raaka-chocolate-13

ラーカチョコレート ブルックリンのチョコレート工場見学 Raaka “Raw Chocolate”へのこだわり

raaka-chocolate-1

ニューヨーク、ブルックリン生まれのチョコレート、ラーカ・チョコレート (Raaka Chocolate) は、カカオ豆を加熱しないでチョコレートを製造する ローチョコレート (“Raw Chocolate”) として有名なチョコレートのひとつで、最近、ホールフーズなどの ニューヨークのスーパー でもよく見かけるようになってきています。

ラーカ (Raaka) は、ニューヨーク、アメリカ全体で激増している、”Bean to Bar” を掲げる、アルチザンチョコレートの中でも特に独特の製法でこだわりを持って作られている、オーガニックチョコレートで、今まで食べたことがないような味わいを楽しめるおすすめのチョコレートです。

ラーカ・チョコレートの工場は、インダストリアルな雰囲気の漂う、ブルックリンのレッドフックにあります。この日は工場を訪れ、独自製法でつくる、チョコレートづくりの様子を見学してきました。中に入った瞬間から自然のカカオの香りに包まれます。

raaka-chocolate-8

ブルックリンのレッドフックは、IKEA があることもあり、ニューヨークに住んでいたら、一度は訪れたことのある人も多いと思います。最近では、ギャラリーやワイナリー、レストランなども増え、活気が出てきたエリアです。行き方は、IKEAフェリーまたはバス、Carroll Gardens の地下鉄の駅から少し離れていますが歩いて訪れることもできます。

raaka-chocolate-4

ラーカ・チョコレート (Raaka Chocolate) は、ローストされていないカカオを世界各地の生産者たちから、直接、フェアトレードで仕入れ、こちらの工場でも、決してローストすることなく、本当の “Raw” にこだわったチョコレート作りをしています。

raaka-chocolate-16

ちなみに名前の Raaka はフィンランド語で “Raw” という意味だそうです。特にフィンランドとは関係はないようで、なぜフィンランドなのかは分かりませんが、響きが良かったのかもしれませんね。

raaka-chocolate-19

シンプルな小さな工場。この小さな施設、少ない人数で全てのチョコレートを生産しているそうで驚いてしまいます。
工場の奥には、チョコレートをミックスするマシンなどが動き続けています。カカオから豆の抽出、製造、ラッピングして、ボックスに詰めて発送するところまで、全ての行程がこのファクトリーで行われています。スモールビジネスということで、みんなマルチタスクで働いています。

raaka-chocolate-7

ラーカ・チョコレートの工場では、ツアーやチョコレートの製造体験などを提供していて、チョコレートはどのように作られるのか、ラーカの独特な製法はどんなものなのか、などを教えてくれます。

raaka-chocolate-3

目の前のデスクでは、注文を受け付けたり、販売店と連絡をとりあったりして忙しそうにしているオーナーの Ryan Cheney さんの姿もあります。世界旅行中に”Raw Chocolate” に出会い、チョコレート作りに目覚めたそうです。
“Raw Chocolate” として売られているものが、実は加熱されていて “Raw” でないことがあったり、原材料も “Raw” として売られているのにそうでないことも多かったようで、ラーカでは自分たちでロースト前のカカオを仕入れて、チョコレートをつくることにしたそうです。

raaka-chocolate-20

ラーカ・チョコレート (Raaka Chocolate) の工場の雰囲気が伝わってくる紹介ビデオをご覧いただけます。

チョコレートのラッピングマシンから続々とでき上がって出てくるチョコレートの様子が面白いです。

raaka-chocolate-6

ラーカのチョコレートのラッピングは、独特のデザインで一目でラーカチョコレートだとわかるアピール感のあるデザインです。新しい味をリリースする度に、デザイナーさんと相談して新しいデザインをするそうです。

raaka-chocolate-9

そしてお待ちかねのテイスティング。ここのチョコレートはカカオの割合が70%、80%など、とても高いのが特徴です。濃いチョコレートから順にいただきます。カカオの濃度が高くてもおいしく食べられるのは、このラーカの得意とするところかもしれません。

raaka-chocolate-13

アメリカ人はミント好きが多いので、ミント・ニブスも人気がありました。でもこのチョコレートのミントは全然強くないので、とても食べやすいです。ニブスの食感がやっぱりおいしいです。

raaka-chocolate-10

かわいいピンクのパッケージのピンク・シーソルトも人気です。

raaka-chocolate-11

このラーカのチョコレートはセンスある人が作っているのがよくわかるほど、どれを食べてもおいしいです。こだわりのチョコレートなだけあり、風味豊かで食感も考えられていて、色々食べたくなります。私は結構メープル&ニブスも好きでした。

raaka-chocolate-12

アップルパイという限定の味を味見させてもらいましたが、驚くほどのリアルなアップルパイです。ラーカでは、会員になって、毎月チョコレートを送ってもらえるというサービスも行われているのですが、そのマンスリーサブスクリプションでのみ手に入る味だそうで、一般には販売されていない味です。

raaka-chocolate-2

賞をとった濃厚なチョコレートもあります。

raaka-chocolate-14

お土産にチョコレートはもちろんですが、オリジナルマグカップやTシャツもあります。

raaka-chocolate-18

ラーカチョコレート Raaka Chocolate
64 Seabring St, Brooklyn, NY 11231 MAP

raaka-chocolate-17

お天気が良ければ、週末、レッドフックを散策してみるのもおすすめです。少し離れてはいますが、自由の女神もちょうど正面から眺めることができます。

ブルックリンの素敵なギャラリー レッドフック ウォーターフロント

ニューヨークには魅力的なチョコレート屋さんが他にもたくさんあります。

NYチョコレート 絶品オシャレなお土産に大人気のお店17選!

ラーカチョコレート ブルックリンのチョコレート工場見学 Raaka “Raw Chocolate”へのこだわり was last modified: 2月 26th, 2020 by mikissh