Mets Stadium Citi Field

ワクチン接種で無料チケットがもらえる!ヤンキース・メッツ・MLB観戦 & アメリカ自然史博物館 インセンティブ続々登場中

Mets Stadium Citi Field

ニューヨークでは、5月19日から、多くの場所でキャパシティ制限が廃止されますが、ワクチン接種により日常化がどんどん進んできています。プロスポーツの試合やコンサートなどの大規模イベントは、屋内では 30%、屋外では 33% までキャパシティ制限が引き上げられます。その中でも、ニューヨークを拠点とするアメリカのプロ野球、メジャーリーグのチーム、ヤンキースとメッツの球場においては、ワクチン接種者と非接種者のセクションを分離することで、さらに多くの観客を収容できるようになることが発表されました。合わせて、ワクチン接種のインセンティブが続々と登場していて、それぞれの野球チームの本拠地、ヤンキースタジアムとシティフィールドで、ワクチン接種をすると、無料の観戦チケットがもらえるプロモーションがスタートします。

アメリカでは、昨年12月からワクチン接種がはじまり、全体の1/3程の接種がすでに完了し、経済の完全再開に向けて着々と進んできています。現在、ワクチン接種を強く希望する人の初期需要が一段落し、これまでは品薄気味だったワクチンの供給も今は余裕が出て来ています。

これまでも、クリスピークリームのドーナツがもらえる キャンペーンをはじめ、ワクチン接種へのインセンティブとなるプロモーションが色々登場していますが、今回なんと、メジャーリーグのヤンキースとメッツの試合前にワクチン接種をすると、無料観戦チケットがもらえるというキャンペーンまでスタートします。ワクチンの種類は、一回の接種で完了する J&J の模様です。いつでも利用できるチケットのようなので、当日券が余っていれば、当日早めに球場へ行き、ワクチン接種をし、その日のうちにもらったチケットで野球観戦をして帰ってくることもできそうです。まだ接種していない MLBファンは、狙ってみるのもいいかもしれません。

大規模屋外イベントは、5月19日以降、33% のキャパシティ制限がありますが、ヤンキースとメッツの球場では、今後、ワクチン接種を完全に終えた人と、まだワクチン接種をしていない人とで席のスペースが完全に分かれます。ワクチン接種完了者専用のセクションでは、フルキャパシティで座席が埋まりますが、未接種者用の席の方は、33%のキャパシティ制限があるソーシャルディスタンスを開けた席になります。

面白いワクチン接種会場と言えば、アメリカ自然史博物館 クジラの展示会場がワクチン接種会場になっています。

このミュージアムの有名なシロナガスクジラがあるエリアの会場でワクチン接種をするとバウチャーがもらえて、後日好きなときにミュージアムを訪れることができる 4人分の無料チケットに交換できます。

集団免疫の獲得に向け、それぞれのコミュニティで、多くの人にワクチン接種を促すように、コロナ対策の制限の緩和を早急に進める一方で、企業などでは、ワクチンを完了した従業員にボーナスを配布したりなども行われています。面白いケースでは、例えば、ニュージャージー州では、ワクチン接種者は、いくつかのブリュワリーでビールが無料となったりするなど州毎に様々なインセンティブが登場して来ています。

ワクチン接種で無料チケットがもらえる!ヤンキース・メッツ・MLB観戦 & アメリカ自然史博物館 インセンティブ続々登場中 was last modified: 5月 5th, 2021 by mikissh