cliff-diving

スリル満点のクリフダイビング映像!アメリカのスイミングホールベスト10

cliff-diving
(Jarek Tuszynski / CC-BY-4.0)

世界三大滝のひとつとしても有名なアフリカ、ザンビアのビクトリアの滝。この巨大なビクトリアの滝でクリフダイビングをしているスリル満点の映像を紹介します。以前、ニューヨーク周辺のリバティステートパークでも開催されたことがある Air Racing や、クリフダイビングの世界大会など、かなり危険なスポーツをサポートしていることでも有名なエネルギードリンクブランドの Red Bull という会社がありますが、今回のクリフダイビングもこの Redbull がスポンサーとなり撮影を行ったようで、4月には Red Bull TVで放送されるそうです。

今回のクリフダイビングの企画は、世界の自然七不思議の一つでもあるビクトリアの滝からです。クロコダイルなど危険な生物も生息し、急流で有名なザンベジ川に、30 m もの高さから飛び込むという危険なものです。ビクトリアの滝は整備された公園ではないので、頂上の飛び込む場所に辿り着くのも大変だったようです。通常のクリフダイビングの世界大会では、整備された会場で行われ、ダイビングの高さも、26–28 m 程度のようなので、今回のチャレンジはかなりすごいということですね。映像を見ているだけで私は震えてしまいます。

こんな映像を見ると気になるのが、世界記録です。実は、クリフダイビングの世界記録は、昨年の8月、Laso Schallerさんにより更新されたのですが、その高さはなんと、192.9 feet (58.8m)!ピサの塔より高いところからの飛び込みです。
こちらがその様子の映像です。怖すぎます。

ここまでは、クリフダイビングのプロの人たちの世界なのですが、もうちょっと一般的な人のクリフダイビングはどうなのでしょう。

クリフダイビングと言えば、ニューヨーク周辺では、マンハッタンを一周するクルーズで目の前を通る、最大 110 feet (33.5m) の高さがあるブロンクスの C-Rock という崖があります。この崖から飛び込む姿を見かけることもあるのですが、実際には通常ローカルたちが飛び込む時は、10メートル程度の高さからのようです。やはり、30 m という高さは普通のレベルでは無理ですね。

こちらの映像では、アメリカのベストシークレットスイミングホールとして、グランドサークルにあるグランドキャニオンの底にあるハバスパイが、魅力いっぱいに紹介されています。そこにたどり着くための手段は、ヘリコプターか、ロバ(!)、または徒歩しかなく、辿り着くのはとても大変です。でもこんな素晴らしい光景が見られるならば、是非一度は訪れてみたい場所ですね。この他にも、アメリカのシークレットスイミングホールベスト10 が紹介されていますので、これからの暖かい季節の旅行先を考えるのにおすすめです。

スリル満点のクリフダイビング映像!アメリカのスイミングホールベスト10 was last modified: 9月 6th, 2016 by mikissh