Yale(23)

イェール大学の見どころ NYからニューヘイブンへ日帰り旅行

Yale (1)

先日、アメリカのベストピザ10選のお店のひとつに選ばれていた、コネチカット州のニューヘイブンの Frank Pepe Pizzeria Napoletana を紹介した続きということで、今日はニューヨークから車なしでもちょっとした日帰りや週末の旅行先として遊びに行くことのできるイェール大学の町、ニューヘイブンの観光情報を紹介したいと思います。グランドセントラル駅 (Grand Central Station) からメトロノース (Metro-North) のNew Haven Lineに乗り、ニューヘイブンに向けて出発します。

Yale (14)

窓口でチケットを買って、地下のカフェで朝食を調達して電車に乗り込みます。ニューヘイブンまでは電車で2時間程度です。アメリカではあまり長距離電車に乗る機会がないのでなんだか新鮮な感じがします。

Yale (13)

ニューヘイブンは清教徒により1638年に築かれたというとても古い町で、一番の顔はなんといっても1701年に創立されたイェール大学 (Yale University) です。
イェール大学ではツアーに参加してみました。Yale Universityの学生さんがガイドをしてくれる2時間ほどのツアーです。将来この大学に入りたいと夢見る学生さんもいますし、そのご両親や、一般的な観光として来ている人もいる気軽に参加できるツアーです。ガイドをしてくれたのはMusicとAstronomyの複数専攻(Double Major)の現役の学生さん。なかなか上手に楽しいキャンパスライフのお話を色々してくれるので、もし大学選びをしていたらこの大学に入りたくなったかもしれませんね。

Yale (2)

Yale Universityはアイビー・リーグに属する8大学のうちの1校です。ハーバード大学やプリンストン大学と並ぶ人気の学校です。印象的なのはとてもイギリス的な所で、イギリスの大学ではよくありますが、アメリカの大学としては珍しい 学部や専門、学年などの垣根を超えて、多様なバックグラウンドの学生が生活を共にし、一緒に過ごす時間を持つという Residential College という制度を保持しています。

Yale (4)

イェール大学の一番有名な図書館、Beinecke Rare Book & Manuscript Libraryです。
スタイリッシュで静かな空間のとても素敵な図書館でした。

Yale (3)

中に入るとみんなわぁと感嘆の声がもれます。ここの図書館では、自分で直接本を見に行くことはできないので、司書さんにリクエストして、本を用意してもらうシステムになっているそうです。

Yale(23)

グーテンベルク聖書 (Gutenberg Bible) が2冊展示されていました。

Yale (22)

イェール大学の校内ツアーは、やはりガイドさん付きで回った方が、外部の人も入れないような場所にも案内してもらえて楽しめます。スケジュールはこちらでみることができます。

Yale (5)

靴の先をなでるとYale Universityに入れるというジンクスがあるそうですよ。

Yale (7)

Yale University Art Galleryは、大学にある無料のミュージアムです。
MOMAやMETにあるようなアートが並ぶ本格的なミュージアムで驚きました。空間の作り方もかっこよく、素敵なミュージアムです。

Yale (16)

Yale (17)

クロイスターズのミュージアムのような素敵な空間。

Yale (18)

ゴッホの絵まであります。

Yale (19)

和の展示までありました。

Yale (20)

もうひとつミュージアムがあり、そちらは、British Artをテーマにしたミュージアムでした。イギリスの作品のオンパレード。

Yale (15)

ツアーに参加したところ、とても恵まれた環境のすばらしい大学の印象でした。アメリカの大学はどこも素敵なキャンパスがあって恵まれているところが多いですね。こんな風にアメリカの大学の素晴らしい点ばかり目につきますが、びっくりするのはアメリカの大学の学費事情です。例えば、イェール大学の学部生で2014年から2015年の一年間にかかる費用の見積もりは$63,250だそうです。テクノロジーが発達し、最近では、CourseraなどMOOC(Massive Open Online Course)で有名大学の授業を無料で受けることもできるようになってきていますが、そういった無料のコースが拡大する一方で、アイビーリーグはもちろん、その他あらゆる大学では学費が毎年のように上がり続けています。こちらの記事ではアイビーリーグの大学の学費について比較されています。

Yale (6)

そんなバブルの様相の大学教育に疑問を呈する人も多く、かつてペイパルの共同創業者、CEOで、現在は主に投資家として活躍しているPeter Thielさんは、Thiel Fellowshipという、22歳以下の有望な若者に対して、2年間で$100000を給付し、様々なアドバイスも与え、若者たちの研究、起業、その他自発的でクリエイティブな行動を促す活動を行っています。これまでは一定の年齢で必ず通り過ぎなくてはいけなかった大学という存在ですが、これからは、より柔軟に学べる、様々な学びの形態が現れてくるかもしれませんね。

Yale (12)

イェール大学のすぐ近くにある大きな教会、センターチャーチ (Center Church)にも寄りました。ちょうどツアーの時間だったのでツアーにも参加してみたのですが、とてもお話好きなガイドさんで予定以上の長居に。
中央にあるのは、ティファニーの作品のステンドグラスです。

Yale (10)

天井のシャンデリアもかわいらしいです。とても小さな教会でしたが、和やかで歴史を感じられる場所です。

Yale (11)

地下はひんやりとするCrypt。歴史的なお墓がたくさん残っています。

Yale (9)

Yale University
New Haven, CT 06520 MAP

ニューヨークから電車で2時間で訪れることができる町、ニューヘイブンは、日帰り旅行にぴったりの場所でした。ちなみにニューヘイブン (New Haven) という町の名前は、「ヘイブン (Haven)=安全な場所」で、「ヘブン (Heaven)=天国」 と間違いやすい名前ですので気をつけて下さい。

ニューヘイブンは全米の中でもピザで有名な街なので訪れた際は美味しいピザも忘れずに♪

ニューヘイブンのベストピザ Frank Pepe Pizzeria Napoletana

ニューヨーク近郊のもうひとつのアイビーリーグ校、プリンストン大学の記事もどうぞ。

プリンストン大学の見どころ アイビーリーグ全米有数の美しい大学

イェール大学の見どころ NYからニューヘイブンへ日帰り旅行 was last modified: 8月 8th, 2019 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です