Whitney Museum (30)

ホイットニー美術館 と Renzo Piano 建築の魅力伝わる特別展

Whitney Museum (30)

昨年5月にミートパッキングディストリクトに移転し、再オープンした新生ホイットニー美術館。ミュージアムのオープニングイベントの様子とホイットニー美術館のみどころを以前紹介しましたが、今回、また久々に訪れてみました。レンゾー・ピアノ (Renzo Piano) さんが設計・デザインをした、この新しいシンプルなフォームの美しいホイットニー美術館の建築コンセプトが上手く生かされた、期間限定の特別展示が、現在開催されています。

Whitney Museum (34)

その新しい展示が行われているのが 5階の「OPEN PLAN」です。ただただ広いこの空間。最初は何だろう?って思う人も多いはず、この部屋に入ってきた瞬間、見渡す限り何もないんです。でも、これがアート。

Whitney Museum (33)

全く何もない空間をどう活かすか、どう表現するか、どう感じ、どう受け止めるかは、本当に見に来た人本人次第。アートとはそもそもがそういうものなのかもしれませんが、それをより大胆にみんなに伝えようとしているのがこのアートなのかもしれません。このオープンスペースを自由に使い、自由に表現するというテーマで順番に何人かのアーティストさんが展示を行う予定になっていますが、3月13日までは、様々な音がスピーカーから聞こえてくるという、音にフォーカスした演出をしています。3月13日以降も、引き続き別のアーティストさんの演出で「OPEN PLAN」は続いていきます。

Whitney Museum (31)

この「OPEN PLAN」は、レンゾー・ピアノさんの美しいオープンコンセプトの建築設計をみどころにしているアートともいえるのかもしれません。空間美が一際際立ちします。
また街の景色そのものがアートともいえるし、そんな街の景色を楽しそうに眺めている人々の様子もアート。参加型のアートとも言えます。

Whitney Museum (32)

以前、新ホイットニーミュージアムがやってくるの記事でも紹介しましたが、レンゾー・ピアノさんの設計したホイットニー美術館は、オープンコンセプトの素敵な建築の美術館です。オープン前に Whitney Museum が公開した館内紹介ビデオをみるとそれがよくわります。

ホイットニー美術館の個性的なモダンアートの展示作品も入れ替わっていました。

Whitney Museum (36)

キスシーンを撮影しようとしているお姉さん。アートと一緒に、ちょっと楽しい写真を撮るのもニューヨークの美術館の楽しみ方のひとつ。

Whitney Museum (35)

ひとりひとりの人物を描いた作品を見渡してみると、ひとりひとりの表情から何か見えてくるものがあるかな。

Whitney Museum (38)

目力の強いわんちゃんアート。

Whitney Museum (37)

色々な素材が組み合わさっていて、非常に興味深い作品です。

Whitney Museum (39)

6階フロアーの展示は、Thea Westreich Wagner & Ethan Wagner からホイットニー美術館が譲り受けた作品の展示です。ブラック&ホワイトの個性的なアートコレクションの数々。

Whitney Museum (40)

7階のホイットニーコレクションのフロアは前回と大きく変わらず、常設展になっています。

Whitney Museum (45)

Whitney Museum (44)

8階で行われている LAURA POITRAS: ASTRO NOISE の作品展のコーナーはなかなか難易なアートです。真っ暗闇の中へ感覚を研ぎすまして入って行きます。真っ暗なお部屋のひとつには中央に台があり、人々がそこに寝転がっているという、不思議な空間がありました。あとで見てみると、人間の体温によってこんな風に見えるんですね。こちらもみんなが参加して成り立つ、参加型のアート。

Whitney Museum (46)

ルーフトップもあいかわらず気持ちがいいです。

Whitney Museum (48)

ナチュラル感を活かした岩もアート。

Whitney Museum (43)

南に見えるのは、ワンワールドトレードセンターと、ハドソンリバーを越しのニュージャージーの景色。

Whitney Museum (47)

スタンダードホテルを目の前に、お花のオブジェアートも素敵でした。

Whitney Museum (54)

本当に美しい夕日。

Whitney Museum (50)

夕日を見た子供たちはさっそくに絵に描いています。

Whitney Museum (49)

レトロ感いっぱいのアメリカンアート。

Whitney Museum (53)

ノリノリのジャズのミュージックがフロアーいっぱいに響いています。誰かが生演奏しているのかと思ったら、わぉ、透明人間さんでした。

Whitney Museum (51)

演出が凝っていて、音楽に合わせて、カーテンも踊ります。何気なく入ってきた人たちがみんな思わず笑顔になり、ちょっと楽しい気持ちになって帰って行く、そんな演出でした。

Whitney Museum (52)

ホイットニー美術館は、ニューヨークのたくさんある美術館の中でも、特に様々な趣向を凝らした特別展が頻繁に行われているので、訪れる度に、毎回違った楽しい時間を過ごすことができます。

Whitney Museum (55)

ホイットニー美術館 地図
Whitney Museum of American Art
99 Gansevoort St, New York, NY 10014
開館時間:
 月曜日 10:30 am–6 pm
 火曜日 定休日
 水曜日 10:30 am–6 pm
 木曜日 10:30 am–6 pm
 金曜日 10:30 am–10 pm
 土曜日 10:30 am–10 pm
 日曜日 10:30 am–6 pm

入場料
 大人     $22
 シニア・学生 $18
 18歳以下   無料

ホイットニーミュージアムの美術館の開館時間やチケット料金の確認、またチケットの事前購入は以下のページでできます。
チケットの事前購入は前日までになります。
→ Whitney Museum Visit

金曜日は7:00pmから10:00pmまで(チケットの販売は、9:30pmまで)PAY WHAT YOU WISHで当日好きな金額でチケットを購入できます。

常設展などに関する情報は、こちらも合わせてどうぞ。

新ホイットニー美術館 絶景ルーフトップも登場で見所満載!

ホイットニー美術館 と Renzo Piano 建築の魅力伝わる特別展 was last modified: 9月 18th, 2016 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。