Intrepid-21

ベテランズデーって何の日? ニューヨーク ベテランズデーパレード開催!

Intrepid-21

今日、11月11日は、退役軍人の日(ベテランズデー Veterans Day)で、アメリカ全土で祝日となっています。アメリカでは、祝日は月曜日となることが多いですが、ベテランズデーは、第1次世界大戦の終了した 1918年11月11日午前11時を記念した祝日で、毎年 11月11日となっています。ベテランズデーが日曜日となったため月曜日が振替休日となり3連休の人も多いと思います。ベテランズデーには、ニューヨークを含め全米各地でベテランズデーパレードなどの特別なイベントが行われます。11月11日は、固定の祝日なので、通常平日となることが多いですが、今年は日曜日なので、祝日ならではのイベントに参加してみるのもいいかもしれません。

11月のベテランズデー (Veterans Day) は、第一次世界大戦の終戦のお祝い日からスタートし、現在では、退役軍人に敬意を表する祝日となっています。ちなみに、5月のメモリアルデーも軍関係の祝日ですが、こちらは、戦没者に敬意を表する祝日です。
今年は、第一次世界大戦終戦から100周年に当たる特別な年で、戦いの舞台となったフランスでは、世界各国の代表が集まり式典も行われています。

ニューヨークでは、1919年以来、毎年パレードが行われています。パレードは、フィフスアベニュー(五番街)の 26 ~ 46 ストリート で、午前11時15分頃から午後3時半まで行われます。ニューヨーク・ベテランズデー・パレードの地図はこちらです。


(uwvc.org)

この他、イントレピッド海上航空宇宙博物館でも、毎年恒例となっているベテランズデーのセレモニーが、午後3時30分から行われます。
イントレピッド海上航空宇宙博物館は、空母もすごいですが、ニューヨークのビル群の景色を背景にそこに並ぶ珍しい飛行機の数々も見どころです。

イントレピッド海上航空宇宙博物館の見どころ ニューヨークの空母で有名なミュージアム

第一次世界大戦後、もともとは、Armistice Day として世界の平和が祝われていたそうですが、1954年に公式に、Veterans Day として祝日となりました。その後、他の祝日同様、利便性から10月の最終月曜日が祝日となっていた時代もあったようですが、終戦の日としてその日付が重要であるということで、再び 11月11日に戻され、現在に至っています。
ベテランズデー (Veterans Day) ってどんな日なの?というのは、こちらの映像で詳しく紹介されています。

ベテランズデーって何の日? ニューヨーク ベテランズデーパレード開催! was last modified: 11月 11th, 2018 by mikissh