Mark Manders Tilted Head (1)

セントラルパークの美しい黄昏時にビックリ巨大顔アートに遭遇!Tilted Head by Mark Manders

Mark Manders Tilted Head (1)

ニューヨークの今年のパブリックアートは、顔をテーマとした作品が多く見られますが、セントラルパークの南、東端の、プラザホテルの近くに、巨大な顔の像 Tilted Head が登場しています。金色に輝く南北戦争時代に活躍したシャーマン将軍 (William Tecumseh Sherman) の像がキラキラ輝やかしい像であるのと対照的に、Tilted Head は、朽ち果てかかった寂しい雰囲気を漂わせた、半分に割れた巨大な顔の像です。太陽が沈み、暗くなりかかった時間に通りかかった所、幻想的な雰囲気になっていました。

The Plaza New York

ニューヨークのセントラルパークの南側、五番街近くのところで、今春から巨大な顔の像が展示されています。この作品は、オランダ出身で、ベルギーで活動するアーティスト、Mark Manders さんの Tilted Head と題された作品です。

Mark Manders Tilted Head (2)

焼かれていない粘土の作品でひび割れしているように見えますが、実は、ブロンズだそうです。顔が割れている部分を覗いてみると、木製の板やロープが張られていて、後ろ側には、木製の台や二つの椅子が使用されているなどシンプルなようにみえて意外と複雑な構成で作られている作品です。

Mark Manders Tilted Head (3)

日が暮れてすぐの時間帯、ふと目に入ってきたミッドタウンのビル街の景色がとても綺麗でした。ニューヨークの街の景色は、時々ハッとするほど美しい一面を見せてくれたりします。

Mark Manders Tilted Head (4)

Mark Manders さんの作品 Tilted Head は、今年の夏いっぱい2019年9月1日までの展示となっています。こちらは、アーティスト Mark Manders さんとキュレーターによる作品の紹介映像です。

お天気のいい日は、とても綺麗な夕焼けが見られるチャンスがあります。夕方から暗くなりかけの時間帯のセントラルパークの散策もおすすめです。

Sunset NY (1)

セントラルパークの馬車が並んでいるところに出会いました。真っ白な馬車に、りりしい馬、馬車には美しい飾り付けもされていています。

Central Park NY

セントラルパークの南側から少し北上したところで、岩に登ってみるとちょっとした展望スポットになります。ここから、NYミッドタウンやアッパーウエスト方面を見渡すことができるのですが、スーパースレンダービルが驚くほど増え、ニュキニョキと立ってきていて、ニューヨークの街の景色が日々変化しているのが感じられます。

Sunset NY (2)

西側のタイムワーナーセンター方面には、夕焼けが広がります。

Sunset NY (3)

森の中から高層ビルを見上げる、セントラルパークらしい写真も撮影できます。

Sunset NY (4)

今ニューヨークで流行っている、顔をテーマとしたパブリックアートといえば、ロックフェラーセンターのこのアートです。2019年6月28日までの展示となっています。

ロックフェラーセンターが楽しい!インスタ映えの面白いパブリックアートが大集合

また、ハイライン の新エリア、The Spur にも巨大な像が飾られています。

The Spur ハイラインの新スポットに超巨大アート登場!今NYで熱い Simone Leigh

楽しい週末を。

ニューヨーク観光グルメおすすめ人気スポット33選 NY最新見どころ徹底紹介!

セントラルパークの美しい黄昏時にビックリ巨大顔アートに遭遇!Tilted Head by Mark Manders was last modified: 6月 22nd, 2019 by mikissh