Governors Island (3)

ガバナーズアイランド ニューヨークの絶景を満喫できる憩いの島

Governors Island (3)

ニューヨークハーバーに浮かぶ夏季限定オープン夏ならではの大人気スポット、ガバナーズアイランド (Governors Island)は、今年も大勢の人が押し寄せ、とてもにぎわっていました。ガバナーズアイランド行きのフェリーに乗って、ほんの10分くらいで到着する、マンハッタンからあっという間の距離にある小さな島なのですが、週末はスペシャルイベントがあったりと、お天気のいい日には、ニューヨーカーの憩いの場として超人気スポットになっています。この島、何がそんなにいいかというと、マンハッタンからこんなに近いのに、ちょっとどこかのどかなバケーション先にやって来た気分になるんです。ガバナーズアイランドのフェリーに乗って、この緑の美しい島へ来て見ると、マンハッタンの摩天楼や、自由の女神など、見渡す限りの絶景を楽しむことができ、サイクリングしたり、お散歩したり、ピクニックしたり本当にのんびりした憩いの時間を過ごすことができます。

Governors Island (9)

Governors Island (2)

ガバナーズアイランド行きのフェリーは、ロウアーマンハッタンの南端、スタテンアイランド行きフェリー乗り場よりももう少し東側へ行ったところにあります。ガバナーズアイランドは、5月23日から9月27日まで毎日オープンしていますが、イベントの行われる週末が特に人気があります。実は週末の午前中だけフェリーが無料になるのですが、ニューヨーカーはみんなお昼過ぎから活動を始める人が多いので、週末の午後はとても混み合います。

Governors Island (29)

黄色いかわいい☆のアート。ブルックリン側からのフェリーもたくさんの人を乗せてやってきました。ブルックリン側から訪れることもでき、ブルックリンブリッジパークのPier 6が乗り場になっています。

Governors Island (21)

先週末は FIGMENT NYC という、たくさんのアーティストたちがガバナーズアイランドで、自由でクリエイティブな野外アートをみんなでコラボレートして作ったり、展示し、遊んだりするアートイベントが行われていました。

Governors Island (24)

遠くからでも目をひくクリエイティブでかわいいアート、傘と車輪でできています。

Governors Island (23)

ノリノリの音楽をかけて盛り上がっていたのはこのエリア。

Governors Island (25)

子供たちはかわいい衣装を借りて変身!スタッフの人たちが抜群のセンスでぴったりの衣装を見つけてくれます。お母さんの洋服の柄にそろえたり、姉妹で組み合わせてみたり。

Governors Island (13)

メイクもしてくれちゃいます。衣装も全部無料。しかも、このまま自由に島の中で遊びまわっていいんです。

Governors Island (14)

クリエイティブにみんなが自由に作っていくアート。

Governors Island (15)

フラフープのダンスのお姉さんや、背伸びをしたお兄さん、とにかくみんな自由自在に楽しむアーティストたちの日でした。

Governors Island (16)

相手のプールにビーチボールを入れたら得点が入るゲームなのですが、水しぶきが飛び散るほど結構みんな本気モードになってしまうゲーム。大人チーム 対 子供チームだったのに、容赦なくて、子供がひとり泣いて、走って行ってしまう、なんていうハプニングまで起こります。審判が割ってはいるけど、まだまだ飛び交うビーチボール。

Governors Island (12)

靴を並べて作られたとてもおしゃれで楽しいミニゴルフ。

Governors Island (20)

広場に展示されているアート。貝のようなおうちの中には、クッションがあって、くつろげるスペースに。

Governors Island (17)

ワイヤーで作られた家もクリエイティブ。

Governors Island (18)

気に入った家は、こちらのツリーハウス!太い大きな立派な木が家の中央のお部屋を突き抜けています。カラフルで楽しいペイントが施され、みんなで一緒に乗れる丸いブランコも大人気!

Governors Island (19)

Castle Williamsからマンハッタンをのぞむ。お天気のいい日は本当に島のどこからみても絶景ばかりです。

Governors Island (1)

ガイドさんもいて、歴史的な説明などをしてくれるツアーも、定期的に行われています。

Governors Island (4)

キャッスルウィリアムズ(Castle Williams)。19世紀前半に造られた城壁で、リバティー島、エリス島、マンハッタンのバッテリーパークにあるキャッスルクリントンと共に当時のニューヨークハーバーにおける防御の要だったそうです。

Governors Island (5)

Castle Williams と共にナショナルモニュメントとなっている Fort Jay です。1976年、独立戦争時に造られた島で最初の砦だそうです。

Governors Island (28)

カモメ達もくつろぎにやってきます。

Governors Island (6)

ガバナーズアイランドの西側には、エリス島。かつてヨーロッパからの移民の玄関口だった島で、現在は移民ミュージアムとなっています。

Governors Island (7)

ガバナーズアイランドになんと野球場もあり、この日は女子チームがソフトボールの試合をしていました。なんていう贅沢な絶景のグランド。

Governors Island (8)

アスレチックの公園もできたんですね。

Governors Island (10)

ガバナーズアイランドは、どんどん進化しています。現在まだ工事中のエリアもあり、自由の女神を展望できる自然溢れる丘を造っているそうです。春と夏は緑が美しく、秋は紅葉が美しい丘になるそうで、将来的にはこんな姿の島になるようで楽しみですね。

2016年7月に新スポット、ザ ヒルズ (The Hills) が登場しました!
夕暮れ時の自由の女神やマンハッタンの美しい景色を見ることができました。

The Hills ガバナーズアイランド ザヒルズからニューヨークの絶景!

島の中には教会もあります。

Governors Island (22)

静かなおうちが並ぶエリアにもアート飾りがされていて、島の中を歩くのが楽しい一日。きらきらと太陽の光を反射して綺麗です。

Governors Island (26)

綺麗なローズも咲いています。今、ちょうどバラの美しい季節ですね。

Governors Island (27)

ガバナーズアイランドにはフードトラックもやってきているので、ランチは持参しなくても大丈夫です。

Governors Island (11)

フェリーでマンハッタンへ戻ります!
一日のんびりと過ごせる憩いの島です。ゆっくりと過ごしたい、お天気のいい日に訪れてみるのがおすすめです。

Governors Island (30)

ガバナーズアイランド Governors Island
オープン:2015年5月23日–9月27日
月ー金: 10 AM – 6 PM
土・日: 10 AM -7 PM

ガバナーズアイランド フェリースケジュール
週末の午後と平日は往復2ドルになります。
週末の午前中(10:00, 11:00, 11:30)は無料。
マンハッタンからのフェリー乗り場:The Battery Maritime Building (10 South St. New York, NY) → マップ

ガバナーズアイランド ニューヨークの絶景を満喫できる憩いの島 was last modified: 10月 6th, 2017 by mikissh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です