stowe (15)

ストウ バーモント ハロウィンの似合うかわいい町 Ben Jerry アイスクリーム工場

stowe (15)

今年も紅葉と一緒にパンプキンの季節がやってきました。
このパンプキンたちは、バーモントの町、ストウの市庁舎の前でみつけたもの。これがなかなかどうして、クリエイティブで微笑ましいのです。
トランペッターがいれば、スノーマンもいる、ブタさんもいれば、ハリセンボンもいる。そして、なんと檻の中に監獄されているパンプキンもいるのです。

川で水遊びするわんちゃん、暖かそうなお洋服着ています。太陽が出ている時は暖かいけれど、陰ると急に冷え込む気候のバーモント。最後の秋の季節を楽しんでいます。

stowe (2)

stowe (16)

ストウの町はとてもこじんまりとした小さな町。でも、綺麗でかわいい、素敵な町。夏は避暑、秋は紅葉、冬はスキーでに賑わうリゾートタウンです。
町の中心にはMethodistの教会、Stowe Community Churchです。ニューイングランドの教会はこのようなてっぺんが細くとがったタイプが多く見られます。また、この辺りは土曜日の夜、教会に集まって、Chicken Pie Supperの会をする文化があるようです。プリンスエドワード島ではLobster Supperというのがありましたが、教会が主催者となってみんなを集め共に夕食を楽しむような文化があるんですね。

stowe (14)

町角に飾られていたオブジェ、松の木を題材にしたバーモントらしいアート作品です。この作品、よーく見てみると、なんとお値段がついてるんです。1点5000ドル、webpageも記載されていて興味がある人はすぐアーティストにコンタクトできます。バーモントに来てちょっと思ったこと、みんな商売上手だな、ってこと。でも、全然嫌なところがなく、むしろお客さんのニーズを的確に捉えていて感心しちゃうのです。

vermont

バーモント州でよく見られる屋根付橋(Covered Bridge)。これは町の中心にある小さなものですが、山の中とか行くと車も通れるもっと大きなものがあります。どうして屋根がついているのか?それは、橋の寿命を延ばすためです。屋根をつけることによって寿命を最高80年くらいまで持たせることもできるそう。では、屋根がない吹きさらしの状態だとどうなるのかというと、昔の木製の橋は雨や雪などの影響で9年くらいしか持たないそう。だから屋根は大切な役割を果たしているんですね。現代の木製の橋は技術も進み、もっと寿命は延びているのでしょうが、バーモントにあるような昔のままの姿の橋は、歴史的な遺産として守られていっているのです。
ちなみに、ストウの山奥に幽霊伝説のある橋があります。Gold Brook Covered Bridge、またの名をEmily’s Bridgeと言います。両親に反対されていた恋人とこの橋で待ち合わせをしたのですが、彼は現われず、傷ついたエミリーが死んでしまった、というお話など、エミリー伝説がいくつか語られているそうです。

stowe (12)

ストウの町の中心に、Recreation Pathという憩いの道があります。ウォーキングや、サイクリングなどのびのびと楽しむことができる場所でお天気のいい日には大人気のスポットです。

stowe (10)

周りの景色も綺麗なんです。紅葉の時期だと山の景色が素敵。
stowe (5)

リクリエーション・パス沿いにも紅葉の木が連なっていて、こんなに綺麗な葉をつけている木もあります。お散歩しながら、紅葉狩りをしている人たちもいて、綺麗な葉っぱを両手いっぱいに持っていました。

stowe (4)

広々と広がる芝生の景色も、太陽がサンサンと降り注ぐ日にはまぶしいです。

stowe (8)

川も流れているので綺麗な水の景色も楽しめます。

stowe (7)

お散歩中、橋を渡ったりと意外と単調じゃないコースで色々な景色が見られます。

stowe (11)

トレイルの長さは9キロ程。でも平坦な道なので景色を楽しみながら進めば楽々です。

stowe (9)

場所は変わり、こちらはお墓です。ハロウィン用の特別のものではありません。Stoweから車で20分ほどのところにあるWaterburyという町にとても有名な観光スポットがあり、そこにひっそりと墓地があります。何のお墓だと思いますか?

BenJerry (1)

この墓地の名前は、Flavor Graveyard。人々は神妙な顔つきでひとつひとつのお墓を見つめています。
“This is Nuts”, “Turtle Soup”, “Creme Brulee”, “Oh Pear”, “Chocolate Macadamia”…お墓に記されている名前の数々。

BenJerry (3)

実は、ここは、Ben & Jerryのアイスクリーム工場なんです。さっきのお墓は生産終了となってしまったアイスクリームなんです。ユーモラスともとれるけど、ひとつひとつの商品に愛情こもってるなぁとも感じます。

vermont-001

この日の工場見学は大行列だったので参加しませんでした。でも、せっかく来たのだからアイスクリームは頂きます!できたてだからかな?スーパーで売っているものよりずっとおいしい気がします。

BenJerry (2)

大自然の紅葉の中、ハロウィンの季節がとても似合っているバーモント、ストウでした。

ストウ バーモント ハロウィンの似合うかわいい町 Ben Jerry アイスクリーム工場 was last modified: 8月 28th, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です