Theodore Roosevelt Birthplace (6)

ニューヨーク 美しいブラウンストーンの元大統領の家を見学 セオドア・ルーズベルトの生家

ニューヨークは昔からアメリカで最も影響力のある街の一つということで、歴史的なスポットも数多く点在しています。そんな数あるスポットの中で意外と知られていないのが、ユニオンスクエアとマディソンスクエアパークの間にある第26代大統領だったセオドア・ルーズベルトの生家 (Theodore Roosevelt Birthplace) です。ここでは、ルーズベルトさんとその家族の生涯、当時のニューヨークの様子など様々な話を聞くとともに、お部屋を見学することができ、100年前のアメリカの家の雰囲気を楽しむことができます。

この家は、ルーズベルトさんが幼少の頃、過ごした場所ということで、ルーズベルトさんの死後、1923年に当時の様子を再現して建てられたものです。National Register of Historic Places にも指定されており、ナショナルパークサービス (NPS) によって、National Historic Site として管理されています。2015年からリノベーションのためしばらく閉鎖していましたが、昨秋から再オープンしました。
ルーズベルトと聞くと、ニューディール政策を行ったり、第2次世界大戦時にアメリカ大統領であったフランクリン・D・ルーズベルト (FDR) が特に有名ですが、セオドア・ルーズベルトの遠い親戚だそうです。どちらもアメリカ歴代の大統領の中で評価の高い大統領とされる人気の高い大統領です。
「ルーズベルト」という名前は、実はオランダ語で「バラ畑」という意味です。ルーズベルト家は、ニューヨークがオランダの植民地だったころにオランダからやってきた移民に端を発するニューヨークの名家です。

セオドア・ルーズベルトの父親はアメリカ自然史博物館の創設者の一人だったそうです。

さっそく家の中へと入ってみます。受付ではナショナルパークサービスのスタッフが出迎えてくれます。朝10時から夕方4時まで、毎時無料のツアーが行われ、家の中を見学することができます。ツアーの始まる時間まで、展示を見たり、ルーズベルト大統領が子供の頃の映画を見たりして待ちます。

展示のお部屋。随分とたくさんの写真が残されています。

ルーズベルト大統領は、強い大統領のイメージがありますが、実は子供の頃は病気がちな体の弱い子供だったそうです。喘息持ちで室内で過ごすことが多かったのですが、体を鍛えるためにボクシングを始め、筋トレをして、少しづつ強くなっていき、ボクシングの試合でも勝てるまでになった、そんなストーリーの映画が上映されています。

家の2階からツアーは始まります。

ゲストルーム。

美しい彫刻と壁紙がとても印象的です。

昔の世界にタイムスリップしてきた雰囲気。

セオドア・ルーズベルトの姪で、FDR の夫人であったエレノアさんがミュージアムに寄付したという美しいお皿のセットです。ルーズベルトとういうことでバラ柄が入っています。

3階は寝室です。まずは赤ちゃんのお部屋。

そしてすぐお隣がメインベッドルームです。バスルームのようなものは当時はなく、水を汲んできて顔を洗ったりしていたそうです。
ボランティアのガイドさんはかなりの歴史好きのようで、とても楽しそうに様々な事を説明してくれました。

セオドア・ルーズベルト大統領とは、米西戦争のヒーローとして名を挙げた人物です。
ウィリアム・マッキンリー大統領の下、副大統領でしたが、マッキンリー大統領が暗殺され、史上最年少の42歳という若さで大統領になった歴史に残る人物です。日本とも関係があり、ポーツマス条約など日露戦争の講和に尽力し、アメリカ大統領として初めてノーベル平和賞を受賞しました。大統領の任期を終えた後は、アフリカや南アメリカに狩猟の旅に出かけたりしていたのですが、その後再び大統領選に出馬します。第3の党から立候補し、演説中に銃撃されてしまうという事件が起こるのですが、それにもかかわらず演説を続行したという話があり、ワイルドなイメージのある大統領です。合成のようですがムースに乗った写真を大統領選のキャンペーンに使ったりと、なかなか面白い人だったようです。
こちらでは、そんなセオドア・ルーズベルト大統領の生涯についてまとめられています。

伝記にもなっているルーズベルト大統領は、本やグッズなども販売されています。

歴史や、昔ながらの建築・インテリア、ブラウンストーンのこのような趣が好きな人におすすめのスポットです。

Theodore Roosevelt Birthplace
28 E 20th St, New York, NY 10003 MAP
開館日:火曜日-土曜日 9:00 a.m.- 5:00 p.m.

ちなみに、セオドア・ルーズベルトの晩年の家は、ニューヨーク州ロングアイランドのオイスターベイの Sagamore Hill で、こちらも見学することができます。

NYCには、他にもいくつか National Historic Site や National Monument があり、歴史などに触れることができます。

自由の女神 ニューヨーク 行き方 予約 観光情報の大特集!

ハドソン川の畔に立つ 白亜のグラント将軍ナショナルメモリアル

ハミルトングランジ ニューヨークの知られざる国定記念館 

ニューヨークの隠れナショナルモニュメント オフィス街にひっそり佇むアフリカンベリアルグラウンド

バッテリーパークの隠れ見どころ キャッスルクリントンと平和の像 明日は9.11のライトアップ

ニューヨーク 美しいブラウンストーンの元大統領の家を見学 セオドア・ルーズベルトの生家 was last modified: 4月 7th, 2017 by mikissh