オノヨーコら4人の日本人女性アーティスト フルクサス Fluxus 特別展 NY ジャパンソサエティ Out of Bounds

ニューヨークのミッドタウンにある、ジャパンソサエティ (Japan Society) では、フルクサス (Fluxus) と呼ばれる 1960年代に起こった新アートムーブメントで活躍した日本人女性アーティストのグループ展が開催されています。フルクサス (Fluxus) とは、世界の様々な国々のアートや音楽、デザイン、詩など様々なジャンルのアーティストたちが参加した国際的な前衛芸術運動のことです。その一大拠点となっていた場所が、ニューヨークで、久保田成子 (Shigeki Kubota) さん、小野 洋子 (Yoko Ono) さん、斉藤陽子 (Takako Saito) さん、塩見允枝子 (Mieko Shiomi) さんら日本人女性アーティストたちが活躍していました。特別展では、そんな日本人女性アーティストたちの個性的なパフォーマンスやコンセプトアートが紹介されています。

ニューヨークのミッドタウンイースト、国連本部の近くにある、ジャパンソサエティ (Japan Society) は、日米の友好的関係を築くことを目的に 1907年に設立された歴史ある NPO(非営利団体)です。展覧会や講演会、教室など様々なイベントが開催されています。

ジャパンソサエティの本部、ジャパンハウス (Japan House) と呼ばれる建物は、日本の著名建築家、吉村順三さんのデザインで 1971年に完成し、2017年には、建築家で写真家でもある、杉本博司さんによりロビーと庭園部分のデザインのリノベーションが行われ、和が感じられる洗練された空間が広がっています。

ジャパンソサエティでは、美術展も定期的に開催されていて、現在は、1960年代から1970年代にかけて、フルクサス (Fluxus) と呼ばれるアヴァンギャルドのムーブメントで、ニューヨークで活躍した4人の日本人女性アーティストたちのグループ展、Out of Bounds が開催されています。

フルクサス (Fluxus) は、1960年代から1970年代にかけてニューヨークを中心に行われた国際的な前衛芸術運動です。ありふれたモノでアート作品を制作し、芸術と日常の境界を曖昧にした、現代美術に大きな影響を与えた、マルセル・デュシャン (Marcel Duchamp) らに端を発する、ダダイズムの流れを汲んだ芸術です。

フルクサスの中心となったのは、リトアニア出身アメリカ人の George Maciunas です。実験音楽で知られる、ジョン・ケージや、具体など日本で1950年代に起こったアートムーブメントの偶発性、同時性を大切にした、アヴァンギャルドアートで、枠にとらわれず何でも取り入れてアートを表現します。ビジュアルアート、音楽、詩、映像、デザイン、クラフト、パフォーミングアートなど様々なジャンルのアーティストたちが参画し、ハプニング (happenings) と呼ばれるコンサートなどイベント開催を中心とした活動を行っていました。今回の特別展では、手作り感溢れるイベントの広告の数々も展示されています。

そんな寄せ集め的なフラクサスの象徴的な作品と言えば、様々なアーティストたちが持ち寄った様々なモノが詰まったアタッシュケースです。

今でこそ、インターネット、SNSの登場もあり、面白い活動を行うそれぞれの人々の活躍の場も増えていますが、当時は、芸術に理解がある人も今と比べると圧倒的に少なく、好きなことで暮らしていくのは、今よりずっと大変だったのではないかと想像できます。フラクサスは、そんな様々なジャンルの気の合う駆け出しの芸術家たちの共同PR的な側面もあるムーブメントだったのではないかと思います。George Maciunas さんは、ギャラリーでの展示会の企画、フラクサスの雑誌の編集、注目を集めるイベントの企画などアーティスト仲間が成功するための舞台作りに尽力していたようです。
こちらの Takako Saitoさんの作品には、まるで家族のように仲が良さそうなフルクサスのメンバーたちの様子が描かれています。着物姿の日本人も見られます。

特別展の会場となっているのは、2階の3つのギャラリーです。左のギャラリーでは、久保田成子 (Shigeki Kubota) さん、塩見允枝子 (Mieko Shiomi) さん、右のギャラリーでは、小野 洋子 (Yoko Ono) さん、斉藤陽子 (Takako Saito) さんの作品、中央の小さなギャラリーでは、フラクサスに関する展示が行われています。

Shigeko Kubota さんは、Mieko Shiomi さんと共に、1964年にニューヨークに移り、フラクサスの中心人物の一人として、斬新なイベントや、ビデオなど新媒体を用いたアート制作など様々な活動を行っていました。

フラクサスのメンバーだった Alison Knowles さんの The Identical Lunch という作品は、まるで現在の YouTuber、TikToker、テレビ番組などによる企画物の映像のようなコンセプトアートです。毎日、同じツナサンドイッチをランチに食べていたことから生まれた作品で、ゲストを呼んで一緒にツナサンドイッチを食べるというパフォーミングアートを行っていました。
こちらは、Shigeko Kubota さんとの The Identical Lunch のイベントのポスターです。まるで現代のタレントや、インフルエンサーのような存在のようです。

こちらは、フラクサスにも大きな影響を与えた20世紀の巨匠アーティストのマルセル・デュシャン (Marcel Duchamp) と、作曲家のジョン・ケージ (John Cage) がチェスをしている様子をとらえた Shigeko Saito さんの写真です。

現在では、ビデオアートは、現代アートに欠かせない存在となっていますが、その先駆けとなったのは、フラクサスに参加していたアーティストたちでした。Shigeko Kubota さんもその一人で、ビデオ作品も展示されています。ちなみに、Shigeko Kubota さんの夫は、同じくフラクサスに参加していた韓国系アメリカ人の Nam June Paik さんで、ビデオアートの先駆者とされています。

Mieko Shiomi さんは、Shigeko Kubota さんと共に1964年にニューヨークを訪れ、一年程、フラクサスのアーティストとし活動し、その後、日本に帰国しました。

作曲家でもあるパフォーミングアーティストで、ニューヨーク滞在中は、フラクサスのメンバーとして様々なパフォーミングアートのイベントを行っていました。

Mieko Shiomi さんの代表作は、Spatial poem と呼ばれるシリーズで、ビジュアルアートで詩を表現した参加型のコンセプトアートです。フラクサスで活動していた 1965年にスタートし、1975年まで 9作品が作られました。

クラフト文房具のようなクールなデザインが印象的です。

Takako Saito さんは、1963年にニューヨークに移り、フラクサスのメンバーとして活動しました。1978年からはドイツのデュッセルドルフで活動しています。

Takako Saito さんは、クリエイティブなチェスを作ったりする、クラフトで知られるアーティストさんです。今回の特別展でも色々とユニークなチェスセットが展示されています。

チェス盤の裏を見てみると、こちらにも別のチェスの世界があってびっくりです。

フラクサスでは、ハプニングと呼ばれるイベントが大切な存在で、ニューヨークの有名なスポットで、無数の白い箱を身に着けてパフォーミングアートも行っていました。

Yoko Ono さんと言えば、世界的に有名なビートルズのジョン・レノンの妻として知られる人物ですが、1960年代から、ニューヨークでアーティストとして活動していました。フラクサスの正式なメンバーではなかったようですが、音楽とアートの融合、ジョン・ケージの影響などフラクサスと近い存在でよくコラボしていました。ニューヨークで長年活動して来たコンセプトアーティストで、MoMAグランドセントラルマディソン などにポジティブなメッセージを記した作品が飾られています。昨年は、ブルックリンのギャラリー でも展示が行われていました。

見知らぬ人たちが、Yoko Ono さんの衣服を切っていくという斬新なショー、Cut Piece。

フラクサスの中心人物、George Maciunasさんによる、Yoko Ono さんのイベントのクールなポスター。

草間彌生さんは、同時期にニューヨークで活動していました。フラクサスには属していませんでしたが、おそらく世間の注目を集めるフラクサス的なイベント、ハプニングには大きな影響を受けたようで、有名なロケーションでポルカドットのボディペインティングなどを行っていました。
ジャパンソサエティの特別展 Out of Bounds は、2024年1月24日までの開催です。見てみたいという人は、急ぎましょう。

ニューヨークのジャパンソサエティでは、定期的に様々なテーマの特別展が行われています。以前、ユニークな猫をテーマにした可愛いアート展などもあり面白かったです。

ニューヨーク ジャパンソサエティのかわいいネコ展♡

ジャパンソサエティ Japan Society
333 E 47th St, New York, NY 10017 地図

ニューヨークは、今お得に楽しめるシーズンです。

ニューヨーク旅行のディスカウントセール も開催中です。
ニューヨークのおすすめの見どころ特集もどうぞ!

ニューヨーク観光 おすすめ人気スポット33選 2024年 NY最新見どころ徹底紹介!

ニューヨークの最新情報を色々発信しています。
フォローして頂ければ最新の更新情報が送られます。
Youtubeニューヨークチャンネル → こちら
インスタ → こちら
Facebook → こちら
Twitter → こちら

オノヨーコら4人の日本人女性アーティスト フルクサス Fluxus 特別展 NY ジャパンソサエティ Out of Bounds was last modified: 1月 16th, 2024 by mikissh