様々な賞を受賞するなど、ジャズ活動とともに、実はハーバード大学の教授もしています。こちらの記事で掘り下げて紹介されていますが、なかなかすごい人のようです。

こちらのビデオのような独特なセンスのジャズ演奏でした。

このように美術館でライブイベントなどが行われるようになってきているのを見ていると、今後、ミュージアムのあり方も変わっていくのかもしれません。それが象徴的にわかるのが、このMetLiveArtsです。音楽などの演奏もそうですが、その時、その場にいるからこそ体験できるような「ライブアート」の重要性がこれからますます高まっていくのではないかと思います。

メット・ブロイヤー美術館の行き方

The Met Breuer MAP

メット・ブロイヤー (The Met Breuer) への行き方は、地下鉄6番線の77ストリート駅が最寄駅となります。
メトロポリタン美術館から、メットブロイヤーへの行き方は、セントラルパーク沿いに歩いて、75ストリートで曲がります。徒歩9分です。

メトロポリタン美術館本館と営業時間が多少違うので気をつけましょう。
定休日 月曜日 (サンクスギビングデー、12/25、1/1 も休館)
開館時間 火曜日ー水曜日: 10:00 a.m.–5:30 p.m.
木曜日&金曜日: 10:00 a.m.–9:00 p.m. 時間延長で開いている木曜日・金曜日おすすめです!
土曜日&日曜日: 10:00 a.m.–5:30 p.m.

The Met Breuer
945 Madison Ave, New York, NY 10021 MAP

メトロポリタン美術館の本館とクロイスター美術館もみどころ満載です。

メトロポリタン美術館 ミュージアム見どころ完全攻略法

ニューヨーク クロイスターズ美術館 緑の中の美しい美術館で中世ヨーロッパへタイムスリップ

The Met Breuer 「メット・ブロイヤー」 メトロポリタン美術館 新館 was last modified: 9月 18th, 2016 by mikissh