ジャンジョルジュの洗練されたヨーロッパ風フードマーケット ティンビルディング ニューヨーク シーポートに登場!

ニューヨークの今一番お洒落なフードホールといったら、ティン ビルディング Tin Building です。ティン ビルディング Tin Building は、ニューヨーク、世界的にも知られる有名シェフ、ジャンジョルジュ (Jean Georges) が手掛けたハイクオリティのグルメフードホールで、ニューヨークのロウアーマンハッタンのシーポート (Seaport) にあります。フランス料理のシェフである、ジャンジョルジュらしく、ヨーロッパの雰囲気を存分に感じさせる、フードマーケットとなっていて、フランスのパリのデパートなどを彷彿とさせるインテリアでもあります。シーポートという場所柄、旅行者に人気のスポットとなっていて、お土産グッズも並ぶ、お洒落なキッチン雑貨のマーケットもあり、お食事やドリンク、お買い物まで、色々楽しめるスポットになっています。

ニューヨークには、次々と新スポットが登場していますが、2022年9月28日に、シーポートディストリクトにオープンしたばかりの洗練されたヨーロッパ風フードマーケットが、ティンビルディング (Tin Building) です。
ダウンタウンのサウスストリートシーポートと言えば、1822年以来続いていた歴史的な卸売魚市場があった場所でしたが、2005年に現在のブロンクスのハンツポイント(Hunts Point) に移転しました。そんな歴史的なランドマークにインスピレーションを受け、ジャンジョルジュが8年の歳月をかけ、プロデュース、オープンしたのが、かつての市場の建物をリノベーション、サウスストリートの向かい側へ移築した、ティンビルディング (Tin Building) です。様々な料理が楽しめる 6つのレストラン、バー、カジュアルダイニング、新鮮な食材、世界各国グルメ、ホームグッズなどが揃う楽しいマーケットなどからなります。

かつてのニューヨークの魚市場からインスピレーションを受けてできたマーケットだけあって、シーフードも充実しています。新鮮な魚が並ぶシーフードマーケットがある他、その場でフレッシュなシーフードが食べられる、フルトンフィッシュ (Fulton Fish Co) というカウンター席のレストランがあります。バーカウンターでグラスワインと一緒に頂くオイスター(生牡蠣)など最高です。
とても人気のお店なので、事前に予約していくのがおすすめです。
→ 予約とメニュー詳細はこちら

ティン ビルディング (Tin Building) のマーケットの中で、最も人気があるスポットの一つが、美しいインテリアのスイーツショップです。
次々と子供たちがやってきて、アイスのカウンターに釘付けになっていたり、大きなキャンディ棒を買ってもらったりしていて、みんな幸せそうでした。

フルーツシャーベットのアイス。

ティン ビルディング (Tin Building) のキャンディショップはとっても可愛いです。夢のようなスイーツショップで、色どり可愛いお菓子がいっぱいあります。ニューヨークのチョコレートや、可愛いスイーツをお土産にしたい人は、ここでも見つけられます。

マーケットは、フルーツや野菜、お魚、お肉、チーズ、お惣菜まで、お店の数は多くありませんが、一通り何でも揃っていて、デパ地下のグルメフロアのような感じです。

お肉屋さんには、ブタさんが。

テイクアウトでサクッと買って行きたいときには、パン屋さん (Patisserie) や、サンドイッチ屋さんもあります。プロシュートとモッツァレラのサンドや、ローストビーフのサンドなど、サンドイッチやサラダは、具沢山で 15ドル前後なのでテイクアウトにおすすめです。

マーケットフロアには、カジュアルなカフェスタイルのレストランも何軒かあり、お食事スポットとしておすすめです。

美しいお花屋さんもあります。

とても素敵なシックな雰囲気のカウンターがあるお店は、お寿司とお酒を楽しめる Shikku です。残念ながらまだお寿司を食べていないのですが、お値段帯は高めです。メニューは こちら

ティン ビルディング (Tin Building) は、2フロアあります。

2階には、キッチン雑貨屋さんや、食材屋さん、お土産にぴったりなグッズや、エコバッグなど、ショッピングが楽しめる場所になっています。

アジアグルメの調味料などが並ぶ、Mercantile という、お店もとても綺麗です。

でも、一番のおすすめは、この真っ赤なマーケットの裏にある世界、赤いカーテンをくぐって行くとあるレストラン、ハウス オブ レッドパール (House of the Red Pearl) です。
赤いカーテンの後ろには、とても大人な素敵な雰囲気の世界が隠れています。お洒落系の中華レストランで、タパスのように色々頼んで色々な味を楽しみます。

2階に、メキシコ料理の Taquito があります。チップスやタコスなどのとてもカジュアルなメニューや、ビールが楽しめます。

ドリンクを楽しめるバースペースもあります。

ビーガンレストラン Seeds & Weeds。

フレンチマンズ ドウ (Frenchman’s Dough) という名前のイタリアレストランもあります。2階フロアのエスカレーターを上ってすぐのところにあり、とてもカジュアル系なので、当日フラッと入れます。ピザやパスタの20-30ドル前後のメニューが中心です。スイーツで、ケーキをいただくこともできます。

ニューヨークの洗練されたフードホール、ヨーロッパ風のティンビルディングの中の様子は、こんな雰囲気です。

Tin Building by Jean-Georges
96 South St, New York, NY 10038 地図
営業時間: 毎日 8am – 10:30pm

ニューヨークの旅行者に人気のシーポートはこんなところです。

NY最新ピア17 サウスストリートシーポートが大変身! ブルックリンブリッジの絶景スポット シーポートディストリクトNYC

ニューヨークでは、ますますフードホールが増えていますが、ミッドタウンには、シンガポールをはじめ東南アジアをテーマとした新フードホールも登場しています。

アーバンホーカー Urban Hawker ニューヨークで美味しいアジア・シンガポールグルメが楽しめるフードホール

どちらも旅行者にもおすすめのグルメスポットです。

ニューヨーク観光 おすすめ人気スポット33選 2024年 NY最新見どころ徹底紹介!

ジャンジョルジュの洗練されたヨーロッパ風フードマーケット ティンビルディング ニューヨーク シーポートに登場! was last modified: 1月 22nd, 2023 by mikissh