Happiness

世界一幸せな国はどこ?世界幸福な国ランキング 2020

毎年 3月20日は「国際幸福デー」(International Day of Happiness) です。この幸福の日に合わせて、「世界一幸せな国はどこ?」という、世界の国々の幸福度ランキングが発表されています。
2020年の世界の国の幸福度ランキングで一位に輝いたのは、日本人の旅行先としても大人気のフィンランドでした。
続いて、デンマーク、スイス、アイスランド、ノルウェーとなっています。そこで気になるアメリカと日本はどんな結果だったでしょうか?



2012年から世界の国々の幸福度に関する調査とそのランキングの発表が毎年行われていますが、今年、2020年度の調査結果、World Happiness Report 2020 が発表されました。トップに輝いたのは北欧のフィンランドです。実はフィンランドは、2018年、2019年、2020年と3年連続、ランキングの一位になっています。

北欧 フィンランド・ヘルシンキ旅行!おすすめ観光スポット7選

「世界一幸せな国はどこ?」と言った見出しのレポートは、やはりついつい見てしまいます。世界の国々の幸福度を計測し、比較、考察するのは、比較する人がどんな思想を持ち、どんな基準が設けられているかによって大きく変わってしまいますので、なかなか難しいことのように思いますが、社会の発展は経済的な側面だけでなく、様々な側面から幸せを計測すべきであるという考え方が背景にあるようです。

このレポートにおいて、「世界一幸せな国」は、次の基準で測られています。
所得、健康 (Healthy life expectancy)、困った時の社会的なサポート、寛容さ、自由度、社会の公正さ。それらをもとに作成された結果で「世界一幸せな国」をランクづけています。
2020年度のトップ10国です。
1.フィンランド
2.デンマーク
3.スイス
4.アイスランド
5.ノルウェー
6.オランダ
7.スウェーデン
8.ニュージーランド
9.ルクセンブルグ
10.オーストリア

アジアの幸せトップ国はなんと台湾です!25位にランクインしています。
アメリカは18位。日本は62位となっています。

world happiness ranking 2020 (2)

world happiness ranking 2020 (1)
(World Happiness Report 2020)



上位は、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、スウェーデンと北欧が目立ちます。
今年のレポートでは、国に加え、都市の幸福度ランキングも発表されています。

1. ヘルシンキ Helsinki, Finland

2. オーフス Aarhus, Denmark

3. ウェリントン Wellington, New Zealand

4. チューリッヒ Zurich, Switzerland

5. コペンハーゲン Copenhagen, Denmark

6. ベルゲン Bergen, Norway

7. オスロ Oslo, Norway

8. テルアビブ Tel Aviv, Israel

9. ストックホルム Stockholm, Sweden

10. ブリスベン Brisbane, Australia

アイスランドのレイキャビクは、12位で、こちらも北欧の都市が上位に並んでいます。

北欧旅行へNYから行ってきました!デンマーク スウェーデン ノルウェー3ヵ国周遊の旅

幸福度調査の基準にある Dystopiaって何だろう?など、わからない点は、こちらの FAQ で説明されています。ちなみに Dystopia とは、ユートピアの逆の世界、ひどい世界のことです。次元の異なる幸せの要因をどのように点数化するかなど自明でない点も多く、それぞれの国民が調査に対してどう反応するかなどの国民性を考慮することが不可能のため、本当は同じくらいの幸せ度なのかもしれないけれど、つい、幸せではないとネガティブな回答する人が多い国や、逆に常にポジティブな回答をする人が多い国もある中、どうやって順位付けするのか、という疑問は残りますが、毎回、同様の基準で測っているため変化の傾向を掴むことはできます。また、全体的には、様々な社会を評価する上で、経済指標以外の新しい視点を提供する役割を担っていると思います。

人々の幸せの基準って何?というのは、一般的には、国として所得がある程度高くなるまでは、経済的な発展が最も人々の幸せに影響を与えるようです。ですが、ある一定以上になってくると、経済的な指標よりも、むしろ助け合いができるコミュニティーの存在があるかなど社会的な側面の方がより大切になってくると分析されています。

幸福度調査のレポートでは、「幸せとは?」という考察を、色々な面からアプローチした読み応えのあるレポートとなっています。

3/20 は、例年、国連の国際幸福デー (International Day of Happiness) なのですが、
今年は新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっているためそれどころではない状態のようです。
そんな非常事態だからこそ、色々な面で、社会やコミュニティの大切さが、より実感できると思います。



World Happiness Report の世界の幸福調査レポートの内容は、とても興味深いです。結局人々が幸せと感じるかどうかは、周りの集団やその環境に影響を受けますが、最終的にはそれぞれの人の心の持ち方次第です。そしてそれは誰かの号令があって実現できるものではありません。
国連のような世界の中心的組織によるキャンペーンで、世界の国々の多くの人がより幸せになっていければ理想的ですが、それ以上にこれからより大切となっていくのは、各国政府の在り方と、多くの人々がやりがいを持って、助け合いながら活動できるコミュニティーの環境をつくっていけるかどうかのような気がします。
今新型コロナウイルで各国とも大変な時ですが、まさにそれを試されている時のようにも感じます。

世界一幸せな国はどこ?世界幸福な国ランキング 2020 was last modified: 4月 27th, 2020 by mikissh