Seaport NYC (13)

シーポートディストリクト with コロナの今!絶景イーストリバー沿いの憩いのロウアーマンハッタン再開発エリア

Seaport NYC (13)

ニューヨークで、最近、すっかり生まれ変わったエリアの一つが、サウスストリートシーポート周辺のシーポートディストリクトです。シーポートディストリクトは、ロウアーマンハッタンの東側、イーストリバー沿いにあり、以前から歴史を感じさせるレンガ造りの街並みと、ブルックリンブリッジやロウアーマンハッタンの高層ビル街の素晴らしい眺望に恵まれた地区でした。今ではさらに、ピア17もリニューアルされ、新しいお店も続々と登場し生まれ変わっています。久しぶりに訪れてみましたが、Peace, Love & Happiness の可愛いパブリックアートがあったり、新ルーフトップスペース、The Greens が登場したりと、イメージ一新で、with コロナの現在、絶景に囲まれながら、のんびりと過ごせる憩いのスペースになっていました。

Seaport NYC (1)

シーポートディストリクト

シーポートディストリクト (Seaport District) は、イーストリバー沿い、ブルックリンブリッジの南側のロウアーマンハッタンにあり、フィナンシャルディストリクトに隣接しています。最寄り駅は、Fulton St や Wall St です。かつては、フェリーターミナルやフィッシュマーケットがあったりと、賑やかなエリアでしたが、次第に衰退し、20世紀後半に建てられたモールがあったりと、時代に取り残された雰囲気がありました。そんなシーポートは、2012年、ハリケーンのサンディにより大きな被害を受けましたが、その後の再開発により、すっかり変身を遂げています。
歴史を感じさせる、美しいレンガ造りの建物が立ち並ぶ光景は、シーポートの魅力の一つとなっています。

Seaport NYC (2)

シーポートの石畳の道がいい雰囲気です。以前は、いかにも観光地的な雰囲気になっていましたが、最近では、ラグジュアリーアパートも登場し、住人も増えて来ています。フルトンフィッシュマーケットがあった建物には、イタリアの高級雑貨セレクトショップの 10 Corso Como が入っていましたが、コロナの影響もあり、閉店してしまいました。お洒落な素敵なお店だったのでとても残念です。

Seaport NYC (3)

シーポートのレトロな雰囲気を愛する小さなお店が色々入っています。ニューヨークの人気本屋さんの一つ、McNally Jackson Books などもあります。

Seaport NYC (4)

サラ・ジェシカ・パーカーさんの靴屋さん、SJP もあります。

Seaport NYC (5)

歴史が感じられるおしゃれなステーショナリーのお店もあります。

Bowne & Co. Stationers 昔のニューヨークにタイムスリップ!サウスストリートシーポートのステーショナリーショップ

ピア17

サウスストリートシーポート周辺は、近年、シーポートディストリクトという新名称の下、再開発が行われています。その中心的存在となっているのが、2018年に完成した「ピア17」です。

Seaport NYC (10)

ピア17は、レストラン、コンサートなどのイベント会場、パブリックスペースからなる複合施設です。Malib Farm などいくつかのレストランは、アウトドアスペースでオープンしています。

Seaport NYC (11)

ピア17の1階は、川沿いにデッキが広がり、のんびりとくつろげるパブリックスペースになっています。そよ風に当たりながら、ブルックリンブリッジの美しい景色を楽しめます。

Seaport NYC (15)

秋は、パンプキンアーチ (Pumpkin Arch) のイベントが開催!とても人気で大行列ができる写真スポットです。

豪華パンプキンアーチ シーポートのピア17に登場!ハロウィン気分が盛り上がる ニューヨークダウンタウンの人気スポット

あまり旅行に出かけられなくなった今年、ニューヨークシティで例年以上によく見かけるようになったのが、ジェットスキーです。ブルックリンブリッジの下に、ジェットスキーのツアー参加者が大集合していました。楽しそうに練習していて、水の上でとても気持ち良さそうでした。

Seaport NYC (17)

いざ出発!水しぶきをあげて、勢いよく走り抜けていきます。
サウスストリートシーポートは、ブルックリンの Dumbo 同様、ブルックリンブリッジの全景が眺められ、素晴らしい展望スポットとなっています。

Seaport NYC (16)

サウスストリートシーポート周辺は、近年、シーポートディストリクトという新名称の下、再開発されています。その中心的存在となっているのが、2018年に完成したピア17 です。以前は、古い感じのモールがありましたが、2018年に一新し、今風の美しい建物に生まれ変わっています。

NY最新ピア17 サウスストリートシーポートが大変身! ブルックリンブリッジの絶景スポット シーポートディストリクトNYC

The Greens

NYC では、現在は、インドアダイニングやモールなどの屋内スペースがまだ禁止となっています。そんな中、ピア17では、ルーフトップに、ドリンクと軽食が楽しめる ザ・グリーンズ (The Greens) が登場しています。通常は、R17 というルーフトップバーがありますが、今夏は、ソーシャルディスタンスを重視した特別モードでの営業となっています。平日は予約なしで普通に入れますが、週末の人気の時間帯などは予約して訪れるのがいいかもしれません。ルーフトップへは、エスカレーターで向かいます。

Seaport NYC (6)

ルーフトップの The Greens は、ビーチのような体験ができる空間になっています。ずらっとパラソルが並んでいて、グループ毎にそれぞれ敷地があります。各敷地の広さは、4.27 m x 4.27 m で、人数でいうと、最大8人までOKです。広々とした領地でしっかりとソーシャルディスタンスが確保できるようになっています。
軽くドリンクと軽食をオーダーして、のんびり過ごします。

Seaport NYC (8)

お天気のいい日のビューは最高です!
ピア17のお隣、ピア16には、サウスストリートシーポート博物館の歴史的な船、1908 LIGHTSHIP AMBROSE が停泊しています。今はまだ閉鎖中ですが、通常は、見学することができます。その奥には、建設中の建物も含め、金融街の高層ビルが、立ち並んでいます。

Seaport NYC (13)

シーポートディストリクト周辺見どころ

サウスストリートシーポート近くにちょっと目を引くストリートアートを発見。
ウォール街にも近い、フィナンシャルディストリクトの Cliff St 沿いにあります。
アムステルダムベースの女性ストリートアーティスト、Judith De Leeuw さん (JDL Street Art) による、昨年12月に登場したばかりの新しい作品、Power vs. Play です。無邪気に遊んでいる子供の周りに札束が舞い上がった異世界感漂う光景が描かれ、チャイルドトラフィッキングの社会問題をテーマとした作品です。

Seaport NYC (19)

サウスストリートシーポートと合わせて、歴史的な建築も多い、フィナンシャルディストリクトを散策してみるのもおすすめです。

ロウアーマンハッタン建築の見どころ ウォール街の歴史建築から最新の高層ビルまで徹底紹介

イーストリバー沿いのウォーターフロントを散策してみるのも気持ちがいいです。

Seaport NYC (18)

サウスストリートシーポートのすぐ南側には、ピア15 があり、観光クルーズのターミナルになっていて、突き出た桟橋の奥と建物の上には、人気のピクニックスペースがあります。

Seaport NYC (12)

さらに南に歩いて行くと、NYC Ferry や NY Waterway のフェリーのターミナルとなっている Pier 11 / Wall St.があります。現在、夏真っ盛りということで、人気のビーチがある ロッカウェイ行きのフェリー が大人気となっています。

Seaport NYC (20)

ビーチ行のフェリーに乗るときには、予定時刻よりかなり早目の到着がおすすめです。フェリーはこんな感じで、とても楽しいです。

NYCフェリーでロッカウェイのビーチへ!夏のおすすめニューヨーククルーズ!

ニューヨーカーに大人気のロッカウェイビーチはこちらです。

NYC夏のおすすめビーチ ロッカウェイ & Jacob Riis Park

シーポートディストリクト with コロナの今!絶景イーストリバー沿いの憩いのロウアーマンハッタン再開発エリア was last modified: 10月 19th, 2020 by mikissh