test-image

5分で結果が分かる新検査もうすぐ登場!未知の新型コロナウイルスへの医学的対策

test-image

世界各地で猛威を奮っている新型コロナウイルスですが、アメリカは世界をリードするほどの急速な感染者数の増加を見せており、ニューヨークでは、感染者数、死者数とも激増を続けていて、数週間以内にやって来るといわれているピークに備え、緊急で、医療体制の拡充が図られています。目に見えないウイルスと言うことでなかなか実感できませんが、その現状を理解するのに必須となるのが検査です。アメリカでは、様々な検査法が認可されており、量的にも、スピード的にも急速に改善がされていますが、それでも検査結果が出るまでにはまだ数日間かかるのが現状です。そんな中、5分で結果がわかる新検査がもうすぐ登場します。5分で陽性の判定ができる、新型コロナウイルスの新検査法に加え、なんと、新型コロナウイルスの抗体のテストまでできるようになるそうですよ。

世界各国では、現在、大流行を続ける新型コロナウイルスの対策に追われ、パブリックヘルスや経済など日常生活に大きな影響を与えています。世界中でここまで短期間で蔓延したのは、1918年のスペイン風邪以来で、100年に一度の大規模の感染症ということは分かりますが、目に見えないウイルスのため、希望的観測から、どこの国でもどうしても対応が後手になってしまっているのが現実です。

アメリカで対応が遅れてしまったのは、検査体制の問題からでした。検査体制が十分ではなかったため、実質的にはほとんど検査ができず、感染の広がりの実体を把握できなかったことが原因です。現在では、検査フローが改善され、以前より圧倒的にスピードアップし、多くの検査が行われており、現在の状況をしっかりと把握できるようになってきています。

また、ここまで多くの人に心理的な不安を抱かせてしまった以上、今後、普通の生活に戻ったり、旅行で行き来できるようになるためには、何らかの方法で安全であることを証明することが大切になってくると思います。
そんな方法の一つとなり得るのが簡便な検査法ですが、今回、新たに登場するのが、Abbott Labs の新型コロナウイルス検査法で、なんと最短では、5分で陽性、13分で陰性の判定が可能だそうです。4月1日から、1日に、50,000件のテストが可能となります。

こんな検査方法だそうです。

また、一足早く、45分で結果が出ると言う Cepheid の検査も承認されている他、検査体制で有名になった韓国の企業のテストキットなどもFDAに暫定承認されているようです。
新型コロナウイルスは、症状が悪化すると大変な病気ですが、中には、全く症状が出ない人もいるという、特異な感染病です。そのため、本人が気づかないうちにすでに感染し終わっているなんていう人もいる可能性があります。そのため、陽性か陰性かだけでなく、抗体に対するテストも登場するそうです。
15分程度で結果が出る、新型コロナウイルスの抗体に関する血液テストが色々と登場してきており、こちらは、以前かかったことがあるかについて確認することができるようです。

現在、これらの多数の検査が、FDA により、緊急用の Emergency Use Authorizations と言うことで、それぞれの企業の実効性テストのみにより、FDAの再現テストなしに、素早く認可されています。その実効性の確認については、医療現場で試されていくことになります。

ちなみに、現在行われている新型コロナウイルスの PCR法の検査は、こんな流れとなるようです。かなり時間がかかるなど問題点も色々と指摘されています。

検査は、感染の現状を知るために非常に大切なものです。検査を行い、隔離し、治療し、感染の拡大を防いでいくことが、現状での最大の新型コロナウイルス対策になっています。また、同じく大切なことは、感染しないように、または感染しても重症化を防ぐことができるワクチンや薬の存在です。現状ではまだ存在しないワクチンの開発は今最大の課題ですが、ワクチンの開発は早くても一年以上はかかってしまうようです。直近で最大限できることは、既に他の目的のために承認されている薬やワクチンの中で、新型コロナウイルスに有効なものはないかを見つけることです。

ニューヨーク州 は、マラリア薬の hydroxychloroquine + azithromycin の治験を行うことを発表しています。
こちらの 記事 では、オーストラリアをはじめ、ドイツやオランダなどいくつかの国では、医療関係者に、ツベルクリン反応でお馴染みの結核用のBCGワクチンを接種するトライアルを行う予定と紹介しています。結核用のBCGワクチンがもし有効であれば、もしかして、日本人は予防接種をしているので、多少抗体があり重症化しにくい人が多いのでは?と期待してしまいます。
日本では、エボラ出血熱用 でも話題となった、インフルエンザ用のアビガンを、新型コロナウイルス用に実験的に承認するようです。
こちらでは、WHO によるいくつかの大規模トライアルについて紹介されています。

未知の病に立ち向かうために各国とも今はとにかく試行錯誤するしかありませんが、世界で力を合わせて、一日でも早くコロナ終息へ向かうことを願います。

アメリカの様々な新型コロナウイルス対策は、こちらで紹介しています。

アメリカの新型コロナウイルスの現状と対策 最新情報!

5分で結果が分かる新検査もうすぐ登場!未知の新型コロナウイルスへの医学的対策 was last modified: 3月 30th, 2020 by mikissh