BOOKS」タグアーカイブ

McNally Jackson (9)

McNally Jackson NYのおしゃれな文房具と本の店

McNally Jackson (5)

電子書籍やオンライン書店の台頭で書店経営が難しくなってきているこの時代に、個人書店でも元気に生き残って成功しているお店がニューヨークにはいくつもあります。そんな中、個人的なお気に入りで結構訪れることが多いのが、以前紹介した歴史ある書店兼古本屋のストランド ブックストア (Strand Book Store)、そして、ノーホーにあるおしゃれで個性的なセレクションが魅力の本屋、マクナリー ジャクソン ブックス (McNally Jackskson Books) です。寒い冬、外出してもつい屋内にこもりたくなってしまい、先日も、ソーホーに訪れた際、つい居心地が良く長居してしまった本屋さん、McNally Jackson を紹介したいと思います。この McNally Jackson は、実は McNally Jackson Goods for the Study(マクナリー ジャクソン グッズ フォー ザ スタディ)というとてもセンスのいいステーショナリー、そして Picture Room というアートのお店も経営しています。どちらも週末はお客さんでいっぱいの人気店で、ちょっとしたプレゼントやおみやげ探しにもおすすめです。

McNally Jackson (14)

続きを読む

McNally Jackson NYのおしゃれな文房具と本の店 was last modified: 10月 13th, 2019 by mikissh
Three Lives (1)

ニューヨークの本屋 ローカルに愛されるセンス光る Three Lives & Company

Three Lives (1)

グリニッジビレッジでみつけた素敵な雰囲気の本屋さん。日曜日の午後、お散歩中に突然の雨に降られ、かけ込んだのがこの本屋さんでした。この本屋さんで、あの幸運の ダブルレインボー もみることができ、いろいろな意味でこの日は、ラッキーな雨の日でした。

続きを読む

ニューヨークの本屋 ローカルに愛されるセンス光る Three Lives & Company was last modified: 5月 30th, 2017 by mikissh
Book Culture  (1)

ブックカルチャー Book Culture アッパーウェストの可愛い本屋&雑貨屋さん

Book Culture  (1)

セントラルパークや自然史博物館から程近い、アッパーウエストサイドに、お気に入りの小さなお店屋さんがあります。ちょうど一年前くらいにオープンしたお店で、ローカルにもとても愛されているかわいらしい雰囲気のお店、ブック・カルチャー (Book Culture) です。オンライン書店や電子書籍などの台頭で本屋さんの存続が大変だといわれている今日この頃、大手のバーンズ&ノーブルですら支店が減少を続ける時代にも関わらず、ここニューヨークでは、ブック・カルチャーのような個人経営の個性豊かな本屋さんがとてもがんばっています。ブック・カルチャーは、本屋さんだけど、ただの本屋さんじゃないんです。かわいい雑貨もたくさん揃えていて、半分おしゃれな雑貨屋さんのような感じ。そして、ニューヨークらしいかわいい珍しい商品も多く、ここに来れば、必ずギフトが見つかる、そう思える素敵なセンスのお店です。

Book Culture  (2)

続きを読む

ブックカルチャー Book Culture アッパーウェストの可愛い本屋&雑貨屋さん was last modified: 8月 11th, 2020 by mikissh
DramaBookShopNYC (1)

NY タイムズスクエアの本屋 ミュージカル、演劇好き必見! The Drama Book Shop

DramaBookShopNYC (1)

観光客がたくさん集まるタイムズスクエアのニューヨークタイムズタワーのそば、MujiやInakayaのお店が並ぶその目の前に、知る人ぞ知るマニアのための本屋さんがあります。タイムズスクエアの近くにあるということは、そう、ミュージカルや演劇、映画好きにぴったりのPerforminig Artsを専門とする本屋さんです。1917年から営業しているニューヨークの中でもかなり老舗の本屋さんで、その分野の専門書店としては、ブロードウェイという場所柄もあり、世界的にもハイレベルな本屋さんなんです。

DramaBookShopNYC (5)

続きを読む

NY タイムズスクエアの本屋 ミュージカル、演劇好き必見! The Drama Book Shop was last modified: 5月 30th, 2017 by mikissh
harukimurakami

村上春樹の新作ebookをニューヨーク図書館で借りてみよう!

日本で昨年話題となった村上春樹のベストセラー作品「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の英語版が8月12日午前0時にアメリカを含む海外で発売開始になりました。
村上春樹が海外でも人気の作家だということはなんとなく知ってはいたのですが、
発売日にファンが行列するというのは想像以上の人気です。

harukimurakami
(「多崎つくる」英語版に熱狂 全米で一斉発売)

ニューヨークの書店でも夜中0時に発売開始になる”Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage”を待つ行列ができていたそうです。でも、いったいどこでしょうか?






harukimurakami2
(Hundreds queue for new Murakami novel)

それもニューヨークだけじゃありません。イギリスでも村上春樹の新作を祝ってミッドナイトイベントが行われ、行列ができていたようです。



日本語版は、 2013/4/12に発売になりました。村上春樹の作品は独特の世界観があります。好きな人は読むとはまるので海外で多くのファンがいるのは理解できます。

harukimurakami (2)
英語版の発売日であった昨日には、New York Public Libraryから、予約していた英語版ebookの貸し出しが始まりましたとの連絡。もちろん自動eメールですが。一週間ほど前に予約を入れたのですが、まさか発売日当日に親切に連絡をくれ、すぐ借りられると思っていなかったのでちょっと感激です。
移動の合間に携帯電話で読んでいます。図書館に足を運ぶことなく、読みたい本がこんなに手軽に手に入る時代になったということは本当にすごいことですよね。

もうひとつのブログ、LIFE x TRAVEL
ニューヨーク ライブラリーは日本語書籍とe-bookが豊富!でも書いていますのでよかったら見て下さい。

ちなみに「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の日本語版は、発売から1年以上もたっているにも関わらず、ebookが出ていません。文庫サイズもまだです。その前の作品になると、文庫サイズの本はありますが、ebookは驚いたことに発売していないのです。
日本の出版界はかなり世界に遅れをとっているのか、消費者にニーズがないのか、これからどうなっていくのか注目どころです。

村上春樹の新作ebookをニューヨーク図書館で借りてみよう! was last modified: 9月 7th, 2016 by mikissh