american-indian-museum-1

ニューヨーク 国立アメリカ インディアン博物館 & ニューヨーク国立公文書館

american-indian-museum-1

ニューヨークで最も古く歴史があるエリアといったら、ダウンタウンのファイナンシャルディストリクトです。ファイナンシャルディストリクトエリアのボーリンググリーン駅の隣には、一際目立つボザール (beaux-arts) 様式の豪華な建物が立っています。この歴史を感じさせる建造物は、かつて、ニューヨーク港での貿易に対して税金を徴収するための税関でした。その建築を見ているだけでも、見どころがあるのですが、この建物は、現在、スミソニアン系列のミュージアム、国立アメリカ・インディアン博物館 (National Museum of the American Indian) と ニューヨーク国立公文書館 (National Archives at New York City) が入っていて、どちらへも無料で入場することができます。

american-indian-museum-4

ワシントンDC にあるような立派なボザール様式の建物です。それもそのはず、この建物は、連邦政府により、税金徴収を行う税関として、ウールワースビルをデザインしたことでも知られる有名建築家 Cass Gilbert さんの設計で、1901年から1907年にかけて建設されたもので、国定歴史建造物にも指定されています。

もともと、オランダが拠点としていた頃から、この場所には城塞、Fort Amsterdam があり、交通・軍事の要衝とされた場所で、アメリカ独立後、1790年にジョージ・ワシントンのために Government House が建設されました。ところが、首都がニューヨークでなくなったこともあり、ワシントン自身がここに住むことはなく、後に税関の機能を果たす建物となりました。税関の場所はその後も転々と移動していたのですが、再びこの場所へと戻ってきて、現在に残るボザール様式の豪華な建物が建設され、1973年まで税関として使用されることとなったのです。

american-indian-museum-9

このボザール (beaux-arts) 様式の豪華な建物は、ニューヨークで活躍した建国の父の一人であり、最近、ブロードウェイミュージカル ハミルトン ですっかり有名人となっている、アレキサンダー・ハミルトンの名を冠し “Alexander Hamilton US Custom House” と呼ばれています。そんな経緯もあり、現在も国立スミソニアン傘下のミュージアム「国立アメリカ・インディアン博物館 (National Museum of the American Indian) 」と、「国立の組織、ニューヨーク国立公文書館 (National Archives at New York City)」が入っています。

ボザール (beaux-arts) 様式は、とにかく立派です。こちらが上の階から眺めた光景。2012年から、3階部分がニューヨーク周辺の古い公文書を管理している、ニューヨーク国立公文書館となっています。入口は正面向かって右側にあります。

american-indian-museum-6

そして、正面中央の階段を上った2階部分には、国立アメリカ・インディアン博物館があります。ワシントンDCにある、国立アメリカ・インディアン博物館の作品の一部が1994年にこちらに移されてきてミュージアムがオープンしました。

american-indian-museum-10

american-indian-museum-11

american-indian-museum-14

博物館にあるような考古学的に重要な作品ばかりかと思えば、意外とそういうわけでもなく、アメリカインディアン風のモダンアート作品も取り上げられていて、新しい作品が次々と展示に加わっています。例えばこちら、ノートのページや、帳簿の用紙など何気ない紙切れに絵を描くことをテーマにしていて、そんな何気ない道具で描いたインディアンアート作品がいろいろと飾られています。

american-indian-museum-12

american-indian-museum-13

アーティストの顔が見える形で、インディアンをテーマにした個性的な作品が紹介されている展示もとてもおもしろいと思います。

american-indian-museum-15

ギフトショップも独特な品ぞろえです。インディアンをテーマにした雑貨などあります。

american-indian-museum-7

一時はアメリカの税収の大部分をまかなっていたという、ニューヨークの US Custom House の歴史について、詳しくこちらで紹介されています。

週末に訪れたら、ちょうど、アメリカ・インディアン博物館の前の広場で、サルサダンスの交流会が行われていました。みんなで集まってサクッと踊って解散!みたいなノリがなんともシンプルでいいです。

dance-salsa

アメリカ・インディアン博物館の目の前には、いつも綺麗な花が一面に咲いている小さな公園があります。周辺オフィスの人たちや観光客の休憩スポットとなっています。

american-indian-museum-5

ニューヨーク
国立アメリカインディアン博物館
National Museum of the American Indian
1 Bowling Green, New York, NY 10004 MAP
営業時間:毎日 10 AM–5 PM
休館日:12/25

ニューヨーク 国立アメリカ インディアン博物館 & ニューヨーク国立公文書館 was last modified: 6月 19th, 2024 by mikissh