Daniel Arsham (16)

ニューヨークで今話題のダニエルアーシャム個展 ロウアーイーストサイドのギャラリー ペロタンニューヨークにて開催中

Daniel Arsham (16)

ニューヨークのロウアーイーストサイド (LES) のアートギャラリー、ペロタンニューヨーク (PERROTIN NEW YORK) では、ニューヨークを拠点に活躍するアーティスト、ダニエル・アーシャム (Daniel Arsham) さんの個展が開催されています。Daniel Arsham さんは、個性的な人気スニーカーのお店、KITH の店舗デザインなどで知られる、デザインファーム、Snarkitecture の創業者の一人で、Addidas、Dior など著名ブランドや著名人とのコラボでも知られ、ファンの多いアーティストで、今回の展示には、ピカチュウをはじめ、ポケモンのキャラクターまで登場し、普通のギャラリーとはまた違ったタイプのお客さんを多く惹きつけ、最近のギャラリーでは、なかなか見られない程の賑わいぶりとなっていました。Daniel Arsham さんのアートは、面白い素材を使用し、未来的なファンタジーのような独特な世界観をシンプルな美的感覚で表現した作品が多く、ギャラリー全体の3フロアに渡って展示されています。

Daniel Arsham (17)



ニューヨークのロウアーイーストサイド (LES) は、新しいエセックスマーケットやトレジョがオープンし、新築のアパートも増え、とても活気が出て来ているエリアで、近年、アートギャラリーも増えています。

Lower East Side

そんなロウアーイーストサイドをお散歩中、目についたのが、ウィズコロナの今、寒い冬日にも関わらず、大変な賑わいを見せていたのが、面白い雰囲気のアートギャラリーです。こちらは、パリ発のギャラリー、ペロタンニューヨーク (PERROTIN NEW YORK) です。パリ、ニューヨークの他、東京、香港、上海、ソウルなどアジアに展開している国際的なギャラリーです。

Daniel Arsham (2)

ニューヨークのアートギャラリーは、特別話題のアーティストなど例外を除けば、通常時でも、それほど人は多くはありません。それが、PERROTIN NEW YORK のギャラリーが、かなりの盛況で人がたくさん集まっていたので、気になって、思わず引き込まれてしまいました。

Daniel Arsham (1)

ロビーの前では、キラキラ光る石が埋め込まれた珍しい彫刻が飾られていて、何があるんだろうと興味を惹かれます。

Daniel Arsham (25)

ペロタンニューヨーク (PERROTIN NEW YORK) は、3フロアに渡ってギャラリーがあります。展示は、階段を上って、3階からスタートします。ギャラリーへと向かい途中の廊下で、最初に出迎えてくれた作品は、なんとポケモンカードの石板です。

Daniel Arsham (12)

こちらは、ピカチュウとトレーナーの銅像。

Daniel Arsham (10)

そして、ギャラリー内に入ってくると、とても盛り上がっていました。

Daniel Arsham (13)



ペロタンニューヨーク (PERROTIN NEW YORK) で、現在、開催されているのは、ニューヨークを拠点に活動する、アメリカ人アーティスト、Time Dilation と題された、ダニエル・アーシャム (Daniel Arsham) さんの個展です。様々な絵画と彫刻が展示されていますが、西洋美術的なモチーフをファンタジー風に描き、どこか未来的でありながら、ノスタルジーが感じられる面白い作品がたくさん並んでいます。

Daniel Arsham (14)

そんな西洋美術の典型的なモチーフの作品と一緒に登場しているのが、なんとポケモンのキャラクターです。ヤドン (Slowpoke)、ゲンガー (Gengar) など様々なキャラが登場します。

Daniel Arsham (11)

ダニエル・アーシャム (Daniel Arsham) さんの作品は、普通の彫刻ではなく、部分的に朽ち果てた感じの独特の作風になっています。彫刻の崩れかけている部分に、うまく石の結晶のようなキラキラしたものが埋め込まれています。面白い素材の組み合わせでできています。

Daniel Arsham (24)

2階は、少し雰囲気が変わって、パステルカラーの綺麗な色の世界になっています。樹脂とLEDライトの作品で、テーマは、サブカルチャーです。ミッキーをはじめ、馴染みのキャラクターや、マガジン、カメラなどみんながよく知っている身近なものが描かれています。

Daniel Arsham (19)

New Yorker、New York Times、Vogue などお馴染みのメディアも登場しています。

Daniel Arsham (18)

最後は、1階のギャラリーです。1階は、3階と同じコンセプトの絵画と彫刻が展示されています。やって来ている人々は、少し通常のアートギャラリーで見かける人たちとは違った雰囲気です。その秘密は、ポケモンや、様々なコラボなどで活躍しているアーティスト自身のファンたちが多いことにあるようです。

Daniel Arsham (5)

実は、ダニエル・アーシャム (Daniel Arsham) さんは、2020年に、東京にも進出した、ニューヨーク発の人気スニーカーショップ、KITH の店舗をデザインしてる Snarkitecture の創業者の一人で、店内にずらりと並べられているスニーカー像などアート作品と共通の雰囲気が感じられます。ダニエル・アルシャムさんは、店舗デザインだけでなく、アディダスとのスニーカーやディオールとのファッションなど様々な著名ブランドともコラボしていて、小さい頃からポケモンファンだったこともあり、The Pokémon Company とのコラボで、ポケモン作品も制作し、今回の展示にも登場しています。

KITH ニューヨークでスニーカー探し!NYの人気おしゃれブランド店へ

今から1000年後などの遠い未来を想定し、架空の考古学 (Fictional Archeology) という個性的なテーマで、独特の世界感の作品を生みだしています。

Daniel Arsham (8)

チャーマンダー (Charmander)。絵画には、人は一切登場せず、風景と彫刻のみが描かれ、シューレアリスム的な雰囲気です。

Daniel Arsham (6)

ニョロボン (Poliwrath)。背景には、幻想的な風景画が描かれています。絵画は、同系色で統一感のあるトーンで描かれています。
Daniel Arsham さんは、実は色覚異常があるそうなのですが、そんな病状も作品に独特の雰囲気を生み出している一因だと思います。

Daniel Arsham (4)

ピカチュウと、バチカン美術館に飾られている有名作品、Apollo Belvedere。

Daniel Arsham (23)

ヴェールを被った古代ギリシアの女性、Aspasia。こちらもバチカン美術館などに像が残されている他、西洋美術でよく題材とされる女性です。

Daniel Arsham (22)

こちらの映像では、Daniel Arsham さんが自身について紹介しています。



ギャラリーの隣には、ブックストアもあるので、合わせて立ち寄ってみるのもいいと思います。

Daniel Arsham (21)

2021年1月16日からはじまった Daniel Arsham さんの個展は、2月20日まで開催されています。ギャラリーの混み具合によっては、そのまま入れることもありますが、人気の展示なので、前もって予約をして訪れるのがおすすめです。

ペロタンニューヨーク PERROTIN NEW YORK
130 Orchard St, New York, NY 10002 地図

ニューヨークで今話題のダニエルアーシャム個展 ロウアーイーストサイドのギャラリー ペロタンニューヨークにて開催中 was last modified: 1月 24th, 2021 by mikissh