Brooklyn Bridge (1)

ブルックリンブリッジを歩いて渡る 観光おすすめ半日プラン

Brooklyn Bridge (1)

ニューヨークならではの有名写真スポットといったら、ブルックリンブリッジ!19世紀後半に完成した歴史あるブルックリンブリッジは、現在でも、毎日、多くの人で賑わっています。観光客もいっぱいなのですが、ローカルも通勤やランニングなど日常生活の一部で利用している橋でもあり、ニューヨーカーたちの日常を垣間見ることができます。
ブルックリンブリッジは遠くから見ても美しい橋ですが、歩いて渡ってみるとより楽しめます。ブルックリンブリッジを歩いて渡ると大体30分程かかりますが、橋の上からのニューヨークの景色を楽しみながらのお散歩となるので、それほど時間を感じさせません。マンハッタンからブルックリン側に渡ると、ブルックリンブリッジパークやダンボなどマンハッタンの絶景を楽しめるおすすめスポットも色々あります。今日はそんな人気のブルックリンブリッジを歩いて渡る方法と、ブルックリンのおすすめスポットを訪れる、おすすめ観光半日プランを紹介したいと思います。



ブルックリンブリッジの行き方

ブルックリンブリッジへの行き方は、マンハッタン側での地下鉄の最寄駅、グリーンの4,5,6番線の駅 Brooklyn Bridge City Hall から行きます。駅を出たら、目の前の道路を渡ったところにブルックリンブリッジの入り口があります。橋に着いたら、そのまままっすぐ川を超えてブルックリン方面へと向かいます。

BrooklynBridgeWalkingMap

ブルックリンブリッジを歩いていくとき、歩行者道と自転車道とはっきりわかれています。自転車は普通に飛ばして走ってくるので気を付けてください。

また、ブルックリン側のブルックリンブリッジのラストスパートのところも注意が必要です。最後、歩行者の道と自転車の道が分かれます。歩行者の道をそのまま行くと、階段を下りて、ブルックリンに到着となります。

Brooklyn Bridge (9)

橋を最後まで渡り、ブルックリンのダンボで遊び、マンハッタンへ帰ってくる方法はいくつかあります。
① ブルックリン側のブルックリンブリッジからの最寄り ブルーのA,C 線の駅 High Street から地下鉄に乗る。
② ブルックリン側のブルックリンブリッジからの最寄り オレンジのF線の駅、York Street から地下鉄に乗る。
③ イーストリバー沿い フルトンランディング (Fulton Landing) のフェリー乗り場 (Brooklyn Bridge Park/DUMBO) からフェリーに乗る。(East River Ferry は、平日は4ドル、週末は6ドル 大体30分に1本くらいの頻度です)
④ 再び歩いてブルックリンブリッジを渡り、夜景を楽しみながら帰ってくる。

ブルックリンブリッジから見える景色

Brooklyn Bridge (10)

それでは、ブルックリンブリッジを歩きながらどんな景色が楽しめるのか以下紹介します。

ロウアーマンハッタンのビル群

Brooklyn Bridge (8)

お昼間に通るとこんな感じ。

Brooklyn Bridge (11)

夜の雰囲気も素敵です。

Brooklyn Bridge (7)

ワンワールドトレードセンター

Brooklyn Bridge (4)

ロウアーマンハッタンのビル群の景色と合わせて、ワンワールドトレードセンターも見えます。

ワンワールド展望台 ワールドトレードセンター観光大特集

エンパイアステートビルディング

Brooklyn Bridge (3)

毎日変化するエンパイアステートビルディングのライトアップが見えます。

エンパイアステートビル 展望台 ニューヨークの絶景夜景と日替わりのライトアップ

ブルックリンブリッジを彩る鍵とアート

ブルックリンブリッジも、世界中のロマンチックな観光スポットで見かける”Love Lock”の名所となっています。ニューヨーク市は推奨しておらず定期的に撤去しているのですが、前回、通りかかった時、撤去作業が行われていたのですが、もうこんなに多くの鍵が並んでいます。

snow nyc (9)

新たに今回見つけたのはこちら、カラフルなイヤホンが並ぶアート。

Brooklyn Bridge (12)

次回訪れたときは、何を見ることができるでしょうか。

美しい冬のブルックリンブリッジの光景

snow nyc (6)

冬の雪の日のブルックリンブリッジはこんな風に大変身。雪の日もチャンスと思って遊びに行くのにおすすめです。雪のかかったブルックリンブリッジの光景も絵になります。

ブルックリンブリッジ NY 美しい雪景色

年越しのカウントダウンにもたくさんの人が集まってきます

ブルックリンブリッジは、ニューヨークの年越しのカウントダウンの場所としても人気の場所となっています。

ブルックリンブリッジからHappy New Year!

ブルックリン・ダンボの名所めぐり

DumboArt (13)

ブルックリンブリッジの橋の上のお散歩を30分ほどし、橋を渡り終えたら、ブルックリンに降り立ち、左側へと進みます。そこからは、ダンボ DUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)というエリアの散策になります。ニューヨークの綺麗な景色が見られるスポットでもあり、石畳の道がいい味を出すとてもブルックリンらしいエリアです。川沿いにはメリーゴーランド、そしてインテリア、ファッション、雑貨、スイーツなどのお店もたくさんできています。

AroundBrooklynBridge

ブルックリン ダンボ (Dumbo) の最新スポットはこちら!おすすめの絶景スポットでもあります。

ブルックリン・ダンボの新絶景ショッピングスポット エンパイアストアズ Empire Stores

有名ピザ屋さん

Julianas (4)

いつも大行列の有名なピザ屋さんもあります。グリマルディピザ (Grimaldi’s)、ジュリアナズピザ (Juliana’s)、そして、そのお隣にはニューヨークの有名ハンバーガー店、シェイクシャック (Shake Shack) も並び、迷ってしまうほどのグルメ通りとなっています。

ブルックリンの大行列ピザ屋 元祖ニューヨークピザ食べ比べ

美しい景色を見ながらアイスクリーム

brooklynicecreamfactory (1)

老舗のアイスクリーム屋、ブルックリンアイスクリームファクトリー (Brooklyn Icecream Factory) もおすすめの立ち寄りスポットです。近くには美しい夜景のレストランとして有名な素敵なロマンティックディナーができるレストラン、リバーカフェ (The River Cafe) があり、そこでは、オリジナルのブルックリンブリッジを模したチョコレートケーキのデザートがあります。

ブルックリン アイスクリーム ファクトリー とろけるクリーミーアイスクリーム!ブルックリンブリッジの下で摩天楼を眺めながら

美しい景色スポット フルトンランディング

Brooklyn Bridge (6)

フルトンランディング (Fulton Landing) は、マンハッタンの美しいビューが見られる最高のスポットです。そばには有名ロマンティックレストランのリバーカフェや、絶品アイスクリームの店、有名ピザ店やロブスターロール屋さん、ハンバーガー屋さんなどもあります。ここからマンハッタンへ渡るフェリーも出ています。

ブルックリンブリッジパーク

DumboArt (5)

ブルックリンブリッジを渡ったブルックリン側の川沿いには、ブルックリンブリッジパークがあり、パーク内にはメリーゴーランドもあります。ニューヨークの公園では様々なイベントが開催されるのですが、先日このパークでも METオペラのサマーイベントも行われました。

ブルックリンブリッジパーク メトロポリタンオペラのサマーイベント コンサート

アートのフェスティバルなどのイベントもよく行われる場所となっています。

ブルックリン「ダンボアートフェスティバル」で今時のアートを楽しむ

スイーツのお店も色々

One Girl Cookies
(One Girl Cookies)

お散歩途中の休憩には、とってもかわいいインテリアのワンガール・クッキー (One Girl Cookies) のカフェや、チョコレートの有名店、ジャックトレス チョコレート (Jacques Torres Chocolate) もあります。

ニューヨークのおみやげ!ジャックトレスチョコレート Jacques Torres Chocolate

雑貨屋さん巡り

West Elm (4)

このダンボエリアにはいくつかおしゃれなお店がありますが、代表的なものを数点だけピックアップしておきます。ぶらぶらとお散歩をして、気に入ったお店に立ち寄ってみましょう。

1つ目は、ウエストエルム・マーケット (West Elm Market) です。通常の家具が中心のウエストエルムよりも雑貨に力を入れたおしゃれなお店になっています。

ウエストエルム ニューヨークのおしゃれで素敵なインテリアショップ

2つ目は、パワーハウス (POWERHOUSE) という本屋さんです。最近移転して新しいロケーションになりました (MAP)。

ブルックリンのダンボ (DUMBO) は、お散歩して、色々なお店やアート展をのぞいてみたり、公園から景色をぼーっと見て休んだりと、のんびり気ままに楽しむ感じの場所です。
ブルックリンブリッジを歩いて渡る時間(片道30分)+ 食事の時間 + お散歩タイム(数時間)= 半日あれば十分楽しめます。
時間がない場合の必勝法は、ブルックリンブリッジを歩いて渡って来て、フルトンランディングのところから景色を見て、フェリーまたは地下鉄で帰れば、最短1時間で済ませることもできます。

ブルックリンブリッジの歴史

Painters_Brooklyn_Bridge1914
(Wikipedia)

ブルックリンブリッジを渡るときには、ブルックリンブリッジの歴史も感じながら歩いてみると、より楽しめるかもしれません。ということで、ブルックリンブリッジにまつわる驚きの歴史も一緒にご紹介します。

19世紀後半に完成したブルックリンブリッジは、当時の最先端技術を駆使して造られた歴史的にも貴重な橋です。当時は別々の都市だったニューヨークとブルックリンを結ぶために作られた橋で、1869年から建設が始まり、14年間もの歳月を経て、1883年に完成しました。建設中は、橋の建築家だったJohn A. Roeblingさんが早々に亡くなったり、様々な事故で20名以上もの人が亡くなったりと大変なプロジェクトとなったようです。
それ以前は、ニューヨークとブルックリンを結ぶ交通手段はフェリーのみでした。寒い冬の日はイーストリバーが凍りつくこともあり、交通網が完全に麻痺してしまうこともありました。建設のきっかけとなったのは1867年の厳冬、川が凍り付いても移動手段が確保される橋の存在の必要性を多くの人が認識したことでした。そこから、民間主導でブルックリンブリッジ建設のプロジェクトがスタートします。ところがそんなブルックリンブリッジのプロジェクトの裏側では政治的汚職が起こっていたことがのちほど明るみに出ます。ブルックリンには多くの著名人も眠る巨大で豪華なグリーンウッドセメタリーという墓地があります。そんな巨大墓地の中でも一際存在感のある、ボス、こと William Tweed さんは、当時のニューヨークで政治的力を持っていた人で、このブルックリンブリッジ建設にも大きくかかわり、プロジェクト始動の裏側ではボスへの賄賂、完成後の経済的利益の約束などがされていたようです。ボスはブルックリンブリッジの完成前に汚職が明るみに出て、捕まってしまいます。そんな汚職発覚の経緯からか、ニューヨーク市交通局がこのブルックリンブリッジを管理するようになっています。

ニューヨーク ブルックリンの知られざる観光地?!グリーンウッド

現在、世界で最長のつり橋は日本の明石海峡大橋ですが、ブルックリンブリッジ完成時は、このブルックリンブリッジが世界最長の橋でした。1883年5月24日のオープン時には花火も上がり盛大に祝われたようです。

Brooklyn_Bridge_Opening_Night
(Wikipedia)

オープン後もまたまた事件に見舞われます。なんと、橋でつまずいた女性の叫び声をきっかけに、橋が壊れる!!と慌てふためいた群衆たちが一斉に橋の上から逃げようとしたスタンピード事件が起こったのです。この事件では12名もの人が死亡するという悲劇な結果となりました。
そんな事件が起こった後、ブルックリンブリッジが壊れるという噂を払拭するためにおもしろいパフォーマンスが行われます。なんと、ブルックリンブリッジの上を21頭もの巨大ゾウを一斉に渡らせたのです。こんなに重いゾウたちが歩いても大丈夫!ということで人々を安心させたそうです。
ブルックリンブリッジは、イーストリバーが凍り付いた極寒の冬をきっかけに生まれました。その裏では賄賂が取引され、プロジェクトが始動したという事実もありますが、それでも立ち消えになることもなく、ブルックリンブリッジは画期的な技術を用い完成に至ったのです。ブルックリンブリッジが現在まで、少しづつ修復しながらではありますが、世界最古のつり橋として現在でもしっかりと使われ続けていることに感動します。

ブルックリンブリッジは当時の一大建築プロジェクトでした。新しい技術やアイディアが使われ、はじめての記録だらけとなったブルックリンブリッジについては、こちらをご覧ください。

ブルックリンブリッジは人が歩くためだけの橋ではありません。歩道の下には、車道が通っています。
かつては歩道の横をトロリー電車が走っていたそうです。また、現在は使用されておらず、入ることができませんが、橋の下にはワインセラー用の部屋があったり、冷戦時のシェルターなども造られていたようです。

Brooklyn Bridge (2)

ブルックリンブリッジはまたこれから少しづつ変わっていこうとしています。こちらの記事にあるように、交通量が飛躍的に多くなってしまったブルックリンブリッジの今の現状における危険性から、ニューヨーク市交通局はブルックリンブリッジの歩行者用スペースの拡張を現在考えているようです。

BrooklynBridgePotentialExpansion
(NYC DOT)

ブルックリンブリッジを歩いて渡る 観光おすすめ半日プラン was last modified: 9月 29th, 2017 by mikissh