Anthropologie (6)

アンソロポロジー Anthropologie おしゃれニューヨーカーを魅了する 素敵ブランド

Anthropologie (6)

ロックフェラーセンターのすぐお隣にあるアメリカでも人気の高い、アンソロポロジー (Anthropologie) は、一年中、とても華やかでかわいいショーウィンドウディスプレイをしていて道行く人々を魅了しています。思わず立ち寄ってしまうお気に入りのブランドです。お店の中のツリーの下にはピアノが置かれて、素敵な誰かのおうちに遊びに来たみたい。アンソロポロジーマジックでみんなを虜にしてしまう素敵なお店です。

Anthropologie (17)

Anthropologie (5)

アンソロポロジー (Anthropologie) とは、アメリカの人気ブランド、アーバン・アウトフィッターズ (Urban Outfitters) の系列のお店で、衣料品以外にも雑貨品なども取り揃えていているライフスタイルショップです。18-28 歳の客層がターゲットのアーバンアウトフィッターズはここ最近コンセプトの似ている H&M や Forever21 などにおされちょっと不調のようですが、28歳-45歳の女性をターゲットにしたアンソロポロジーともうひとつのライン25歳-30歳をターゲットにした Free People は調子がいいようです。

アーバンアウトフィッターズ Urban Outfitters クールでおしゃれなセレクトショップ

UrbanOutfitters

アンソロポロジーの人気の秘密はなんでしょうか?

アンソロポロジー (Anthropologie) の第一号店は1992年にペンシルバニア州のWayneにオープンしました。
それまでアメリカにはなかった、フレンチっぽいデザインを取り入れ、よく旅をする、おしゃれな洗練された女性をターゲットにしたブランドとして始めたそうです。確かにアンソロポロジーにはアメリカの他のブランドにはないオリジナリティがあります。

Anthropologie (8)

お店の中は天井に素敵なシャンデリアが飾られ華やか。地下にある dressing room も広々と贅沢に作られていて居心地がよく、他のお店とはかなり差別化されている部分です。目に見える華やかさに加え、お店の中でかけるミュージックや香りなどにもこだわりがあり、アンソロポロジーは、お店に足を運んでくれたお客様に素敵な体験をしていって欲しい、というのをモットーとしていて、お客さんが喜んでくれる演出に力を注いでいます。

Anthropologie (19)

アンソロポロジーのコンセプトは、”an escape from the everyday”。日常を飛び出し、美しく、明るく、前向きで、素敵になれる、普段の自分とは違う自分を体験させてくれるところ。お店にいるのが楽しい、またお店に来たいと思わせ、リピーターが増えていく、そんな上手な演出がファンを増やし続ける秘訣なのかもしれません。

Anthropologie (18)

Socially Savvyな企業としても有名で、Instagram, Twitter, Pinterest, Youtube, G+, facebook, blog、のようなソーシャルネットワークサイトでもアンソロポロジーらしい素敵な空間を作っています。
フォロワーも多く、ファンからのコメントもいっぱいで、ファンと一緒にサイトを作り上げている感じ。やみくもに広告を出すよりも、こんな形でブランドならではのオリジナリティやコンセプトを表現し、興味を持ってくれたお客さんと対話できる形が大切です。あらゆるビジネスでもお手本にしたいところですね。

Anthropologie (22)

おしゃれなショーウィンドウ、フェミニンなデザイン、アンソロポロジーのセンスが光ります。

Anthropologie (3)

洋服、靴、アクセサリーまでトータルコーディネート。

Anthropologie (4)

入り口を入るとゴールドのキラキラした木の葉と真っ白に降り積もる雪の演出。

Anthropologie (9)

細かい雑貨がたくさんあって、とてもカラフルな店内。アンティークなドアノブ飾りまであってそんなオリジナルのホーム雑貨が女性たちの想像を膨らませるのです。ベッドのリネン雑貨や、ジュエリーケース、かわいらしいエプロン、おしゃれな食器まで本当に色々なものがあり、目移りしちゃうかわいさ。

Anthropologie (16)

店内を彩るポップなかわいいカラーのグッズ、アンソロポロジーは心躍るような明るい色使いが大好きなブランドなんです。ニューヨークはブラックを好む人も多いですが、明るい色のものを身に着けてぱっと咲くお花のように輝く女性、そんなイメージのデザインが多い気がします。

Anthropologie (15)

お店の中のかわいいディスプレイは、おしゃれな人のお部屋に遊びに来たような、またおしゃれな人のクローゼットをのぞいているような、自分のお部屋もこんな風にしたいな、と夢を見させるような空間で、居心地がよく、思わず長居してしまう女性が多いお店です。

Anthropologie (2)

マーケティングよりもむしろディスプレイなどお客さんが体感することのできる心地よいお店作りに力を入れていて、そんな戦略がSophisticated Sellとして詳しく紹介されています。2002年の古い記事ですがとてもよくまとめられています。ブランド側の意図したコンセプトがしっかりとお店やブランディングに反映されていると感心してしまいます。

Anthropologie (1)

シルバーのりぼんがかわいいツリーもアンソロポロジーを訪れる女性たちの乙女心をくすぐるデザイン。

Anthropologie (11)

高い洋服ばかりなの?というとそうでもなく、地下にセールコーナールームもあり、掘り出し物を見つけることもできます。ただし、本当に欲しいと思った商品は即買いが鉄則。欲しいデザインやサイズは即売れしてしまうのでなかなかセールコーナーでは見つけられません。

Anthropologie (7)

ニューヨークには4店舗あり、ロックフェラーセンター店、ユニオンスクエア店、チェルシー店、アッパーイースト店です。アメリカ以外では、カナダとイギリスに支店があるそうです。アメリカ国内でも、どんどん店舗を拡大中。洗練された、かわいいもの好きにはおすすめのお店です。

Anthropologie (10)

Anthropologie Rockefeller Center
50 Rockefeller Plaza, New York, NY 10020 MAP

チェルシーマーケットのお店も素敵です。

アンソロポロジー Anthropologie 人気のニューヨーク チェルシーマーケット店

こちらの記事もおすすめです。

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 NY最新見どころ徹底紹介!

ニューヨークお土産スポットおすすめ12選

アンソロポロジー Anthropologie おしゃれニューヨーカーを魅了する 素敵ブランド was last modified: 6月 14th, 2018 by mikissh

アンソロポロジー Anthropologie おしゃれニューヨーカーを魅了する 素敵ブランド」への2件のフィードバック

  1. hii

    アンソロポロジー素敵ですよね。
    買う物が無くても、ディスプレイも素敵ですし、お店の雰囲気全体が好きなので、いつも訪れています。
    今回はチェルシー・マーケットの方のお店に行きました。
    そのアンソロポロジーの歴史(?)のご紹介だったので、嬉しかったです。
    それにしても、28歳-45歳の女性をターゲットにしてるんですね!?
    オーバーしている。。。

    返信
    1. mikissh 投稿作成者

      アンソロポロジーファンがいてくれてうれしいです。私も大好きなお店なんです。
      お店が戦略的に考えている年齢より実際のお客さんの年齢ってもっと幅広いですよね、20歳前後の学生もたくさんいますし、45歳以上の女性もたくさん☆
      よくニューヨークへ旅行されるんですね♪

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です