Travel London

ロンドン観光おすすめ人気スポット ミュージアム イギリス王室スポット こんなにあった国際都市の楽しい見どころ徹底紹介!

Travel London

イギリスの首都、ロンドンは、何度訪れても楽しめる、素晴らしい見どころがいっぱいあります。ロンドンといえば、無料で楽しめる定番の観光名所も多く、大英博物館やナショナルギャラリーなど世界級のコレクションを誇る有名ミュージアムや、バッキンガム宮殿などのイギリス王室の有名スポット、ウエストエンドのミュージカル、ハロッズなどの豪華デパートやおしゃれブティック店でのショッピング、パブ巡りなど、ロンドンならではの楽しみ方がいっぱいあります。
忘れてはいけないのは、ロンドングルメ。イギリスならではの美味しいエールビールやフィッシュアンドチップスを堪能したりと、ニューヨーク同様、色々な楽しみ方ができる人気観光都市です。イギリス旅行で是非楽しんで欲しい、ロンドンのおすすめ観光スポットを紹介します。

Big Bus London (23)

ロンドン

ロンドンは、イギリス (United Kingdom) の中心、グレードブリテン島の南東部、イングランド地方にある、イギリスの首都で、世界、ヨーロッパの金融の中心地の一つとなっている国際都市です。かつて世界の覇権を握っていた大英帝国時代の歴史が感じられる街並みや名所も数多くあり、2012年にオリンピックが開催され、新たに発展したエリアも多く、新旧織り交ざった見どころがいっぱいの国際都市です。

イギリス、ロンドンの歴史は古く、2000年程前に、テムズ川沿いに築かれた古代ローマ帝国の植民都市にまで遡ることができます。17世紀から20世紀初頭にかけては、世界の覇権を握っていた、大英帝国の中心として発展し、現在でもロンドンは世界有数の金融都市の一つとして、ヨーロッパ随一の国際ビジネス都市となっています。

イギリスは、1973年以来、欧州連合 (EU) に加盟していましたが、2016年の国民投票により EU離脱賛成派が勝利し、イギリスは EU から離脱することになりました。2019年に予定されていた離脱の日は何度も延期されてきましたが、とうとう2020年1月31日にEU離脱が実現されることとなり、その後、2020年12月31日までが移行期間となる予定です。イギリスは独自通貨のポンドを使用しているため、それ程混乱はないと思いますが、今後、ビジネスはもちろん、EU圏からの旅行者にも多少影響があると思います。

Harry Potter London (5)

ロンドン エリア

ロンドンの中心は、テムズ川の北岸、イギリス王室のバッキンガム宮殿などがあり政治の中心となっている西側の「ウエストミンスター」(Westminster) と、東側のビジネス街「シティ オブ ロンドン」(City of London) の二つのエリアからなります。

london-map
(London – Google Map)

ロンドン空港 公共交通機関

ロンドン周辺には、ヒースロー空港 (Heathrow Airport)、ガトウィック空港 (Gatwick Airport)、スタンステッド空港 (Stansted Airport)、ルートン空港 (Luton Airport)、ロンドンシティ空港 (London City Airport) などいくつもの空港があります。直行便で、東京からは、12時間半前後、ニューヨークからは、7時間半前後かかります。

ロンドンの公共交通機関は、とても便利にできています。地下鉄(チューブ)や、ロンドン名物の赤いダブルデッカーバスなどが街中を走っていて、交通の便が良く、移動も楽で、市内各地に点在する、観光、グルメ、ショッピングスポットも巡りやすいです。ロンドンは、治安もよく、女子旅でも一人旅でも個人旅行で楽しむのにとてもいいおすすめの街です。

London (7)

大英博物館

British Museum (28)

イギリス、ロンドンへ何度訪れても毎回必ず立ち寄る場所のひとつが、大英博物館です。
大英博物館は、入場料が無料の国立博物館ですが、世界級レベルのコレクションを誇る、驚きの素晴らしいミュージアムです。
有名作品と見どころ、回り方など詳しくは以下記事で紹介していますが、一通り見て回るだけで半日以上かかるので、時間がない人はせめて、古代エジプトのロゼッタストーンなど、必見スポットだけに集中するのもいいと思います。

大英博物館の見どころ 有名作品と回り方徹底紹介!ロンドンで見逃せない世界の歴史文化ミュージアム

大英博物館 British Museum
Great Russell St, Bloomsbury, London WC1B 3DG, United Kingdom 地図

ロンドン塔

Tower of London (35)

イギリス王室の最古の歴史を誇る、世界遺産にもなっている、ロンドンの観光名所が、ロンドン塔です。中世にタイムスリップしたような要塞内見学や、豪華なクラウンジュエリーの塔、幽霊出没説がある血塗られた塔など、見どころがとにかくいっぱい。真っ黒で美しい名物の巨大カラスにも会えます。くまなく見て回るにはロンドン塔も半日くらいかかります。

ロンドン塔観光 見どころと回り方 世界遺産イギリス王室ゆかりの中世の城塞

ロンドン塔 Tower of London
St Katharine’s & Wapping, London EC3N 4AB, United Kingdom 地図

タワーブリッジ

タワーブリッジは、ロンドンのシンボルとなっている有名な橋です。テムズ川には数多くの橋がかかっていますが、ロンドン塔の近くにあり、2つの巨大な塔が印象的な大きな橋が「タワーブリッジ」で、20世紀後半に完成した橋です。
童謡の「ロンドン橋落ちた」の歌で有名な「ロンドン橋(ロンドンブリッジ)」は、実はタワーブリッジのことではなく、タワーブリッジの上流側にある、お隣の橋です。ロンドン橋の方は、とても古い歴史があります。

Tower Bridge London (1)

タワーブリッジは歩いて渡ったり、バスに乗って渡ったりしても楽しいですが、橋の塔に上ってみることもできます。足元がシースルーでなかなかスリリングです。高所恐怖症の人には大変ですが、下を覗いてみんな楽しんでいます。

London (53)

タワーブリッジは、ロンドンの跳ね橋としても有名で、こんな風に、橋が上がり下がりもします。さっきまで歩いていた橋が上がっている瞬間を見たときはびっくりしました。色々な意味で印象に残る、ロンドンの橋でした。

London (54)

タワーブリッジ Tower Bridge
Tower Bridge Rd, London SE1 2UP, United Kingdom 地図

ナショナルギャラリー

National Gallery London (20)

ナショナルギャラリーは、ロンドンで見逃せない、有名作品目白押しの世界級美術館です。そんな素晴らしいコレクションを誇る美術館ですが、ロンドンの国立美術館なので入場料が無料です。
レオナルドダヴィンチや、フェルメール、ゴッホ、モネ、ラファエロ、レンブラントら西洋美術の巨匠たちの素晴らしい作品群のコレクションを誇るミュージアムです。特に、ゴッホの「ヒマワリ」が有名なのですが、2020年は、ゴッホのヒマワリを含め、ナショナルギャラリーの有名作品が、なんと日本へ行ってしまいます。東京と大阪で開催される ナショナルギャラリー展 に登場する予定となっています。2020年は、ラファエロ没後500年目ということで、ナショナルギャラリーでは、10月から2021年1月にかけて、大規模な ラファエロ特別展 が予定されています。常設展は無料ですが、特別展は有料となります。

ナショナルギャラリー見どころと楽しみ方 ロンドンの国立西洋美術館の有名作品と回り方徹底紹介!

ナショナルギャラリー The National Gallery
Trafalgar Square, Charing Cross, London WC2N 5DN, United Kingdom 地図

ナショナルポートレートギャラリー

National Portrait Gallery London (1)

ナショナルギャラリーの裏側に、もうひとつ、国立美術館があります。イギリス王室をはじめ、イギリス史上の著名人たちを描いた作品がずらりと並ぶ、ナショナルポートレートギャラリーです。アート好きはもちろん、歴史好きにもおすすめの美術館です。常設展は無料、特別展は有料です。
ナショナルギャラリーだけ行って満足してしまう人が多いですが、ポートレートギャラリーの方も特別展も含めなかなか面白い場所です。ローカルたちは写生イベントをしていてすごい盛り上がりでした。

ナショナルポートレートギャラリーの見どころ イギリス史に欠かせない英王室 著名人の作品が揃ったロンドンの肖像画美術館

さらに近くには、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ (Royal Academy of Arts) もあり、無料の展示がある他、有料の特別展も開催されています。

ナショナルポートレートギャラリー National Portrait Gallery
St. Martin’s Pl, Charing Cross, London WC2H 0HE, United Kingdom 地図

トラファルガー広場

ナショナルギャラリーの目の前にある広場が、トラファルガー広場です。
歴史がある広場で、トラファルガーの海戦でのイギリスの勝利を記念して名づけられた、ロンドンの有名な広場です。
奥の高い柱は、ネルソン記念柱 (Nelson’s Column) です。この柱の立つ噴水の周りを飾っているライオンたちは、銀座三越のライオン像のモデルになったライオン像です。

London (33)

トラファルガー広場 Trafalgar Square
Trafalgar Square, Charing Cross, London WC2N 5DN, United Kingdom 地図

テートブリテン

Tate Britain (35)

ロンドンのもう一つの国立美術館は、イギリスアートのコレクションが集まる、テートブリテンです。テートブリテンでは、ターナーや、コンスタブルから、フランシス・ベーコン、デイヴィッド・ホックニーら、近現代アーティストまで、500年間に渡るイギリスの著名アーティストの作品の数々を見ることができます。こちらも常設展は入館無料。特別展は有料の美術館です。

テートブリテンの見どころ ターナーらイギリス美術巨匠の有名作品が勢揃い!

テートブリテン Tate Britain
Millbank, Westminster, London SW1P 4RG, United Kingdom 地図

テートモダン

Tate Modern London (14)

テートモダンは、テムズ川沿い南側にある、ロンドンの人気近現代美術館です。20世紀の巨匠、ピカソ、マティスをはじめ、著名近現代アーティストの作品の常設展に加え、様々な特別展も開催されています。特別展のみ有料です。最上階には、セントポール大聖堂やテムズ川の美しい景色を見渡せる展望スポットや、展望テラスバー、カフェ、レストランがあり、とても賑わっています。2000年に発電所をリノベーションして作られたミュージアムなので、とても巨大で、建物の作りもモダンで面白いです。

テートモダンの見どころ 楽しいロンドンの人気近現代美術館 Tate Modern

テートモダン Tate Modern
Bankside, London SE1 9TG, United Kingdom 地図

ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館は、ロンドンのナイツブリッジにある、ファッション、インテリア、彫刻、工芸など幅広い分野のデザインに関するミュージアムです。正面入口には、美しいチフーリのガラスのオブジェが輝いています。

London (5)

ローマにあったとされるトラヤヌスの記念柱のレプリカなど、スケールの大きな彫刻群も圧巻です。ヴィクトリア&アルバート博物館も入場料が無料で、デザイン好きにおすすめのミュージアムです。

London (6)

ヴィクトリア&アルバート博物館 Victoria and Albert Museum
Cromwell Rd, Knightsbridge, London SW7 2RL, United Kingdom 地図

自然史博物館

Natural History Museum London

ロンドンの自然史博物館は、ナイツブリッジのビクトリア&アルバート博物館のすぐ近くにある、壮麗なビクトリア様式の一際目立つ建物のミュージアムです。自然史博物館は、恐竜、宇宙、生命、動植物、進化論のダーウィンなど自然科学の多岐に渡る分野の展示がされており、自然科学好きにおすすめのミュージアムです。ロンドンの自然史博物館の建築と内装の豪華さに中へ入った瞬間感動しました。国立のミュージアムで、入館無料、特別展のみ料金がかかります。

ロンドン自然史博物館 見どころと回り方 迫力のビクトリア様式建築の歴史ある人気ミュージアム

ロンドン自然史博物館Natural History Museum
Cromwell Rd, South Kensington, London SW7 5BD, United Kingdom 地図

科学博物館

ロンドンの科学博物館は、自然史博物館の隣にある、科学や技術をテーマとしたミュージアムです。蒸気機関車から宇宙船まで様々な乗り物、数学、情報、生命など幅広い分野の科学に関する展示が行われています。入館無料で、特別展のみ料金がかかります。

London (4)

ロンドン科学博物館 Science Museum
Exhibition Rd, South Kensington, London SW7 2DD, United Kingdom 地図

ウェストミンスター宮殿 ビッグベン

ロンドンの象徴的な光景の一つが、イギリスの国会議事堂となっている、ウェストミンスター宮殿です。とても美しい建築です。

Big Bus London (23)

ウェストミンスター宮殿には、もうひとつ、とても有名なものがあります。知っている人も多いと思いますが「ビッグベン」(Big Ben) の愛称で知られている有名な時計台です。ビッグベンは、正式名称は、エリザベスタワー (Elizabeth Tower) といいます。実はこのビッグベン、2017年からずっと工事中で、2021年まで続く予定になっています。ロンドンの象徴的な存在のひとつなので、ロンドン観光の写真スポットとして、ビッグベンへやって来る人も多いと思いますが、写真の右側にあるのがビッグベンで、工事中は見えない状態になってしまっています。ウェストミンスター宮殿は、相変わらずの美しさなので、そちらを背景に写真を撮るのがおすすめです。

London (34)

ウェストミンスター宮殿 Palace of Westminster
ビッグベン Big Ben
Westminster, London SW1A 0AA, United Kingdom 地図

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院は、ウエストミンスター宮殿のお隣にある、世界遺産にもなっている、豪華なゴシック様式の教会です。戴冠式や冠婚葬祭などイギリス王室に関わる行事なども行われる格式ある教会です。キャサリン妃とウィリアム王子の結婚式もこのウェストミンスター寺院で行われました。

London (2)

歴代イギリス王家をはじめ、物理学者のニュートンやマクスウェル、作家のディケンズらイギリスの著名人のお墓もあります。イギリスでは、ミュージアムは、無料のものが多いですが、逆に、教会やイギリス王室系の観光スポットは有料のところが多いです。ウェストミンスター寺院の入場料は£21 です。

London (1)

ウェストミンスター寺院 Westminster Abbey
20 Deans Yd, Westminster, London SW1P 3PA, United Kingdom 地図

バッキンガム宮殿

ロンドンの大人気観光スポットである、バッキンガム宮殿は、エリザベス女王が住む宮殿で、イギリス王室の本拠地です。夏季以外の通常の平日は、エリザベス女王の住居兼オフィスとなっていて、迎賓館の役割も担っています。エリザベス女王が宮殿にいない夏の間、7月中旬から9月末頃までは、バッキンガム宮殿の内部を見学することができます。2020年は 7/18- 9/27 までの間に訪れることができ、チケットは、こちら から購入できます。ステートルーム (State Rooms) だけの見学が £26.50、ステートルームとロイヤルミュー (Royal Mews)、クイーンズギャラリー (Queen’s Gallery) の全てが見学できるチケットが £49.00 です。

London (40)

バッキンガム宮殿の見どころとして、最も人気があるのは、衛兵交代式です。
バッキンガム宮殿では、夏は毎日、冬は、月・水・金・日の午前11時から約45分間、近衛兵の交代式 (Changing the Guard) が行われています。たくさんの人が見に訪れる、大変人気のイベントで、見学は無料で楽しめます。冬に訪れたのでグレー色の制服を着た衛兵さんですが、夏に訪れると赤い制服の衛兵さんの行進が見られます。

London (41)

バッキンガム宮殿 Buckingham Palace
Westminster, London SW1A 1AA, United Kingdom 地図

クイーンズギャラリー

バッキンガム宮殿のピクチャーギャラリーは、夏季のみのオープンですが、宮殿の南側にある、クイーンズギャラリーは通年オープンしています。

London (42)

品があり美しい、豪華なインテリアのギャラリーでは、王室コレクションの作品の展示や期間限定の特別展が行われています。

London (18)

クイーンズギャラリー Queen’s Gallery
Buckingham Palace, London SW1A 1AA, United Kingdom 地図
入場料 £13.50

テムズ川

ロンドンの中心を流れている川、テムズ川では、お天気のいい日に、周辺を散策したり、フェリーに乗ってちょっとしたリバークルーズ気分を楽しんだりするのがおすすめです。川沿いの景色を見ながら乗るフェリーは最高でした。

London (38)

テムズ川周辺には、ロンドンのシンボルとなっているスポットが色々あります。一際目立つのは、こちら、ロンドンアイの景色です。夜は、ライトアップされ、また違った雰囲気になります。

London (36)

セントポール大聖堂

セントポール大聖堂は、ダイアナ妃とチャールズ皇太子が結婚式を挙げた教会です。テムズ川北側、テートモダンからミレニアムブリッジを渡った対岸にあります。1666年に起こったロンドンの大火後、17世紀後半、クリストファー・レン (Christopher Wren) のデザインにより、建設された巨大な豪華な教会で、20世紀中頃までは、ロンドンで最も高い建物でした。

Harry Potter London (4)

セントポール大聖堂の見どころは、美しい聖堂のある1階と、クリストファー・レンやネルソン提督をはじめ著名人のお墓がある地下のクリプト、そして、ドーム部分に上って楽しむロンドンの絶景です。

St. Paul’s Cathedral (1)

セントポール大聖堂 Cathedral of Saint Paul
St. Paul’s Churchyard, London EC4M 8AD, United Kingdom 地図
入場料:大人 £20 シニア・学生 £17.50 子供 £8.50 5歳以下 無料

ザ・シャード

ロンドンで、現在、最も高いビルは、ザ・シャード (The Shard) です。ザ・シャードは、著名建築家、レンゾ・ピアノによりデザインされ、遠くから見ても一目でわかるような、とても個性的な面白い形をしています。

London The Shard

ザ・シャードは、頂上階付近が、展望台になっていて、ロンドンの絶景が楽しめます。特に、夕焼けから夜景にかけての時間帯がとても美しくおすすめです。

The Shard London (21)

ザシャード ロンドン一の高層ビルの展望台からの絶景ビュー 夕焼けから夜景まで The Shard

The Shard
32 London Bridge St, London SE1 9SG, United Kingdom 地図

ロンドンアイ

ロンドンアイは、2000年にオープンした、テムズ川南岸にある、ロンドンの有名な大観覧車です。ゆっくりと30分かけて一周し、ロンドンの眺望が楽しめる人気アトラクションになっています。

London Eye

ロンドンアイ London Eye
Lambeth, London SE1 7PB, United Kingdom 地図
チケット・入場料:£30

スカイガーデン

ロンドンのもう一つの展望台が、スカイガーデンです。個性的な形状の高層ビルで上層階には、スカイガーデンと呼ばれる無料の展望スポットがあります。

London (3)

展望フロアからは、絶景が楽しめる他、カフェ、バー、レストラン、植物の緑溢れる公園のようなスペースなどもあり、ゆっくりとくつろぐことができます。

London (16)

スカイガーデンは、時間指定の事前予約が必要となります。予約は以下ホームページからできます。

スカイガーデン Sky Garden
20 Fenchurch St, London EC3M 8AF, United Kingdom 地図

ピカデリーサーカスとウエストエンド

ピカデリーサーカスは、巨大な電光掲示板があったり、大道芸人たちが集まっていたりとニューヨークのタイムズスクエアのような感じの賑やかなエリアです。

Harry Potter London (3)

ピカデリーサーカス周辺は、ウエストエンドと呼ばれるロンドンの劇場街で、以前、ニューヨークのブロードウェイでも上演されていた懐かしい、レミゼラブルや ABBA の曲がテーマとなった Mamma Mia! など様々なミュージカルが上演されています。

レミゼラブル ロンドンの人気ミュージカル鑑賞!最長上演記録を誇る名作 Les Misérables

Piccadilly Circus 地図

ハイドパークとケンジントン宮殿

ロンドン西部にある、ハイドパーク (Hyde Park) の西端には、イギリス王室の名所、ケンジントン宮殿 (Kensington Palace) があり、宮殿内を見学することができます。

London (24)

ケンジントン宮殿は、かつてビクトリア女王やダイアナ妃が暮らしていた場所で、豪華なインテリアの美しい部屋の数々が見学できる他、かつて宮殿で暮らしたイギリス王室の人々をテーマとした特別展も開催されています。

London (23)

Kensington Palace
Kensington Gardens, Kensington, London W8 4PX, United Kingdom 地図
入場料:大人 £17.50 子供 £8.70

ウォレスコレクション Wallace Collection

ウォレスコレクション (Wallace Collection) は、メリルボーンのマンチェスタースクエアにある、美しい人気の邸宅美術館です。こちらもロンドンの他の美術館同様、特別展以外は、無料で鑑賞できます。

London (51)

豪華な邸宅内では、絵画、彫刻、工芸品、家具、武器など様々な分野の歴史的な作品が展示されています。ルーベンス、アンソニー・ヴァン・ダイク、レンブラント、ヤン・ステーン、ムリリョ、ベラスケスら、17世紀から19世紀にかけて活躍した西洋絵画の巨匠たちの作品も展示されています。

London (52)

ウォレスコレクション Wallace Collection
Hertford House, Manchester Square, London W1U 3BN, United Kingdom 地図

ロンドン交通博物館

ロンドンの意外な可愛いミュージアムが、子供も大人も楽しめる、ロンドン交通博物館 (London Transport Museum) です。ロンドンの街の象徴でもある、赤いダブルデッカーバスやタクシー、デザインの展示など、ロンドンらしさが楽しめます。

London (45)

ロンドン交通博物館 London Transport Museum
Covent Garden, London WC2E 7BB, United Kingdom 地図

英国郵便博物館

ロンドンの郵便博物館は、ロイヤルメール (Royal Mail) として1516年まで遡ることができる、イギリスの郵便の歴史を学ぶことができるミュージアムです。普通にミュージアムだと思ってやってくると、意外な面白いアトラクションがありビックリすると思います。郵便博物館の別館の地下に、メールレール (Mail Rail) という、かつて使用されていた線路を走る、郵便配達列車があり、実際に乗車することができるのです。

London (30)

世界初の切手、ビクトリア女王をモチーフとしたペニーブラックや、エリザベス女王をモチーフとした切手など様々な歴史的な遺品も展示されています。

London (31)

英国郵便博物館 The Postal Museum
15-20 Phoenix Pl, London WC1X 0DA, United Kingdom 地図

Royal Mews

歴代イギリス王室が使用した馬車などが展示されているのが、ロイヤルミューズ (Royal Mews) です。

London (19)

さすがイギリス王室だと感動するようなとても豪華な黄金の馬車など、お洒落な馬車がたくさんあり、馬の用具など色々展示されています。馬車の博物館ですが、実際に可愛いお馬さんもいます。

London (20)

ロイヤルミューズ Royal Mews
Buckingham Palace Rd, Westminster, London SW1W 0QH, United Kingdom 地図

衛兵博物館 Guards Museum

ロンドンのバッキンガム宮殿の交代式などでお馴染みの近衛兵ですが、かつては、王直属部隊として大英帝国を支えた強力な軍隊でした。そんな近衛兵の歴史が紹介されているのが、近衛兵博物館 (Guards Museum) です。それぞれユニフォームが異なる近衛歩兵連隊 (Foot Guards) の各部隊などが紹介されています。

London (21)

お隣には、教会 (Guards Chapel) もあります。

London (22)

近衛兵博物館 Guards Museum
Wellington Barracks, Birdcage Walk, London SW1E 6HQ, United Kingdom 地図

近衛騎兵隊博物館 Household Cavalry Museum

近衛騎兵隊博物館 (Household Cavalry Museum) は、近衛騎兵隊 (Horse Guards) の博物館です。騎兵隊の本部の建物にある博物館で、乗馬姿の門番が印象的です。近衛騎兵隊の歴史などが紹介されている他、歴史ある馬小屋なども見学できます。

London (43)

近衛騎兵隊博物館 Household Cavalry Museum
Horse Guards Parade, Whitehall, London SW1A 2AX, United Kingdom 地図

帝国戦争博物館・チャーチルウォールーム・ベルファスト

帝国戦争博物館 (Imperial War Museum) は、テムズ川の南側、ウォータールー駅から徒歩10分程の場所にある、第一次世界大戦をテーマとしたミュージアムです。
この他、帝国戦争博物館のロケーションは、ロンドン内にもう2ヵ所あります。こちらは、ウエストミンスターにある、チャーチルウォールーム (Churchill War Rooms)で、第二次世界大戦中、チャーチルは、この地下基地から指揮をとったそうで、チャーチルに関する博物館になっています。

London (17)

テムズ川に停泊している、ベルファスト号 (HMS Belfast) も、帝国戦争博物館の一部で見学することができます。第二次世界大戦から20世紀中頃まで使用されたというイギリス海軍の小型戦艦です。

London (11)

シャーロック・ホームズのベーカー街

ロンドンの中心の北部、リージェントパークの南端には、コナンドイルの推理小説の主役、シャーロック・ホームズが住んでいた設定の街、ベーカー街があります。ベーカーストリート駅 (Baker Street tube station) を降りると、シャーロック・ホームズの像が出迎えてくれます。

Madame Tussauds London (17)

またシャーロックホームズゆかりの地である、ベーカー街には シャーロック・ホームズミュージアム もあります。

シャーロック・ホームズ ミュージアム The Sherlock Holmes Museum
221b Baker St, Marylebone, London NW1 6XE, United Kingdom 地図

マダムタッソー ロンドン

シャーロックホームズのベーカーストリート駅のすぐ近くには、精巧な蝋人形で知られる、マダムタッソーの本拠地もあります。シャーロック・ホームズ他、歴代イギリス王室などイギリス史上の有名人物やハリウッドスターと一緒に写真撮影も出来ます。

Madame Tussauds London (27)

マダムタッソーロンドン Madame Tussauds セレブがいっぱいの蝋人形ミュージアムへ

マダムタッソー ロンドン Madame Tussauds London
Marylebone Rd, Marylebone, London NW1 5LR, United Kingdom 地図

シェイクスピアグローブ Shakespeare’s Globe

世界中で知られるイギリスの文学・演劇作家と言えば、現在でも世界各地で上演が行われている、シェイクスピアです。ロンドンに、かつてあったシェイクスピア劇団の劇場、グローブシアター (Globe Thetre) を再現したシアター、シェイクスピアグローブ (Shakespeare’s Globe) があり、シェイクスピア作品の公演などが行われています。シェイクスピアファンは、コッツウォルズ地方の Stratford-upon-Avon にあるシェイクスピアの家まで足の伸ばしてみるのもいいと思います。

London (10)

シェイクスピアグローブ Shakespeare’s Globe
21 New Globe Walk, London SE1 9DT, United Kingdom 地図

チャールズ・ディケンズ博物館

シェイクスピア同様、イギリスの著名作家と言えば、19世紀に活躍し「クリスマスキャロル」などの名作で知られる、チャールズ・ディケンズ (Charles Dickens) です。ディケンズが暮らしたタウンハウスがミュージアムとなっていて、見学することができます。

London (28)

ディケンズミュージアムでは、ディケンズの紹介と共に、あまり見る機会のないロンドンの19世紀の一般家庭の生活を垣間見ることができます。

London (29)

チャールズ・ディケンズ博物館 Charles Dickens Museum
48-49 Doughty St, Holborn, London WC1N 2LX, United Kingdom 地図

サマセットハウス Somerset House

ウエストミンスターの東端、ウォータールーブリッジ近くのテムズ川沿い北岸にある巨大な宮殿が、Somerset House です。1775年頃に建設がはじまり、巨額の総工費をかけて建設された建物で、19世紀初頭に完成しました。現在は、公民館のような雰囲気で、コンテンポラリーアートの特別展などアート関連の展示やイベントが開催されています。

London (44)

サマセットハウス Somerset House
Strand, London WC2R 1LA, United Kingdom 地図

この他、City of London には、Museum of LondonBank of England Museum などロンドンの都市としての歴史に関する様々なミュージアムも色々あります。

プラットホーム 9 ¾ キングズクロス駅

Harry Potter London Platform King’s Cross Station (10)

ロンドンは、大人気ハリーポッターの映画シリーズにも数多く登場したロケ地としても有名な街です。例えば、一作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』から登場し、とても印象的だった、ホグワーツ特急に乗車するシーンは、キングスクロス駅の プラットホーム 9 ¾ (Platform 9 ¾) という設定でしたが、キングスクロス駅には、そんなハリーポッターの名シーンを再現した人気の写真撮影スポットがあります。

ロンドンでハリーポッターロケ地巡り!キングスクロス駅プラットフォーム 9 3/4

大英図書館 ブリティッシュライブラリー

キングズクロス駅まで来たら是非寄りたいのが、近くにある、大英図書館(ブリティッシュライブラリー)です。図書館というと、ネオクラシカルな建物を想像してしまいますが、こちらは、大英博物館から枝分かれし、1974年に誕生したモダンな建物の図書館です。

London (48)

館内は、ローカルのスタディスペースになっている他、マグナカルタやレオナルドダヴィンチのノートなど大英図書館の誇る貴重な書物の展示も行われています。

大英図書館 ブリティッシュライブラリー British Library
96 Euston Rd, London NW1 2DB, United Kingdom 地図

ハロッズ Harrods

London (27)

ロンドン旅行者にもお土産購入スポットとして人気のデパート、ハロッズ (Harrods) 。デパート内のインテリアデザインも見どころで、こんなエジプトの世界になっていたりします。

London (26)

ロンドンの有名高級デパートは、ハロッズ (Harrods)、セルフリッジズ (Selfridges)、フォートナム・メイソン (Fortnum & Mason) などあり、ロンドンの高級デパートのフードコーナー、デパ地下もとても充実しているので、お食事のテイクアウトにもおすすめです。

London (25)

ハロッズ Harrods
87-135 Brompton Rd, Knightsbridge, London SW1X 7XL, United Kingdom 地図

バラマーケット Borough Market

ロンドン一の人気グルメフードマーケットが、テムズ川の南岸、サザークにある、バラマーケット (Borough Market) です。

Harry Potter London (2)

パン、魚介類、肉類、チーズなど新鮮な食材の他、世界各国の様々な料理もその場で楽しめ、とても活気があります。安くて美味しいものいっぱいの外せないロンドンの台所です。

London (13)

バラマーケット Borough Market
8 Southwark St, London SE1 1TL, United Kingdom 地図

ロンドン パブ巡り

イギリスといえば、現在でもパブ文化が大切にされていて、美しい内装の歴史あるパブも多くあり、名物の美味しいエールビールが楽しめます。

ロンドンをはじめ、イギリスには、歴史的な存在の独特の雰囲気を醸し出しているパブが数多くあります。そんなパブの一つが、金融街にある Ye Olde Cheshire Cheese。店内では、昔の時代にタイムスリップしたような雰囲気が味わえます。

London (13)

イギリスの名物といえば、エールビールですが、そんなイギリスならではの伝統的なビールに加え、最新のクラフトビールまで品揃えが豊富な人気のパブ、The Harp があります。ロンドンでアメリカ風の IPA が恋しくなったらおすすめです。

London (14)

イギリスでは、パブは、会社帰りの社交の場となっていたり、おつまみなしでドリンクのみで楽しむ姿も多く見られますが、個人的には、やはりフィッシュ・アンド・チップスなど典型的なパブ料理と一緒に楽しむのが好きです。
かつては、あまり評判芳しくなかったロンドンのグルメですが、今では、世界各国料理のお店も増え、イギリス料理も進化していて、ロンドンに美味しいお店がたくさんあります。

London (8)

ロンドン郊外の見どころ

以下、ロンドンの中心から少し離れますが、周辺には、ウィンザー城、ハンプトンコートなどイギリス王室スポットや世界遺産となっている王立植物園、グリニッジ、世界4大テニス大会が開催されるウィンブルドンなども日帰りで足を伸ばすことができます。

London (47)

ロンドンは、無料のミュージアムだけでもとても見応えがありますが、その他、ロンドン塔、ウィンザー城などイギリス王室系スポット、ウエストミンスター寺院、セントポール大聖堂など歴史的な教会、ダブルデッカー観光バスなど様々な観光スポットも楽しんでみたい人は、お得なロンドンパスを利用してみるのもおすすめです。

ロンドンパス London Pass おすすめ観光パスのお得な利用方法徹底紹介!

さらにロンドンから小旅行で、コッツウォルズ、オックスフォード、ケンブリッジ、ストーンヘンジ、バース、ソールズベリー、ブライトン、Seven Sisters、カンタベリーなどイングランド地方の人気スポットを巡ってみるのもおすすめです。

ロンドンを訪れるときは、ヨーロッパ周辺の街と組み合わせて旅行するのも楽しいです。アイスランドを組み合わせましたが、パリ観光 と組み合わせるのも一押しです!

ロンドン&アイスランドの旅 ニューヨークから行ってきました!

ロンドン観光おすすめ人気スポット ミュージアム イギリス王室スポット こんなにあった国際都市の楽しい見どころ徹底紹介! was last modified: 1月 11th, 2020 by mikissh