Allbirds (1)

Allbirds 世界一快適なシューズ オールバーズがニューヨークSOHOにオープン!

Allbirds (1)

ニューヨークのソーホーにあの話題のシューズ、オールバーズ (Allbirds) のお店が登場しました!オールバーズのシューズは、環境に優しいエコ素材を用いて開発されていて、最近アメリカで人気となっている、軽くて裸足で履けて、しかも洗えるスニーカー。「世界一快適なシューズ」と呼ばれることもある今注目のシューズブランドです。

Allbirds (4)



オールバーズは、サンフランシスコベースで、エコへの関心が高いアメリカ西海岸、シリコンバレーで爆発的な人気の靴として広まっています。そんなオールバーズのニューヨークで初となるお店が、ソーホーに登場しました。早速、大賑わいとなっていました。

Allbirds (10)

ランニング用のシューズ以外にも、街歩き用の Skippers、屋内用シューズの Loungers、などいくつかのタイプがあります。

Allbirds (14)

シリコンバレーのテックの人々に人気になったオールバーズですが、実際にお店でシューズを見てみて納得してしまいました。柔らかい羊毛の素材の良さと履き心地の良さ、そして、ロゴすらないシンプルなデザインがツボな感じです。一律95ドルで、100ドルを超えない、高すぎず、安すぎないバランスのいい価格となっています。

Allbirds (16)

シューズの素材は、羊毛の他、木、サトウキビな自然な素材が中心となっています。紐の部分のみリサイクルしたプラスチックボトルが使用されています。そんな素材の工夫のされ方もギークにとっては、魅力的な点かもしれません。特に、アメリカ西海岸では、環境保護に関心が高くなていますが、そんな人々も納得させるエコフレンドリーなデザインとなっています。

Allbirds (3)

シリコンバレーで人気とあり、主に男性のファンが多いのかと思っていたのですが、たまたま訪れたタイミングでは、女性客が沢山店内にいました。シンプルなデザイン靴ということで、男性用も女性用も子供用も全部揃っていて男女ともに人気になっています。

Allbirds (6)

オールバーズの靴は、ニュージーランドのウールが使われています。

Allbirds (8)

今年の夏登場したばかりのオールバーズの新商品は、フリップフロップ (Flip-Flops) です。いわゆるビーチサンダルですが、実はこれ、サトウキビから出来ているそうです。こちらも35ドルとバランスのいい値段帯です。

Allbirds (9)

サトウキビをどうやって素材として使っているかなどの説明もされています。

Allbirds (5)

オールバーズのシューズを買うとこれらの靴ひもを無料でもらえます。実はこの靴ひも、プラスチックボトルをリサイクルして作られたエコな靴ひもです。

Allbirds (11)

オールバーズの創業者の一人、Tim Brown さんは、ニュージーランド出身で、サッカーの元ニュージーランド代表のキャプテンを務めた人です。もともとは、ニュージーランドの名産の羊毛を使用し、スニーカーを作るというプロジェクトから誕生し、バイオテクノロジー、再生素材のエンジニアだった Joey Zwillinger さんと組み、エコフレンドリーな快適さを特徴とする新シューズブランドとして、オールバーズはVCからも出資を受け、急成長しています。
こちらの映像では、そんな創業者の2人が、ブランドを紹介しています。

現在、サンフランシスコとニューヨークに店舗があり、今後、さらに全米中に店舗を増やしていく予定のようです。

オールバーズ Allbirds
73 Spring St, New York, NY 10012 地図
営業時間 毎日10AM-8PM

Allbirds 世界一快適なシューズ オールバーズがニューヨークSOHOにオープン! was last modified: 9月 15th, 2018 by mikissh