Scotts Bluff National Monument (13)

スコッツブラフナショナルモニュメント アメリカ西部開拓時代の通り道にある絶景スポット

Scottes-Buff-National-Historic-Site

ネブラスカ州西部は、アメリカ中西部に広がる大平原からの地形が変化し、少し起伏が現れはじめるエリアです。さらに西の方へと進んでいくと、険しい山の連なるロッキー山脈の前触れを感じさせるようになってきます。そんなネブラスカ州西部には、アメリカ西部開拓時代の通り道沿いに、とても見晴らしのいい急峻な崖である、スコッツブラフ (Scotts Bluff National Monuement) があります。ドライブで崖の頂上まで行き高いところから周囲の眺望を楽しむことができる他、ビジターセンターでは、アメリカ西部開拓時代の歴史に触れることもできます。

Scotts Bluff National Monument (1)

スコッツブラフ (Scotts Bluff) は、ネブラスカ州西部にあり、今回は、コロラド州のデンバーからサウスダコタ州のラピッドシティへ向かう途中に立ち寄りました。平坦な大平原に現れる急峻な崖で、西部開拓時代初期の主要道沿いという歴史的な場所にあり、1919年にナショナルモニュメントに指定されました。

Scotts Bluff National Monument (13)

スコッツブラフの入口には、命懸けで、ものすごい時間をかけて西部を目指した開拓者たちの当時の様子が伝わってくるような牛車がいます。

Scotts Bluff National Monument (12)

ビジターセンターにちょっと立ち寄った後、早速、ドライブで崖の上を目指しましょう。

Scotts Bluff National Monument (2)

ネブラスカ州は、平らな大平原が広がっていて、起伏が少なくトンネルがほとんどないそうですが、この頂上へと続くサミットロード (Summit Road) には、3つもトンネルがあります。

Scotts Bluff National Monument (11)

クルクルと簡単な山道を走ってくると、頂上まであっという間に到着。そこで待っていたのは崖っぷちに咲く綺麗なお花と、

Scotts Bluff National Monument (6)

見渡す限りの開けた平原の様子でした。

Scotts Bluff National Monument (8)

崖の下は岩場となっていますが、頂上のトレイルコースは平らな整備された道で、非常に簡単なコースです。

Scotts Bluff National Monument (4)

トレイルの途中では、こんな可愛い野ウサギちゃんに出会いました。

Scotts Bluff National Monument (9)

途中、スコッツブラフという名称の由来となる Hiram Scott さんのメモリアルもあります。19世紀初期、Hiram Scott さんは、ビーバーの毛皮取引で、この周辺を行き来していたそうですが、体調を崩し、仲間と別れてしまい、一人スコッツブラフ周辺で亡くなってしまったそうです。その経緯には、様々な言い伝えがあるそうですが、現在にその名前を残しています。

Scotts Bluff National Monument (5)

周囲を緑に囲まれた、雨風によって美しく削られた崖もあります。

Scotts Bluff National Monument (10)

スコッツブラフのビジターセンターには、西部開拓時代に関するちょっとしたミュージアムがあります。

Scotts Bluff National Monument (14)

開拓時代、オレゴンに向かう オレゴントレイル (Oregon Trail) と、ソルトレイクシティに向かう モルモントレイル (Mormon Trail) などがあり、様々な目的地に向かう開拓者の通り道だった様子が紹介されています。展示の他、映像作品も上映されています。

Scotts Bluff National Monument (15)

スコッツブラフ ナショナルモニュメント Scotts Bluff National Monument
190276 Old Oregon Trail Road, Gering, NE 69341 地図

今夏のロッキー山脈周辺ドライブ旅行の全体の様子はこちらです。

ロッキー山脈を巡る絶景ロードトリップ アメリカの広大さを楽しむドライブ旅行

スコッツブラフナショナルモニュメント アメリカ西部開拓時代の通り道にある絶景スポット was last modified: 10月 12th, 2018 by mikissh