dc

ミュージカル ハミルトン ブロードウェイの大ヒット作徹底紹介

dc

ニューヨークの “the hottest show in town” として、今まさにすごい勢いで話題になっているのが、ブロードウェイ ミュージカルの『ハミルトン (Hamilton)』です。アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) を主役に、アメリカ独立前後の時代を描いた、ブロードウェイの中でも珍しい歴史ミュージカルなのですが、異例のヒップホップを取り入れた作品『ハミルトン (Hamilton)』は大ヒットミュージカルとなりました。

ブロードウェイ ミュージカル『ハミルトン (Hamilton)』とは?

『ハミルトン (Hamilton)』のミュージカルは、アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) という人物を描いた作品です。ハミルトン (Hamilton) は、ニューヨークにとても縁の深い人で、カリブ海の島からニューヨークにやってきて以来、ニューヨークを中心に活躍し、ニューヨークの様々な場所に彼の足跡が残されています。
ハミルトン (Hamilton) は、アメリカの Founding Fathers の一人でもあり、独立戦争ではジョージ・ワシントンの右腕として活躍した人物です。その後ワシントンの下、初代財務長官にもなり、アメリカ最古の現存する銀行 Bank of New York を創設するなど多岐に渡り活躍した アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton)。そんな歴史的にすごい人物をヒップホップを通じて描いたミュージカルがこんなにもヒットするなんて、世間をあっといわせた驚きの作品です。
この作品がここまで注目されているのは、「歴史+ヒップホップ」の意外な組み合わせがキーとなっています。歴史という古いものに、ヒップホップという新しい手法が上手く融合され、目新しい作品になっていると共に、アメリカの DNA の一部とも言える「移民とアメリカンドリーム」というアメリカらしいお話であること、そしてニューヨークならではの「地元を愛する Love Local」的感情も影響しているでしょう。

hamilton2
(facebook.com/publictheater)

hamilton
(facebook.com/publictheater)

ハミルトン (Hamilton) の リン・マニュエル・ミランダさん

ブロードウェイ ミュージカルの『ハミルトン (Hamilton)』は、実はもともとはオフブロードウェイで上演されていました。2015年1月20日からオフブロードウェイのプレビューが始まり、17日から正式公演が始まったのですが、様々なレビューでも非常に評判が良く、好調なスタートをきりました。音楽全般を担当し、アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) を演じるのは、リン・マニュエル・ミランダ (Lin-Manuel Miranda) さん。2008年にトニー賞、2009年にグラミー賞を受賞した『イン・ザ・ハイツ (In the Heights)』の作詞・作曲をした人です。『ハミルトン (Hamilton)』公演前のここ数年間はずっとこの『ハミルトン (Hamilton)』ひとすじに取り組んできたようです。

ハミルトン (Hamilton) のチケットが高騰中!!

ハミルトンの公式サイトのチケット販売はこちらです。かなり前から予約しないと取れない大人気のショーです。ニューヨークに来る日が迫っていてチケットに困ったときは こちら から取れます。

『ハミルトン (Hamilton)』は最初オフブロードウェイとして Public Theater で上演されていました。オフブロードウェイとしての公演最終日が5月でしたが、すでに2月には前売りのチケットは完売、中古チケットサイトですら若干数の売りがある程度でなんと定価の8倍という驚きの価格になるほどの異例の人気ぶりだったのです。

オフブロードウェイでの白熱の人気ぶりはブロードウェイでも引き継がれ、ますます話題のショーとして注目され、ハミルトンのチケットは現在でも一枚数百ドルするブロードウェイの中でもかなり人気のプレミアのショーとなっています。

broadway-tickets-center

人気ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』チケットの超高騰! 実は自動プログラム”Bots”のしわざ?!

『ハミルトン (Hamilton)』のあらすじ

『ハミルトン (Hamilton)』に登場する アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) とは、独立戦争時代からその後の国政において、ワシントン大統領から厚い信頼を得、様々な功績を残してきた人物です。それにも関わらず、彼の最後はあまりにもはかない終わり方でした。マンハッタンのハドソン川越しの対岸の地、Weehawken (NJ) で政敵、第3代大統領 Thomas Jefferson 下で副大統領だった Aaron Burr と、一対一の銃による決闘が行われたのです。当時ニューヨークの方が決闘の取締りが厳しかったため、ニュージャージーを決闘の場所に選んだのだとか。お互いが放った一発づつの銃弾。。。倒れたのはハミルトンです。。。一説ではハミルトンは相手に当たらないようわざと外したという説もありますが、真相は分かりません。そして、ハミルトンは決闘の翌日に亡くなりました。

Hamilton-burr-duel

アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) が、いかにニューヨークと縁が深いか、それは、彼がダウンタウンで働き、ハーレムに住み、対岸の Weehawken で決闘し、その後運ばれたウエストビレッジの友人宅で最後を迎え、そしてダウンタウンのウォールストリートにあるトリニティチャーチ (Trinity Church) に永眠する、という彼の生涯の軌跡を見るとわかります。ハミルトンの功績が称えられるとともに、彼がニューヨーカーであることも好意的に受け入れられた、それがこの作品の人気に現れているのかもしれません。

『ハミルトン (Hamilton)』の作品はこんな感じで、ヒップホップのミュージックがとても印象的です。歴史好きはもちろんですが、何よりもこの今までにない斬新なスタイルのミュージカルという点でも、見てみたいという人が多いのかもしれません。

ホワイトハウスにも登場?!

こちらが、リン・マニュエル・ミランダ (Lin-Manuel Miranda) さんが、2009年にホワイトハウスでライブパフォーマンスを依頼されたときに行った、アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) をテーマにした『The Hamilton Mixtape』です。オバマ夫婦の楽しんでいる姿も映っています。物語に登場するハミルトンのライバル Aaron Burr の立場を演じているところです。Lin-Manuel Miranda さんはプエルトリコ系なのですが、実は、アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) も同じくカリブ海の島出身だったのです。自分と重ね合わせるように、リン・マニュエル・ミランダさんにとって、アレクサンダー・ハミルトンという人物は思い入れがあるのでしょう、長い間練られていたテーマのようです。

アレクサンダー・ハミルトンの苦難

アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) は優秀な人物だったということもあり、敵は Aaron Burr だけではありませんでした。とても賢く、独自の考えと野心を持ち、思ったことをストレートに口にしてしまうようで、対立する人も多かったようです。有名なトーマスジェファソン (Thomas Jefferson) も実は当時ハミルトンのライバルで、特に政治的立場が異なり、よく対立したようです。時代はトーマスジェファソン (Thomas Jefferson) を選び、その後、アレクサンダー・ハミルトン (Alexander Hamilton) は、政治の世界から消えていき、最期は決闘での死という残念な結末を迎えます。
しかし、ハミルトンの残した強力な財政や集金システム(金融システム)は、強い国家を支える基盤となり、小さな政府を掲げたトーマスジェファソンらの時代ですら生き残り、今現在も続いています。

当時は「国 vs 州」、現在では「国 vs 個」となり、時代背景は大きく違いますが、国家がどのくらい強力で、どの程度人々の活動に関与するべきかは今も昔も重要なテーマであることに変わりはなさそうです。

オフブロードウェイから始まった『ハミルトン (Hamilton)』は、人気のあまり瞬く間にブロードウェイに進出することとなりましたが、さらにこの人気を背景に、早くも映画化、ドラマ化をするという話もあるようですよ。

ハミルトンのチケットを抽選で当てよう!

現在、ブロードウェイで大人気上演中の『ハミルトン (Hamilton)』!チケットの入手はなかなか困難となっていますが、毎回ショーの前に、チケットが当たる抽選会が行われていて、大勢の人たちがチャレンジしています!

ハミルトン Hamilton 今ニューヨークで最も熱い ブロードウェイ ミュージカル

ハミルトン ミュージカル グラミー賞を受賞!

ハミルトンがミュージカル・アルバム部門でグラミー賞(2016年)を受賞しました!

グラミー賞受賞!大人気ブロードウェイミュージカル ハミルトン

再びホワイトハウスへ!

ハミルトンのキャストがホワイトハウスへ招待され、ミュージカルの曲を披露しました。

こちらがその様子です。

次は『メアリーポピンズ』?!

ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』で現在大活躍のリン・マニュエル・ミランダ (Lin-Manuel Miranda) さんは、2016年7月9日の公演を最後に、『ハミルトン』の公演から引退します。
実は、リン・マニュエル・ミランダさんは、2018年公開予定のディズニー映画『メアリーポピンズ・リターンズ (‘Mary Poppins Returns’)』に出演することが決まっています。またヒット作品となりそうで楽しみですね。

ミュージカル ハミルトン ブロードウェイの大ヒット作徹底紹介 was last modified: 2月 18th, 2018 by mikissh

ミュージカル ハミルトン ブロードウェイの大ヒット作徹底紹介」への2件のフィードバック

    1. mikissh 投稿作成者

      オフブロードウェイでは上演期間が短いのですが、もし、ブロードウェイに進出することになれば長い期間上演されるようになるそうなので、観られるといいですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です