Wholefoods

ホールフーズ ブライアントパーク おしゃれなニューヨーク最新店舗

Wholefoods

オーガニック食品ブームと共に全米で急拡大し、美しいディスプレイを特徴としているホールフーズマーケット (Whole Foods Market) は、ニューヨークでも増えてきています。今年、2017年1月にブライアントパークのお隣に、ニューヨークの11店舗目となる新店舗が登場しました。ブライアントパークといったら、ミッドタウンの中心地。レントの高いこのロケーションということで、今までこのような大型スーパーはなかったのですが、空き物件が増えているのか、いよいよホールフーズがやってきたということで、ニューヨーカーは大喜びです。ミッドタウンでタイムズスクエアからも近いこの抜群の立地は旅行者にとってもかなり便利な存在となっています。最新のお店ということで、通常のホールフーズマーケットのデザインに、最近大人気となっているフードホールのようなコンセプト、デザインも取り入れ、なかなかおしゃれなお店となっています。

Whole Foods (7)



お店の入り口には綺麗なお花がいっぱいでいい香りです。

Whole Foods (5)

2階建てのホールフーズで、ここのホールフーズはテイクアウトグルメに結構力を入れているのが特徴で、今すぐ食べたいテイクアウトの軽食を探している人のためのお店が充実しています。テイクアウト系フードは、1階も2階も右側に集まっています。

Whole Foods (13)

入り口入ってすぐ右手は News Agency と呼ばれるコンビニのようなサクッと買えるお店になっていて、ホールフーズの他の売り場は朝7時からオープンなのですが、ここはそれより一足早く6時半からオープンしていて、朝早い通勤者や旅行者にとても便利な場所になっています。アレグロコーヒー (Allegro Coffee) やジュースバーがあり、カットフルーツ、ヨーグルト、ベイカリーなど、テイクアウトできるフードやドリンクが色々置いてあります。

Whole Foods (6)

クッキーも彩りよく美味しそうで、窓辺のショーケースにはベーグルが並んでいます。なに食べようか迷っちゃいます。

Whole Foods (25)

お寿司や枝豆、サンドイッチ、スープ、チキン、などテイクアウト向きの商品が豊富な品揃えです。ちょっとした朝食やランチを買いに行くのにとても便利。

Whole Foods (27)

アメリカで最もヘルシーなーお店であることをモットーにしているホールフーズ。2階には、コールドフード、ホットフード、スープなど色々選べる量り売りのコーナーがあります。

Whole Foods (15)

量り売りのコーナーは、重さ1ポンド (約 453g) で 10.99ドルです。量り売りなので、好きな量だけとって、重さの分だけ課金されます。サラダの種類がなかなか豊富なので、私は色々な種類のサラダを少しづつとって箱いっぱいにして買うのが好きです。スープも好きなサイズで買えます。

Whole Foods (10)

サンドイッチを作ってくれるお店は列ができるほどの人気ぶりです。

Whole Foods (8)

フレッシュハムをたっぷりとカットしてはさんでくれるボリュームたっぷりのサンドイッチが美味しそう!

Whole Foods (16)

種類豊富なチーズ屋さん。

Whole Foods (9)

1階には、野菜の売り場などがあります。

Whole Foods (36)

野菜をカットしてくれるブッチャー!カット野菜は結構色々なスーパーでパック詰めになって売っているけど、好きな野菜を好きな形にカットしてくれるサービスって意外となかったから、これはおもしろい試みです。目の前にカット済みの野菜のショーケースもあるので、そこで少量づつ買うということもできます。

Whole Foods (4)

こちらは見本と書いてありますが、本物のトリュフも買えちゃいます。

Whole Foods (3)

ニューヨーカーたちが大好きなサラダコーナーもずらり。

Whole Foods (35)

このミッドタウンのホールフーズの特徴は、ちょこちょことフードスタンドなどが入っていることです。こちらはトルコの丸いゴマパンのお店

Whole Foods (11)

おしゃれなイタリア系の店イータリーの影響を受けたようなパン屋さん。

Whole Foods (12)

たっぷりサイズのブラウニー。

Whole Foods (28)

ピザなども種類豊富。

Whole Foods (14)

そして、この新しいホールフーズの支店の素晴らしいことのひとつは、このブライアントパークの景色を眺めることができるお食事スペースがあることです。

Whole Foods (17)

ホールフーズでテイクアウトしたものをこちらの広々としたテーブル席で食べることができます。お仕事しながらの人もいます。

Whole Foods (18)

そして、そこにはお寿司屋さんカウンターまであります。

Whole Foods (19)

綺麗なお肉が種類豊富に並ぶお肉屋さん。

Whole Foods (20)

そして並んでそのお隣にはお魚屋さんもあります。

Whole Foods (21)

アイスクリームも種類いっぱいあって迷っちゃいます。ニューヨーク・ブルックリン発の美味しいアイスクリーム屋さんのアイスクリームとかもあり、普通のスーパーよりクオリティ高めのアイスクリームが種類豊富に取り揃えられているので色々試してみるのもおすすめです。

Whole Foods (24)

ホールボディ (Whole Body) のコーナーもあります。

Whole Foods (33)

サプリがずらり。

Whole Foods (31)

ちょっとしたコスメや雑貨もあります。

Whole Foods (32)

ホールフーズの2階のレジ待ちの列です。1階のエクスプレスのお店は、普通に一列の列なのですが、2階の普通のお買い物をする人が利用するレジは、列の先頭の頭上にある画面に、次はどこの列の人の順番かが表示され、お客さんはそれを見て自分の番が来たらレジに向かうようなシステムになっています。このブライアントパークの支店は旅行者も多く来るからなのかもしれませんが、そのシステムを知らないで、順番ではないのにレジに進んでしまって、混乱する様子をみかけることもあります。

Whole Foods (30)

ホールフーズマーケット (Whole Foods Market) は、オーガニック食品を中心としたヒップな高級スーパーということで、ジェントリフィケーションの象徴などと、とてももてはやされ急成長を遂げてきましたが、現在、今後の成長性は心配されています。
NYC から値段表示が重さに対して正しくされていないことを指摘されたり、ホールフーズマーケットの無意味に高い商品が面白おかしく取り上げられたりと批判的な声も増えています。

そんな時代の変化に対応してか、以前と比べて、びっくりするような無駄に高い商品が減り、みんなに必要とされる定番商品が増え、全体的な価格帯も下がりつつあるような気がします。希少な急激な成長性を目指して莫大な投資資金が集まる現在、こちらのニュースにあるように、ホールフーズは、アクティビスト投資家が登場したり、買収のターゲットとなったりとなかなか経営の難しい時期を迎えています。

こちらブライアントパークのお隣の最新のホールフーズマーケットは、お店のデザインも良く、ローカルにも旅行者にも使い勝手がいいおすすめのお店だと思います。旅行で訪れたときにスーパーでおみやげ探しをするのが好きな人にも最適のお店です。

ホールフーズマーケット Whole Foods Market
1095 6th Ave, New York, NY 10036 MAP
営業時間:毎日 7:00-23:00

ニューヨークのおすすめスーパーマーケットはこちらもどうぞ↓

ニューヨークのスーパー おみやげ探しにも人気!ニューヨーカーおすすめスーパーマーケット8選!

ニューヨークのおすすめお土産スポットも人気です↓

ニューヨークのおみやげスポットおすすめ12選

ホールフーズ ブライアントパーク おしゃれなニューヨーク最新店舗 was last modified: 9月 20th, 2017 by mikissh