Niagara Falls (1)

ナイアガラの滝観光!アメリカとカナダのおすすめ絶景ビュースポットを満喫してきました

Niagara Falls (1)

ニューヨークシティからの旅行先としても定番となっている人気観光地のナイアガラの滝へ久しぶりに行ってきました!ナイアガラの滝はアメリカとカナダのちょうど国境にあり、それぞれ違ったビューやアトラクションを楽しむことができるようになっています。今回はそんなニューヨークとカナダ両側からナイアガラの滝を楽しんできました。ナイアガラの滝は何度か訪れていますが、これまでは短時間の滞在だったこともあり見逃している場所がたくさんありました。今回はナイアガラでゆっくりと時間を取ることができたため、様々な角度からのビューや見どころスポットを巡ることができ、あらためて大自然の驚異が実感でき、大満喫の旅となりました。

ナイアガラの滝とは

ナイアガラの滝は、南米のイグアスの滝、アフリカのビクトリアの滝と共に世界3大瀑布の一つにも挙げられるアメリカ、カナダの国境、5大湖地方にある巨大な滝です。熱帯雨林エリアにあるイグアスの滝、ビクトリアの滝と比べて、ナイアガラの滝は、水の透明度も高く、清涼感のある美しい滝となっています。ナイアガラの滝は、エリー湖からオンタリオ湖へと流れるナイアガラ川の途中にあります。

great-lakes

ナイアガラの滝は、3つの滝からなり、一番大きいのがアメリカとカナダの間にあるホースシューフォールズ (Horseshoe Falls)、アメリカ側には、アメリカンフォールズ (American Falls)、そして一番小さなブライダルベールフォールズ (Bridal veil Falls) です。19世紀初頭から観光地として有名な場所で、当時人気のハネムーン先だったそうです。そんな長い観光地としての歴史からか、特に、カナダ側の街並みは商業的な “The 観光地” な雰囲気となってしまっていますが、その滝の美しさは時代を超えて変わりません。

ナイアガラの滝への行き方

車では、ニューヨークからは6-7時間、カナダのトロントからは、1時間30分から2時間程度かかります。飛行機利用の場合は、通常、空港は、バッファロー・ナイアガラ国際空港 (Buffalo Niagara International Airport) となり、そこからナイアガラの滝まで車で30分程度かかります。フロリダなど一部の空港からは、より近い Niagara Falls International Airport へのフライトが出ています。

NYC to Niagara

ナイアガラの滝周辺の地図

カナダ側のナイアガラの滝の魅力は、3つの滝の全景と、一番大きなホースシューフォールズの滝を正面から見渡せることです。
一方、アメリカ側の魅力は、それぞれの滝の真横や真下など滝に接近して、色々な角度から眺めることができる所です。
滝は右から順に、1番巨大なホースシューフォールズ、アメリカ側には二つ滝があり、小さいのがブライダルベールフォールズ、その左がアメリカンフォールズです。

niagara-falls-map
(visitniagarafallsusa.com)

ナイアガラのハイライト

ケーブオブザウィンドで滝の真下へ接近!

Cave of the Winds (12)

今回是非行ってみたいと思っていたのが、アメリカ側にある、ケーブオブザウィンド (Cave of the Wind) でした。ニューヨーク側の、ホースシュー滝とアメリカ側の滝の間に位置するゴートアイランド (Goat Island)に、ケーブオブザウィンド(風の洞窟)があります。ちなみに、ゴートアイランドと言う名称は、かつてのこの島の所有者が飼っていたヤギに由来するもので、現在、ヤギがいるわけではありません。
ニューヨーク側の滝の真下に行くことができ、ナイアガラの滝の突風を肌で感じることができる、なかなか経験できることができない、期待以上におもしろい場所でした。ニューヨーク側のナイアガラの見どころの中で一番のハイライトです。

Cave of the Winds (2)

目の前でナイアガラの滝の水が勢いよく流れていくのを見ることができるのはもちろん、爆風の中、水しぶきを前後左右上下と体全身で受け止めることになるマイナスイオン120パーセントの体験です。子供から大人までみんなでキャーキャー楽しめるエキサイティングなアトラクションです。
ケーブオブザウィンド(風の洞窟)は、超大人気スポットなので、お昼頃になるとすごい行列になります。朝一番に訪れるのがおすすめです。

ナイアガラの滝人気観光スポット ケーブ・オブ・ザ・ウィンド 風の洞窟で滝の威力を体感!

ナイアガラの滝 花火&イルミネーション

Niagara Falls Hornblower Fireworks (1)

夜のナイアガラの滝も夜景がとても美しくなります。ナイアガラの滝はライトアップされ、平日夜10時からは花火も打ち上げられます。
そんな夜のナイアガラの滝を楽しむのにおすすめなのが花火クルーズです。ホーンブローワー (Hornblower) の花火&イルミネーションクルーズに参加しましたが、大満足でした。
夏休み真っ盛りということで、花火のクルーズ船は大人気で同時に2隻も出ていました。クルーズに乗り込むと、まずは美しくライトアップされた滝を眺めながら、滝に接近していき、昼間と同様のクルーズとなります。そして花火の打ち上げ直前には絶好のロケーションにスタンバイし、花火をベストスポットから楽しむことができます。

今回の旅で滞在したニューヨーク側のホテルの部屋からも美しい花火を鑑賞することができました。

NYナイアガラでリゾートホテルを大満喫! セネカナイアガラリゾート&カジノ Seneca Niagara Resort & Casino

ナイアガラの滝クルーズ

Niagara Falls (14)

夜の花火クルーズだけでなく、お昼間の滝クルーズも楽しんできました。ナイアガラを訪れたら、この滝の遊覧船クルーズだけは楽しんで行く人が多いと思います。カナダ側のクルーズはホーンブローワー (Hornblower)。ニューヨーク側のクルーズは、霧の乙女号(メイド オブ ザ ミスト Maid of the Mist)です。それぞれ川を挟んだ対岸から出発となり、コースは全く同じです。繁忙期でしたが、たくさん本数の船が出ているので待ち時間はそれほどありませんでした。

Niagara Falls (1)

ナイアガラの滝が勢いよく流れている中、クルーズはどんどん滝へと近づいていきます。その時、水しぶきと霧で目の前が真っ白になりますが楽しい体験です。

Niagara Falls Canada (10)

こちらは赤いポンチョが目印となっているカナダ側からのクルーズの様子です。イルミネーションと花火を見ることができる夜のクルーズはカナダ側からのみとなっています。

ナイアガラの滝絶景クルーズ ホーンブロワー Hornblower Niagara Cruise

ニューヨーク側からは、青いポンチョの霧の乙女号(メイド オブ ザ ミスト Maid of the Mist)が出ています。

豪快な滝鑑賞スポット テラピンポイント

Niagara Falls NY (8)

ゴートアイランドのホースシューフォールズ側の絶景ポイントはテラピンポイント (Terrapin Point) と呼ばれています。豪快なホースシューフォールズの様子を間近で眺めることができます。

Niagara Falls NY (6)

滝に囲まれた絶景スポット ルナアイランド

Niagara Falls NY (17)

ゴートアイランドからアメリカ側の滝の方面に歩いて渡ることができるのがルナアイランド(Luna Island)です。アメリカ側の二つの滝、アメリカンフォールズとブライダルベールフォールズの間にある島で、滝の落下していく様子、眼下にはケーブオブザウィンドを見ることができます。

アメリカ側のベスト滝鑑賞スポット プロスペクトポイント

Niagara Falls Observation Tower (9)

アメリカンフォールズ側で、斜めからの角度ですが、3つの滝全てを見渡せる展望スポットです。花火やイルミネーションスポットとしてもおすすめ。

ナイアガラの滝展望台(Niagara Falls Observation Tower)

Niagara Falls Rainbow Bridge (7)

昼間は、霧の乙女号(メイドオブザミスト)乗場への入口及び有料展望台となっていますが、夜間は無料で開放されていて、花火やイルミネーションを見るのにおすすめの場所です。

この他、ニューヨーク州側の観光スポットに関して、こちらで詳しく紹介しています。

ナイアガラの滝観光アメリカ・NY側人気スポット&観光パス徹底紹介

ナイアガラパークウェイ

Niagara Falls Canada (14)

カナダ側の川沿いの道からは、巨大なホースシューフォールズが正面に見えます。

カナダの絶景タワー スカイロンタワー

Niagara Falls Canada (12)

カナダ側の大きな滝、ホースシューフォールズをはじめ、アメリカ側の滝も含めてすべての滝を一度に上から見下ろすことができるスポットが、カナダ側にある象徴的なタワー、スカイロンタワーです。展望台だけでなく、ナイアガラの滝の景色が見られるレストランもあります。

こちらは、以前訪れた時のものですが、こんな角度で滝を眺めることができます。

skylon-tower-view

カナダ側の滝の真横からの絶景 Table Rock Welcome Centre

table-rock-niagara-falls

カナダ側のビジターセンターとなっている Table Rock Welcome Centre はホースシューフォールズの真横にあり、迫力のある滝の絶景を楽しむことができます。

ナイアガラの滝の裏側へ!Journey Behind the Falls

Journey Behind the Falls

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ (Journey Behind the Falls) は、ホースショアフォールズのカナダ側の滝に接近し、滝の裏からの様子も見られます。

journey-behind-the-falls

レインボーブリッジで歩いて国境を渡る

Niagara Falls NY (11)

ナイアガラはニューヨークとカナダのちょうど間にあり、その間をレインボーブリッジが結んでいます。そこに入国管理所があり、橋を渡って簡単にお隣の国へ入国できます。ナイアガラを訪れる旅行者の中には、やはりニューヨーク側とカナダ側と両方のナイアガラを楽しむために、このレインボーブリッジをとことこ渡って日帰りで遊びに行く人も多いです。入国審査はもちろん本格的でパスポートを見せて、入国理由、滞在期間を伝えます。24時間オープンしています。

実はこのレインボーブリッジ、ナイアガラの滝の絶景スポットでもあり、橋からの景色も素晴らしいです。ニューヨーク側の滝と奥のカナダ側の滝と両方の滝を見渡すことができます。花火も良く見えるロケーションです。
レインボーブリッジの徒歩での出入国の様子はこちらをどうぞ。

ナイアガラの滝 国境の渡り方 レインボーブリッジを歩いてアメリカとカナダの国境を越える!

Niagara Hotel Banner

ニューヨーク旅行の際に、ナイアガラの滝へ足を延ばす旅行者も多いです。日本語ツアーの日帰りツアー、または、1泊2日のツアーなどもあります。(トリップアドバイザー系列の旅行会社 Viator より)

今回の旅のナイアガラの滝のハイライト動画もお楽しみください。

ナイアガラの滝観光!アメリカとカナダのおすすめ絶景ビュースポットを満喫してきました was last modified: 9月 11th, 2017 by mikissh